千手院のBlog
タイトルそのまま・・・お寺の紹介・生活日記!冬期は墓地の積雪状況もアップしています。
 





毎年、恒例の景色。
お祭りで使用された筵が、寺男達の手によって一斉に干されます。

静まりかえっていた境内も、今日のお日待にて毘沙門堂が開けられました。

これだけの作業をするのも、本当に重労働ですが、お寺に出入りして頑張ってくれる方々のおかげです。

今日の浦佐は真冬に逆戻り、せっかく顔を出したフキノトウもまた雪をかぶってしまいました。



こんな写真をUPしてしまい、綺麗でなく申し訳ありませんが、雪の下からでてきた今年初物のフキノトウ味噌をいただきました。
私、これがあれば十分満足してしまいます。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 春がやってくる! 20年目。 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。