CLASS3103 三十三組

しがない個人ホームページ管理人の日記です。

【Eテレ】香川照之の昆虫すごいぜ!

2017-06-15 21:44:35 | ドラマ映画テレビ感想
どうしようかな、どうしたものかなと
迷いながらも結局見てしまった番組であります
どうしたって面白いに決まっていると
そういいたくなるようなフレーズというか、
もう、何か、得体の知れないものがほとばしった感じが
番組全体からとめどなくと
そんな按配に思えて、ついつい見入ってしまったのでありました
凄い面白かった

題名の通り、俳優の香川照之さんが、
いかに昆虫が凄いかということを
カマキリに扮装して解説するという、ツッコミどころが多い番組でありました
なんといっていいのか、全面的に香川照之の番組であります
この人のボクシング講座と同じくらい、
ただただ、自分が好きなことを懸命に語り続けているだけで
なんか番組になってしまうというずるいそれであった
凄い楽しい、こういうの大好きだよ

そんなわけで、扱ったのはトノサマバッタとモンシロチョウだったわけでありまして、
個人的には、モンシロチョウが秀逸きわまりなかったと思うところであります
なんだろう、第一弾の好評を受けて、カマキリコスプレのレベルが
無駄にあがっているあたりとかが、まず楽しそうで、
顔の模様とか、カマの内側のブラシとか
本当、あの仕事楽しそうだなぁとしみじみ思わされたのであります

内容は、ちょっと香川照之感が過ぎるというか、
昆虫捕まえたときの楽しみ方というか、マニアックが過ぎる
むしろ変態に近いといったところがあったりして、
Eテレだけど、教育に悪いんじゃないかと
心配になるほどで、捕まえたチョウがばたばたというか
ひくひくするところに命を感じるとか
怖いよ、先生怖いよと思うようなあたりが
なんとも楽しかったのでありました

あとは、番組の端々から、これを作るのに
とんでもなく苦労したんだろうなというのが見え隠れしているというか
いや、香川照之が語りすぎてて、どう映像を繋いだものだろうかと
そんな風だったんじゃないかと、タガメを語りつくしているシーンで
思わされたりしたのであります
思いつくままに好きなことを喋る人は、なんだろう
見ていると楽しいけど、番組というひとつ理屈が通らないとというか
理解が必要なそれとなったら不利だよなと
改めて思い知らされたのでありました
好きなことになると早口になるという生態でありますね
こわいこわい

と、まぁ、そんなことを思ったりしたのですが
とても楽しく、また、無謀にもアルミフレームでチョウの翅を作ったりしたあたりに
NHKらしさを久しぶりに見たと満足できたので
とりあえずメモっておこうと思ったのでありましたとさ

こういう番組がいいんだよNHKわ
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サバサンド | トップ | ブラタモリ 名古屋・熱田 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドラマ映画テレビ感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL