く~にゃん雑記帳

音楽やスポーツの感動、愉快なお話などを綴ります。旅や花の写真、お祭り、ピーターラビットの「く~にゃん物語」などもあるよ。

<森麻季リサイタル> 1曲目は「Stand Alone」―「坂の上の雲」テーマ曲

2017年02月12日 | 音楽

【生駒市「たけまるホール」で、アンコール・ピアノ演奏含め全20曲】

 日本を代表するソプラノ歌手、森麻季さんのソプラノリサイタルが2月11日、奈良県生駒市の「たけまるホール」で開かれた。東京芸術大学・大学院卒業後、ミラノとミュンヘンに留学。その後、内外の著名なオーケストラ、指揮者と共演を重ねてきたが、NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」のメインテーマ「Stand Alone」での透明感あふれる美声が、クラシックファンだけでなく多くの人々を引き付けてきた。この日の1曲目もその「Stand Alone」だった。

       

 前半は主に日本歌曲で構成。「♪ちいさな光が歩んだ道を照らす」と歌う壮大な「Stand Alone」に続く2曲目は、NHK東日本大震災復興支援ソングの「花は咲く」。ピアノ伴奏者山岸茂人さんのピアノ独奏、ブラームスの「≪6つの小品≫作品118より第2曲<間奏曲>」を挟んで、加藤周一の詩に中田喜直と別宮貞雄が別々に作曲した「さくら横ちょう」や「朧月夜」「からたちの花」など5曲。再び山岸さんがグルック(ズガンバーティ編)の「メロディ」をピアノ演奏し、前半最後の曲はドニゼッティの歌劇「シャモニーのリンダ」より「私の心の光」だった。

 後半は曲順を変え、最後に予定していたグノーの歌劇「ミレイユ」より「おぉ、軽やかなツバメよ」から始まった。強弱のメリハリの利いた伸びやかな歌唱。スパンコールがキラキラ輝く華やかなドレス姿が舞台に映える。山岸さんのピアノ独奏の後は「アヴェ・マリア」。シューベルト、バッハ=グノー、マスカーニ作の3曲を1曲ごとに森さん自身の解説を交えて披露した。両手を胸の前で組み合わせて歌う森さんの姿が神々しく見えた。

  山岸さんのピアノ演奏、ショパンの「ノクターン第8番」に続いて後半最後の曲はグノーの歌劇「ロミオとジュリエット」より「私は夢に生きたい」だった。鳴り止まない拍手の中でアンコールを3曲。石川啄木の「初恋」、ヘンデルの歌劇「リナルド」より「涙の流れるままに」、そしてプッチーニの歌劇「ラ・ボエーム」の中のアリア「ムゼッタのワルツ」。「♪砂山の砂に腹這ひ初恋のいたみを……」と情感たっぷりに歌う「初恋」が心に染みた。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <BOOK> 「そこに音楽... | トップ | <大和郡山盆梅展> 「順慶... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。