テンテンうさぎの家族日記

日々、私達夫婦に起こる出来事を紹介します

10.入院7日目

2016年10月13日 13時03分50秒 | レーシック&闘病
5:30 今日は良く眠れたよ!う~ん、スッキリ
やっぱり、入院中の睡眠は大事ね💨

8:00 朝食


8:40 頭痛とお尻の痛みがあるのでロキソニンをのんだ!

9:00 なんだか微熱が… 37°1 何でだろう?

10:30 外来からお呼びがかかりました!
入院パジャマで外来フロアを彷徨くのはちと、恥ずかしいゾ。
ツベルクリン反応⇒陰性⇒注射Go
注射の名前を聞けたので、ベットに戻ったら調べなきゃ。
傷のチェック。先生がチョンチョンと触るんだけど、残されたイソギンチャクが痛いのよねぇ。先生、なぜか笑いながら触るんだよ?!でも、やっぱり根本から切らなかったのは正解みたいでね、まだ便の状態も安定してないから、負担がかかってしまうんだって。だから、お腹の治療が上手く行って便と腸の安定がみられれば痛みも引くのでは?とのことです

病室に戻り、さっそくネット検索。

[自己注射 ヒュミラ]
昨年秋に潰瘍性大腸炎の患者への使用が解禁となった。
それまでは、ベーチット病、リウマチの新薬として使われていた薬。
投薬は、2週間毎に皮下注射となる。
投与量は、初めを多くして3回目からは量を一定にしていくようにすると効き目が如実に表れるらしい。
注射に関しては、医師の承認を受ければ自分で打つ事が可能になるので、通院の負担が少なくなる。
自己注射の針は細いので、痛みをあまり感じないらしい。皮下注射なので脂肪の多いお腹に打つと痛みが少い。ただ、冷温保存なので、液を注入するときは少し温めないと痛いんだって!
んま、やってみなくちゃ分からないね💨

調べている途中に、先生が「ヒュミラ」使用に関する説明をしに来てくれた。その時に同意書にサインをしなければならないらしく、同意書についての説明も丁寧にしてくれました。
不安なこともあるかもしれないけど、いい薬だと先生は言うので大船に乗った気分で先生の治療方針に乗ることにしました。
リウマチも病んでいるアタシなので、そちらも楽になればイイね。とも言ってくれました。

12:00 昼食

不思議な感じ。
パンなのにお魚。野菜もただグリルしただけなので味がない!どうしようもなく、サンドイッチにして食べました。

お昼寝

15:00 薬剤師さんがヒュミラの説明に来てくれました。
冊子やDVDまで付いてるので理解ができるぞ!注射キットを渡されました。

15:15 犬犬&姫が来てくれました。
明日の退院で来て帰る服を持ってきてもらいました。
話している時にお腹のギュルギュルが2回ほど…
でも、随分楽になってきた気がする

16:25 明日の時間を確認してバイバイ👋

16:45 お風呂~。この入院で最後だぁ

18:00 夕飯

やっぱり頭痛がぁ…麻酔の後遺症なのかなぁ?

夜はヒュミラの資料を読み、病院からのアンケートを記入しまて過ごしました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 君の名は。 | トップ | 11.入院8日目~退院 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL