く~にゃん雑記帳

音楽やスポーツの感動、愉快なお話などを綴ります。旅や花の写真、お祭り、ピーターラビットの「く~にゃん物語」などもあるよ。

<オオゴチョウ(大胡蝶・黄胡蝶)> デイゴ・サンダンカと並ぶ沖縄三大名花

2016年10月17日 | 花の四季

【花が風に揺れる様を舞う蝶の姿にたとえて】

 中米カリブ海に浮かぶ西インド諸島原産の熱帯性常緑樹。沖縄県では県花のデイゴ(梯梧)、サンダンカ(三段花)とともに〝沖縄三大名花〟の一つに数えられている。渡来時期は明治初年といわれ、各地の公園や庭園に植えられて初夏から秋まで長く咲き続ける。

  花色は赤みがかったオレンジ色のものが多く、花びらの縁にはフリルのように縮れた黄色い模様が入る。花弁の中央から長い10本の雄しべと雌しべの花柱が突き出す。その花が風に揺れる様を蝶が舞うように見えることから「大胡蝶」の名前が付いた。写真のように花の色が鮮やかな黄色いものもあり「キバナノオオゴチョウ」と呼ばれる。葉は小葉が左右に整然と並ぶ2回羽状複葉で、ネムノキの葉によく似る。

 マメ科ジャケツイバラ(蛇結茨)属で、学名は「カエサルピニア・プルケリマ」。属名のカエサルピニアは16世紀のイタリアの医師・哲学者で、ピサ植物園の園長を務めた植物学者、アンドレア・チェザルピーノ(1519?~1603)の名に因む。主箸に『植物分類体系』(全16巻)。種小名プルケリマは「大変美しい」を意味する。

 英名は「ピーコックフラワー」。遠目では花全体がクジャクの羽のように見えるからだろうか。カリブ海の最東端に浮かぶ小国バルバドスではオオゴチョウが1年中咲き乱れる。オオゴチョウはその国で「プライド・オブ・バルバドス」(バルバドスの誇り)と呼ばれ国花になっている。国の紋章の中央にもオオゴチョウの赤い花が2つ描かれている。(写真は沖縄県南城市の「おきなわワールド」で)

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <金子文夫資料展示館> 数... | トップ | <筥崎宮> 楼門に「敵国報... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。