散歩するなべさん

しょうがなくも所在なく散歩するなべさん。近頃野鳥に目覚めて鳥見お散歩の日々。病気もしたけど時には山歩きに物思い旅ね。

再びブッポウソウを尋ねました、三次の作木町

2017-06-15 00:21:55 | お出かけ

 

 

平地に近いところでは鳥さんも少なくなってきましたし、
再びブッポウソウに会えないかと、三次の作木町まで出かけてみました。


前回はナビに従ってとんでもない山越えの悪路を行かされてしまいましたが、
今回は慎重に道路を選びながら何とか三江線の伊賀和志駅までたどり着きました。


田舎の道には「広域農道」がけっこう整備されていて、広い走りやすい道路だったりします。
一方とんでもない悪路の山道が、それでも「国道」であったりします。
どうやらナビさんはどんな悪路でも国交省管轄の「国道」を選択するようでありまして、
こちらが、こっちがスムーズなはずだからと「広域農道」を選択すると、
さかんに「引き返せ!」とアナウンスしますね。

「広域農道」は農水省管轄。
ナビさん、どうやら両省の利権絡み合いをうまく処理できないようです。

 

さて、観察小屋の巣箱の付近では長いこと待っている様子の先客のおじさんがいました。
ブッポウソウくん、なかなか現われてくれないようです。
「やれやれ、今日は空振りかな」と思いながら、私はもうひとつの巣箱の方へ移動してみました。


待っていると、かなり遠いですけど、お山の高い木の上に飛んできました。↓

 

 


巣箱にまっすぐ飛んでは来ません。遠巻きにしながら少しずつ近づいてきます。

お山の繁みから電線の上に。↓

 

 


そして巣箱の近くへ。↓

 

 

 


そして、するっと巣箱の中に入ります。↓

 

 

 


このあと巣箱からすぐに出てくるかと思っていましたら、なかなか出てきません。
1時間ほど待ってみました。

「卵、抱いとるんじゃろうの。」

先ほどの先客のおじさんもこちらへ移動してきて、そうおっしゃいました。

「ヒナが孵ったら餌運ぶからさかんに出入りするんじゃがの。1週間あとかな。」

「今日は出直しや。」と、そのおじさんさっさと帰っていかれましたよ。


私も、もう少し粘ってみながらも諦めて引き上げてしまいました。
日が高くなるととっても暑いのであります。

 

 

少々疲れながらも帰り道に「神楽門前湯治村」なるものがありましたので
どんなところか、ちょっと立ち寄ってみました。


温泉とお宿とお土産屋さんがレトロ調な創りで集められています。

 

                         


そして、神楽ドームという神楽の舞台。↓

                        

 

いつかテレビで見た高校生の「神楽甲子園」が開催される舞台ですね。


温泉に入っても良かったのですが、今回はさらっと下見程度。
また次の機会にゆっくりしてみようと引き上げました。

 

それにしても、ブッポウソウ、300㍉のレンズではやはり無理があるようです。
悔しいですな。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キビタキにクロツグミ、そし... | トップ | 池一面の睡蓮の花とエナガな... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちょめ)
2017-06-18 08:46:11
ブッポウソウを見に行かれたんですね。
今 抱卵の時期なんですね。
来週ぐらいには孵る頃でしょうか?
私も来週ぐらいには見に行きたいなとひそかに思っています。
これからもお写真 楽しみにしています
もう一度ね (なべさん)
2017-06-18 15:21:52
普段はお散歩カメラの範囲で300ミリなんですが、この時ばかりは400~600ミリぐらいのレンズがほしいと思いますね。
先客のおじさんはもう1週間ぐらいすると雛がかえって、…とおっしゃっておりました。私もそのうちもう一度、と思っておりますけど。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。