CLASS3103 三十三組

しがない個人ホームページ管理人の日記です。

将棋を始めた話

2017-03-15 18:23:25 | スポーツ
唐突な独り言をメモっておくの巻

さて、昨年末で、もりもり読書するというのを控えるようになって
代わりに時間を費やしているのが将棋であります
最近流行というのもありますが、
単純に仕事上、論理思考力を鍛える必要があったので、
手っ取り早く鍛えられそうな、それでいて長く続けて楽しそうなということで
ゲームといえばゲーム、遊戯といえば遊戯、
勉強といえば勉強という具合で将棋をやり始めたのでありました

私くらいの年齢ですと、まだ子供の頃に将棋に触れる機会がありまして
小学校のときに駒の動かし方くらいは覚えたと
そういう感じでありましたが、一念発起というでもないが
ちゃんとやってみようと手をつけだしたのである
そして、ちょっとやって思ったんだが
「私は今まで将棋を知らなかったんだ」
と、これなのでありました
駒の動かし方知ってるだけでは、まるで歯が立たないというか
こんな感じでよく小学校のとき、そこそこ勝ってたなと
自分でも驚きの内容でありました
あれは将棋というゲームをしていたんじゃない気がする

もっとも、今もってしてもさっぱりそんなレベルに到達していないわけでありますが
おおよその現在までの道程としましては
・ハム将棋に勝てない
・棒銀を覚える
・ハム将棋に勝つ
・将皇に挑む、まるで勝てない
・矢倉囲いを覚える
・将皇の初心者向けにようやく勝つ
・詰め将棋を始める
…、といったところから、現在では、将皇レベル1に3割くらい勝てるとか
そういうレベルまでやってきたわけであります

棒銀、とか、矢倉囲い、とか出てきてしまうわけですが、
こういう戦法やら、戦術やらを覚えることで
やっとスタートラインに立ったというか
初めて将棋らしくなったというわけでありまして、
一朝一夕で、テケトーに打ってて勝てるものではないと
なかなかハードルの高さに慄いたというわけでありました

さて、それはそれとしまして、
この将棋三昧において、現在非常に助かっているのが
・オンライン上に強い将棋ソフトがごろごろしている
という事実であります
有名どころであり、先ほども挙げました、ハム将棋と将皇については
大変よくできている、そして、かつてのファミコンの将棋ソフトなんて
ちゃんちゃら弱い奴とはレベルが違うと驚く次第
これが無料で遊べてしまうとか、どうかしてんじゃないか現在

素直に感激しながら遊んでいるわけでありますが、
ソフト遊びも一通りおさえて、少なくとも
将棋の形になってきたと思えるようになったので、
ようやっと、将棋ウォーズと将棋24にエントリーしたのでありますが
このあたりからの話はまた、気が向いたときにでも

というわけで、現在本も読まずに将棋打ってるという
引退間近の爺みたいな余暇を過ごしているのでありました
ジャンル:
オンラインゲーム
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬の台南高雄旅行 04 共... | トップ | 【読書】黒い巨塔 最高裁判所 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL