筑井孝子の毎日日記

絵を描き 教え 頑張る毎日

考察 「風」についてかんがえる。。1

2017-07-18 09:03:08 | 日記
あちいね。

でも

なんとか生きています。

すごいね

このまま地球ってどうなるんだろう。。

木曜日から
夏期講座

もうお休みがなくなります



今日から風を考えます。


=============
風(かぜ)とは、空気の流れのこと、あるいは流れる空気自体のことである。
=============

=============
風の名前[編集]

風は人々に大きな影響を与える。人々は様々な風を区別し、様々な名前をつけてきた歴史がある。例えば以下のようなものがある。
●風向によるもの
北風、南風、東風、西風
●風向別の呼称は、単に方角を付けただけではなく、その風のイメージが付加されることが多い。日本では、北風は冷たい冬の風、南風は暖かい夏の風として認識されている。
慣習によるもの
そよ風、春風(はるかぜ)、強風、突風地域性のもの(地方風)
からっ風、春一番、木枯らし、六甲颪、やませ、ミストラル、エテジアン、シロッコ、ハブーブ地域性があるが学問的用語としても用いられるもの
海風、陸風、潮風、谷風、出し風、颪、滑降風(カタバ風)、ブリザード、フェーン、ボーラ学問的用語
ビル風、爆風現象名
竜巻、塵旋風(つむじ風・旋風)、ダウンバースト、乱気流、風塵、砂塵嵐(砂嵐)

==============


でね。


今風が世界を変えているって
おもってるんだ



もう

人がきたから

これでね。

ごめん

この頃。。
がんばってなくて
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カレンダーの写真 | トップ | 考察 「風」についてかんが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL