CLASS3103 三十三組

しがない個人ホームページ管理人の日記です。

風林火山 川中島!龍虎激突

2007-09-30 22:01:26 | NHK大河ドラマ感想
NHK大河ドラマ風林火山視聴完了

いよいよ待ちに待った川中島が始まって
もう、興奮が、た、たまらん
そんな具合で見ておったのでありますが
識者によりますと、川中島というのは5回も戦いがあって
4回目以外は大したことないとか
となると、残り10回程度の放送枠で
半分は川中島になるのか?いやまて
4回目は大きな戦だから2回くらい使うのかしら
っていうか、勘助いつ死ぬんだ

思ったり考えたりしつつ
勘助よりも先に、やっぱり先週死に急いだフラグを立てていた
諸角の爺が、もう、本当にもう
信繁が助けにいったりするから、いきなり死ぬんじゃねぇかと
冷や汗をかいてしまいましたが
あの信繁、諸角の仲はステキすぎます
初登場の時から、最も長い絆になるんだろうか
春信、板垣の仲も見ていてよかったが
今なお続き、諸角を慕ってやまない信繁が
切なすぎてよかった

兄上っ!!

とか吼えてしまうあたりに
感激とおりこえて、泣いてしまいそうになってしまいました
ステキであります、ただ、二人の後の運命を思うと
また、一層に感動が増すばかり
板垣、甘利、そして諸角がそれぞれ
すばらしい死に場所を与えられそうだと今からどきどきであります

さて、話しの大筋は
勘助vs宇佐美といったところで
将棋指しみたいで面白かったのであります
宇佐美と比べると、勘助が一枚落ちるように見える
そこは役者の差なのかわからんが
ともかく、長尾勢強いなぁという印象

いや、最近の勘助が不甲斐なさ過ぎるだけなのか
わからんが、ともかく、デンベエと景虎が似ているらしいという
素晴らしい情報を得ただけが唯一の確信であります
冒頭の景虎かっこよかっ、ずっと不安でいてごめんなさい
ガクトさんは大変奮闘しておられます

とりあえず題名ほど
激突することもなく、しかしいつものことながら
先に動いたら負けになるという戦ばかりだなと
ちょっとがっかりしてしまったのでありますが
どうなんだろう、先手必勝は決して踏まないのが
この大河なのか、それとも、戦国時代がそうなのか

わからないまま、視聴を続けます
勘助がハゲるのはいつなんだろうか
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風林火山 村上討伐 | トップ | 陶磁器を探す旅~安宅コレク... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
損した(笑) (あらん)
2007-10-03 09:14:39
もう史実に疎いので、じいさんが出てくるだけで思わず涙ぐんでしまったけれど、なんだ死なんかったのかと良い意味で期待はずれ。でも流した涙を返せ~。
レス>あらん様 (管理人)
2007-10-04 00:34:02
確かに肩すかしっぷりが酷かったですね(笑

まぁ、最後の重臣といいますか
諸角に死なれてしまうと
武田軍が若返りすぎて、なんか
頼りなくなってしまうので
今暫く長生きしていただきたいところです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
川中島で勘助はついに討ち死に (山本勘助は軍師、瀬島龍三は参謀)
NHK大河ドラマ「風林火山」はいよいよ佳境に入ってきて川中島の戦いの場面が近づいてきました。史実によりますと永禄4年(1561年)上杉謙信は1万3000の兵を率いて川中島に出陣して妻女山に入り、海津城を脅かします。信濃における覇権をおびやかされた武田信玄も2万の兵を...