CLASS3103 三十三組

しがない個人ホームページ管理人の日記です。

【ドラマ】ブランケット・キャッツ

2017-08-05 18:12:40 | ドラマ映画テレビ感想
NHKの金曜ドラマ枠、ドラマ10でよかったのかしら
ともかく、やっていました
猫が出るときいて、そりゃ見ないとなぁと
その一心で見守ってしまったのであります
なかなか面白かったと思うんだが、
続きもできそうな引きで終わったけど
そこまで必要はないかしらなんて感じてしまったのであります

やもめ男が、妻の残した猫を世話していて、
その猫の里親を探すといったような内容なんだが、
まぁ、里親を選ぶという斬新な展開でもあり、
そこが肝でもあるんだが、
貰いに来る人々が、当然のように、あれこれと問題というか
ドラマがあってというお話で連作でありました

当初、結局一匹も貰われていかないんじゃないかと
不安になるようなところでありましたが、
そんなこともなく、無事といっていいか、
よい里親と出会って出ていく猫なんかもいたりして
なんとも、微笑ましく見守れたのであります

ドラマの内容は、かなり人情味あふれたそれこれだったので
ちょっとそれはなかろうと、つっこみどころもあったけど、
そういう無粋なことはせず、
家族であったり、兄弟であったり、
恋人や夫婦であったりの問題を丁寧に描いて
猫が別に解決していくわけではないという
この押し付けのなさがまた、よかったなぁと
そんな柔らかい印象を覚えたのでありました
最近、くたびれているせいか、これくらいのがいいなどと
思ってしまうのであります

猫が可愛いとか、ステキという内容でもなかったように思うのだけども、
猫の扱い方に関して、やたらと厳しいあたりは好きで、
うちの猫はあそこまでかまってやらなかったなと
反省を促されたりしたのでありますが、
なかなかどうして、でかい猫でも愛らしい素晴らしいものでありました

話としては、駄目男が彼女と同棲するにあたり
猫を飼うという話になるくだりが凄く好きだったのでありますが、
がみがみうるさい大家と、まぁ、よくよく考えても
ペット不可というところで、大家がうるさいと文句いいながら飼うというのは
やっぱりそっちが間違っていると思ってしまうんだが、
そういうことではない、もっと哀しいいわれというか
なんか、あれこれがあってというところが
しみじみ好きだなぁと思わされたのであります
そして、なにげに、人が成長するでもないけど
摩擦があっても、それによってわかり合いと呼んでもよいような
交流があって、それが変化に起因していくというのが
なんともいいなぁなどと思わされたのでありました

最終的には、人死にも関わってしまい
なかなか大変でありましたが、とりあえず大団円で
ステキだったと思われるので
安心して見られるドラマとして、メモっておくのであります
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【読書】台湾環島 南風のス... | トップ | おんな城主 直虎  虎松の首 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドラマ映画テレビ感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL