CLASS3103 三十三組

しがない個人ホームページ管理人の日記です。

冬の台南高雄旅行 22 神農老街を歩く

2017-05-16 21:28:13 | 冬の台南高雄旅行(2016)
腹ごなしが終わったので、そろそろ観光地めぐりを締めくくって
高雄まで戻ろうと思うところであります
地図的には、この近くに最近人気の神農老街という街並みがあるので
そのあたりをうろうろしてみることに


手振れせずに撮れたのが奇跡である

水仙宮市場からほど近いと
地図には書いてあるんだが、さっぱりわからんと
結構うろうろして、やっと見つけたのがここでありました
かなり細い路地で、観光ガイドなんかだと
えらい大きく扱っているので、もっと凄いのかと思っていると
絶対に見つからない、ひっそりした小路でありました


ガイドブックそのままに、なかなか雰囲気のある街並みで
近づいてみると、どうってことないんだが
夜に歩くとライトアップもあって幻想的に見える
人気があるわけであります


この道の奥行ったところに、神農を祭った宮があったそうなんだが
そんな情報を知らなかったので、テケトーに町中にあったお寺を撮影
時間的に開いてもいないので、外から眺めるだけで
ぼけらったと街を歩いたのであります


そうかと思えば、まだ開いているお寺もありまして
確か、保安宮と書かれていたように思うのでありますが
夜遅くでも、信心深く祈りをささげる地元の人がいて
驚くのでありました


朝だったら見ごたえがあるのだろう、市場のひっそりした露地を歩いたりしましたが、
神農老街自体は、ガイドブックの通り、リノベした
お洒落カフェだとかが満載の場所なので
おっさんが一人で遊ぶのは限界があると、眺めるだけで終わり
とっとと帰路につこうと台南駅へと戻ったのでありました


台南站
予定していた戻りの電車が、見事に遅れていたので
ショックだったのでありますけども
そのおかげでちょっと時間がとれることになったので
駅近くをうろうろしてみる


なんだかわからん建物ですが、美術村といっていいのか、
若い芸術家の卵たちが住んでいるのかギャラリーなのか
ともかく、不思議なみやげ物屋とともにあった場所で
若い地元人がうろうろしていて、新鮮でありました
だからといって、何をしたわけでもないんだけどもさ


戻って、自販機でチケットを購入、
実は、凄い人出で、窓口じゃ買えそうもなかったので
わかるか冷や冷やしながらも、無事購入できまして
目的の電車で高雄まで戻ったのであります


寝る前に、またも、優越感の夜市でジュースを購入
木瓜牛奶(ムーグォニューナイ) 45元
前回高雄を訪れたときに感激した、パパイヤミルクであります
そこらのジューススタンドみたいなところで頼んだせいか
あるいは、時期がそもそも違うからか
前回ほど美味いと思わなかったものの、大変満足して終わったのでありました
いよいよ帰国の日であります
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【読書】わたしの台湾・東海... | トップ | NHKスペシャル 巨大水中... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL