CLASS3103 三十三組

しがない個人ホームページ管理人の日記です。

2016年 紅白歌合戦

2017-01-04 19:56:13 | ドラマ映画テレビ感想
書いておく必要もないと思うのですが
今年は本をあまり読むこともなかろうということで、
ブログのネタのために
つらつらと思いのままに、メモっておくのであります

さて、昨年末も無事終わったというか
紅白見ながら暮れていった年末だったのでありますが
方々でうわさされているというか、
あれこれ悶着している通りに、なかなかどうして、
酷い有様だったと評判の紅白歌合戦であります

そもそもおととしくらいから、そんな感じだったじゃないかと
思わなくもなかったのでありますが、
今回のを見ていて、この企画がいかに大変で、
とんでもないものなのかをまざまざと感じたというか
企画する人は、本当に大変なんだろうなと
思わされた次第なのであります

とりあえずの違和感としては、
滅法に宣伝をしていたところにありまして
NHKが全精力を傾けているかのように
年末くらいから、紅白プッシュの番組ばっかりやってて
毎年は、もうちょっとほかの番組やってなかったか?なんて、
そもそも、紅白にかこつけて、番組作るのを
年末さぼってたんじゃないかと
疑いたくなるような具合でありましたけども
その推薦ののち、この体たらくは
来年というか、今年見てもらえないというリスクを
まったく省みなかったのではないかと
思わされた次第であります

瑣末なうわさでは、解散グループの当て込みが
ぎりぎりまでがんばったけどだめだったしわ寄せだとか、
残業できなくなった某社が企画の力を落としているんだとか、
次回以降に一層の変化というか、歌手陣の変更を促すために
チャレンジしすぎていたんだとか
どれもありそうだなと思わされる感じで
ゴシップ大好きとしては楽しい限りだったのであります

と、まぁ、だからなんだということもなく
どうも全体的にふんわりというか、ぐだぐだしすぎだったなと
出ている人もしっちゃかめっちゃかで大変だったであろう生放送が
ある意味新鮮というか、生放送というのは
つまりこういうことだなと思い知らされたりしたのでありますところ
ただ、それでも、年齢を重ねてきた自分が
今回を見て初めて
・演歌勢の安心感
・本当に上手い歌を聞きたい欲求
・アナウンサーの上手さ
なんてものに気付かされたというところが
非常に教訓めいた感じでありまして、
今回も皆様お疲れ様でしたと、関係者でもないのに
つらつら、労いたくなったのでありましたところ

一番よかったのは、石川さゆりの天城越えだったとメモっておきたいところ

ココのところマンネリといわれていた、
NHK内輪ネタ(大河ドラマ、朝ドラ)要素が一切なかったことで、
あれを楽しみにしていた自分に気付いたりもして
みんなが楽しめるというのは本当に難しいことだなと
改めて思い知る年末だったのでありましたとさ
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHK土曜ドラマ  スクラ... | トップ | 【アニメ】精霊の守り人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL