CLASS3103 三十三組

しがない個人ホームページ管理人の日記です。

【読書】希望荘

2016-10-19 21:00:37 | 感想文とかレビウー
希望荘  作:宮部みゆき

久しぶりに呼んだ正統派の推理小説でありました
凄い面白かった、ものすごく満足率が高い
4つの事件を扱っていたのでありますけども、
どれも、なるほどなぁという感じで、
私なんかには、ほどよい展開で、読めるラインと読めないラインの
本当にちょうどいいところを狙われたようで
満足なのであります、面白い読書だった

そういうわけで、謎解きも楽しめつつ、
物語も、事件も非常に興味深くて面白いと
いいことづくめの印象を覚えたわけであります

内容は、なぜだか私立探偵をすることとなった主人公のもとに
あれやこれやとやってくる依頼にこたえていくという
本当にオーソドックスな事件ものでありました
現代設定だし、妙な力だとか、オカルト的な解決なんかも
まったく出てこない、濃密な身近な事件という感じであります
とはいえ、殺人は起きていたり、
なんとも、陰惨というほどではないが、
いたたまれない気持ちになる事件の蓋をあけてしまうだったりと
サスペンスにつきものの感情が
存分に味わえるつくりに、もうメロメロというか
たまらんわいと、堪能しつくした感があるのです

私立探偵氏が、要領よく、それでいて
天才風を吹かせるわけもなく、真面目にこつこつ
事件に取り組んでいくというのがステキでありまして
気負わないで、読んでいられるというのも
すばらしいところでありました
力を抜いて読んでいけるんだけども、
ずいずい引き込まれて、長いのに疲れたと思わされない
これはもう、文章の力だろうと思わざるをえない
上手すぎるのでありますね

そういわけで、大変満足した一冊で
べた褒めをメモっておきつつ
久しぶりにヒットの余韻にひたるのであります
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【読書】夜空はいつでも最高... | トップ | 台灣縦断旅行記 16 八卦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL