CLASS3103 三十三組

しがない個人ホームページ管理人の日記です。

【読書】太陽は動かない

2016-12-13 19:29:08 | 読書感想文とか読み物レビウー
太陽は動かない  作:吉田 修一

クライムエンターテイメント小説だったように思います
犯罪か?と言われると自信がない感じですが、
非合法といったらいいか、アンダーグラウンドな雰囲気と設定も考えると
なかなか楽しく読めるステキ小説でありました

どこまでが本当なのかなんて、ちょっと夢を見られるというか
ロマンあふれる設定から始まるステキ物語で、
NHKがぶち上げたGNN構想なる
世界放送ネットワークの構築に端を発する(これは本当にあったようである)
情報機関が、闇に隠れ、まことしやかに続いて暗躍していると
まぁ、そういうお話でありました
この機関を通じて、世界との情報戦を含めて、
アジア各国での切った張った、諸外国との外交という名の妥協と裏切りみたいなのが
非常に面白く描かれていて、経済小説といっていいのか、
社会派の一面もあるエンターテイメントを堪能できたのであります

幾人かのキャラクタが出てきて、
暗躍する不幸な男たちもあり、
夢見るといっていいのか、不思議な魅力を持った政治家の駆け出しが出てきたりと
全体的には、さわやかといっていいのか
氏の作品共通といっていいのかもしれない、読後感ステキな作品に仕上がっていまして
はらはらするけども、最後まで読んで、非常に満足したと
そういう具合でありました
さわやかすぎるのではないかとも思うんだが、
これくらいがちょうどいいのだ

結構残虐というか、残酷なシーンもあり、
複雑なやりとりもあるのだけども
天下国家を語るような内容ではなく
人間の生きる様というか、ありていにいえば、かっこいいを描いたそれとも読めるし
非常にベタなハードボイルドでもあったように思えます
途中、どう考えてもテンプレ的な韓流ドラマ展開も目白押しなのに
それが気にならないというか、ベタに王道をなぞられると
たまらないなと感心しきりで
ともあれ、楽しく読み終えたとそんな具合だったのでありました

長いのに読んで疲れないから素晴らしいと
文章の読みやすさ、出来のよさにも脱帽でありました
面白かった
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台灣縦断旅行記 28 美麗島站 | トップ | 真田丸  前夜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書感想文とか読み物レビウー」カテゴリの最新記事