く~にゃん雑記帳

音楽やスポーツの感動、愉快なお話などを綴ります。旅や花の写真、お祭り、ピーターラビットの「く~にゃん物語」などもあるよ。

<チユウキンレン(地湧金蓮)> 地から湧き出たハスのような黄金の花

2017年06月30日 | 花の四季

【バナナの近縁種、中国・雲南省の山岳地帯などに自生】

 中国南部の雲南省からインドシナ半島の標高2000m前後の山岳地帯に分布するバショウ科の多年草。和名は中国名「地湧金蓮」の音読みで、文字通り地面から湧き出るように黄金色のハスに似た花を付ける。直径は30cmほど。ただ花弁のように大きく開いているのは苞葉(ほうよう)。本当の花は苞の付け根にたくさん付いたもので、小さくてあまり目立たない。花期は長く春から秋まで咲き続ける。花が終わるたびに新しい苞が開いて、また次の花が出てくる。

 学名は「ムセラ・ラシオカルパ」。バナナによく似た大きな葉を付け、英名では「チャイニーズ・イエローバナナ」と呼ばれる。同じバショウ科の近縁種だが、分類上はバナナやバショウがムサ属(バショウ属)、チユウキンレンはムセラ属と異なる。ムサ属が2~5mの高さになるのに対し、チユウキンレンは0.5~1mと低い。属名ムセラも「小型のムサ」を意味する。花序もバナナが垂れ下がるのに対し、チユウキンレンは直立する。

 中国では花が止血薬に用いられ、葉柄部分は食用にもされるという。1999年に中国で開かれた「昆明世界園芸博覧会」で目玉植物の一つとして出品されて注目を集めた。日本にはその翌年2000年の「ジャパンフローラ2000(淡路花博)」のときに初めてやって来たといわれる。その後、静岡県で開かれた「パシフィックフローラ2004(浜名湖花博)」でも展示されて、その特異な花姿から人気を集めた。

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <ふるさとミュージアム山城... | トップ | <BOOK> 「邪馬台国時... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

花の四季」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。