筑井孝子の毎日日記

絵を描き 教え 頑張る毎日

考察 「天井画」について調べる。。11(京都一日目)

2017-05-15 08:53:12 | 日記


そうだ。。京都に行こうって言ったのが

先週の日曜日

そして
すぐホテルをとる



はとバスすきなので

そんなのが京都にあるかな?って
しらべたら

あった



昼は

にしんそば発祥の地っていうんで
いって

すぐチケット取りにいくと

あらら

半日連れて行ってくるツアー発見



二条城に行く

短くいうと
「徳川家康」は京都の天皇にあうときの別宅??

===============
二条城(にじょうじょう)は、京都市中京区二条通堀川西入二条城町にある、江戸時代に造営された日本の城である。京都市街の中にある平城で、後述する足利氏、織田氏、豊臣氏、徳川氏によるものがあるが、現在見られるものは徳川氏によるものである。また、後の近代において二条城は京都府の府庁や皇室の離宮として使用された。城内全体が国の史跡に指定されている他、二の丸御殿(6棟)が国宝に、22棟の建造物と二の丸御殿の障壁画計1016面が重要文化財に、二の丸御殿庭園が特別名勝に指定されている。さらに1994年(平成6年)にはユネスコの世界遺産(世界文化遺産)に「古都京都の文化財」として登録されている。

徳川家康の将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終焉の場所でもある。
================

大政奉還のやったところなんだね。
でね

バスのガイドさんがすごい説明してくれる

だから

すごいわかる

亀仙人なんかもあったよ


面白いね。



その亀


300年に一回浮いてくるんだって
それで
3回のったから

この仙人900才だね

そんな話もしてくれる




一時間で
中をみて
それで
一枚描く

加納探幽を棟梁として一門みんなで
書いたって



松の間はお客様ようだって

きんきらだ


人形なんかも置いてある





こんど生徒と一緒に共同制作で描きたいな。

でね



鷹好きなんだね。

それから

龍安寺に行く。。



緑がきれいだった。



石庭も

そしてカメラももっていったし
絵もかいていたし。

あまり携帯からとれなくて残念



NHKの2355の歌を思い出す。



夜は京料理を楽しむナイトツアー



舞妓さんの踊りをみて








書いて

そこの庭をみる



すごかった。。

また

後で紹介したい

でね

そのあとは東山にのぼって
ライトアップをみてね。

たのしい一日でした

では

きょうは授業がんばろう



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 考察 「天井画」について調... | トップ | 考察 「天井画」について調... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL