CLASS3103 三十三組

しがない個人ホームページ管理人の日記です。

NHKスペシャル 森の王者ツキノワグマ

2017-03-07 21:30:55 | ドラマ映画テレビ感想
随分前ですが放映されていたNHKスペシャルであります
相変わらずネイチャー系の話は面白い
飽きが無いというか、NHKならではだなと思わされるのであります

内容はほのぼの系の、熊が子供を作って
それが何年もドキュメントできるといった具合かと思わせて、
まったく違うというか、衝撃的な内容で終わったわけでありまして
考えてみれば、そんなのほほんとした内容なら
NHKスペシャルじゃなくて、ダーウィンが来たの方に回るわなと
前にもこんな話をどっかで書いた気がしますけども
ともあれ、殺伐というか、のっけのほんわかっぷりが
嘘のような仰天の結末に慄いたわけでありました
いや、結末というでもないな、生態のほうだな

そんなわけで、見てない人にはさっぱりわからないことを
つらつら書いてしまっているわけですが、
今回のドキュメントで最も衝撃を受けたのが
子殺しの部分でありまして、このところ
NHKの動物系ではおなじみのようにして、それこそ、
あのダーウィンが来たですら、猫の子殺しを放映したり
お茶の間に大惨事をお届けしていたわけでありますが
熊の場合はレベルが違うというか、怖い、流石熊だという内容に
固唾を呑んだ、いやもう、釘付けになったのでありました

野生動物にはよくある、子供がいるとメスが妊娠しないから
連れ子を殺すと、なんだろう、違う感じだけど
巷間のニュースにもある話だよなとちょっと思ったわけですが、
ともあれ、熊もそれをやるというところで、
これがまた、見た目が凶暴なうえに
やり口が壮絶にすぎるのが恐ろしくて恐ろしくて凄かった

小さな小熊を追い掛け回して、でっかい雄熊が、
かみ殺すという衝撃シーンが凄い、酷い、怖い
物凄いスクープを見たような
凄まじいインパクトを受け取ったわけであります
母熊が必死に抵抗してなんとかしようとするけども、
それもあっという間に蹴散らされてという具合が
まぁ、なんだろうか、悲惨にすぎる…
と、まさかのこれが何年も連続で続くとかいう有様
熊の頭数が減るわけだわなと
まざまざ思い知らされたなんて、可愛らしいことも思ったわけですが
それとはまったく別に、自然界というか、
これが人という世界にどっぷり浸かった自分の心なんだなと
なんか、反省でもないんだが、物凄く考えさせられたのであります
日ごろ、人間以外を擬人化して、どうのこうの言うのは嫌いとか
思ったりしていたわけでありますが、
それにしても、この子殺しというのは本当にもう…

なんて物凄く堪能したというか、えらいもん見たなと
感激ひとしおだったわけで、メモっておくのでありました

またこの番組のよくできてるところが、
序盤はほのぼのテイストで、ちょっとしたハプニング
しかもそれがメインかのような番宣が仕込まれていて、
母親が誤って落とした岩が小熊の直撃して
がけ下に転がり落ちていくとか
これはこれで、相当に衝撃的だったんだけども、
そんなの子供だましといわぬばかりの終盤に、完璧にやられたのでありました
挙句、取材対象が見当たらなくなったとか
救いがひとつもないとかいうところも含めて

ドキュメンタリとは、こういうものかと
深く考えさせられたのであります
オチとかそういうことを考えたらいけないのだな
だって、自然なんだもの
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬の台南高雄旅行 02 打... | トップ | 【映画】ラ・ラ・ランド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドラマ映画テレビ感想」カテゴリの最新記事