CLASS3103 三十三組

しがない個人ホームページ管理人の日記です。

おんな城主 直虎  死の帳面

2017-07-16 23:30:00 | NHK大河ドラマ感想
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」
視聴完了していました
かなり面白い回だったといってしまいたい
直虎というよりも、今川を支えた寿桂尼の
外伝のようなできばえで、実に見事でありました

あの時分の今川の状態を
近隣諸国の関係とあわせて説明しながら、
寿桂尼のすごさを理解させるという
大変すばらしい構成でありまして、
本当にもう、あの尼がいなかったら
あのあたりはどうなってたんだろうかなと思わされるばかりでありました
実際それくらいすごかったんだろうけども、
なかなか感慨深い内容であります

氏直のひどさもさることながら、
弱っている寿桂尼に対して、
できることが演奏であったりするのが、
彼のよいところでもあり、彼そのものだなという感じもして
なんといったらいいか、
あれによって、夢を見られたというのがまた
素晴らしいことでもあると、
あの今川が輝かしかった頃のシーンは
ぐっとくる演出だったと思うのであります
しれっと、新録で昇太が出てたけども
やっぱりセリフなしという徹底っぷりにも
なかなか感心してしまったのでありました

しかし、信玄坊主のおびえっぷりというか
あのやりとりといい、珍しく幻庵が出てきたりとか
関東の面白さがぎゅっと詰まってて
なかなかどうして、楽しく見られたと思うのであります
さらに、その流れからの、直虎抹殺指令が素晴らしくて
次週からどうするやら、楽しみにしたいと思うのでありました

今回の副題が、あの帳面から
デスノートだったのかと、うちのおやじに指摘されるまで
まったく気づけなかったのでありますが
なかなか、すごいなと思い知ったというか
してやられたと感じたりしたのでありましたとさ
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ドラマ】みをつくし料理帖 | トップ | 【読書】後藤さんのこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
おんな城主直虎 第28回「死の帳面」 (あしたまにあーな)
物語は寿桂尼を中心とする今川家についてでした。心臓の調子がよくない状況のなかで武田に嫁いでいた氏真の妹の鈴を呼び戻す作戦を北条氏康を味方につけることで実現します。ここ......