CLASS3103 三十三組

しがない個人ホームページ管理人の日記です。

NHK土曜ドラマ  スクラップ・アンド・ビルド

2017-01-03 20:04:06 | ドラマ映画テレビ感想
そういや、原作読んでないなと
いまさら思い出したのでありますけども
NHKの土曜ドラマ枠なんて、渋いところでやっていたので
ついつい見入ってしまったのでありました
芥川賞受賞作品て、映像化すると
悲惨このうえない印象だったけども
これは話が大丈夫だったからか、
なんとも、楽しく見られたのであります
結構面白かったんだが、あんまり話題になってないのが残念すぎる

若者が生きていく姿をコミカルといっていいのか、
七転八倒しながら、体当たりで生きている、考えていると
そんな気概みたいなのが見てとれるような
独特な焦燥感とか、わからないけども、何かしていることによる安心と満足
こういうのが、凄いよくわかって
なんとも楽しかったのでありました
いや、物語は楽しんでる場合じゃない話だったんだが
それはさておきである

役者としては主演の惣兵衛さんが非常によかったというか
ああいう大学生くずれみたいな青年おるなぁと
物凄く親近感が沸いたというか、
いやみでなく、おじいちゃんが庇っていた、一生懸命考えてがんばっているという
言葉面だけなら、甘やかされている孫というポジションを
それなりに過ごしているのに、それなりがとても一生懸命であるという
この微妙なラインを、とても丁寧に演じられていたように見えて
なんか感動というか、感激してしまったのでありました
だんだんと生きがいでもないけど、
おじいちゃんを楽にさせるという目標を得て、
がむしゃらになることが、なんだか楽しくなってきたという感じが
あの能面みたいな(褒めてる)表情から伝わってくるから
いいなぁと、しみじみ感じ入った次第でありました

役者としては、あとはおじいちゃんくらいでありましたけども
そんなに肩肘張って、物凄く集中して見せられるドラマでもなかったのに、
ボクシングのシーンだとか、印象強い画面があって
いいドラマだったなと、感心しきりだったのでありました
連載ではなくて、1時間ちょっとにぎゅっとつめてきたのが
またよかったのかもしらんと感じつつ

こういう単発ドラマも、じゃんじゃん作ってほしいなと
贅沢を並べておく次第なのでありましたとさ
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【読書】赤目四十八瀧心中未遂 | トップ | 2016年 紅白歌合戦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドラマ映画テレビ感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL