お城でグルメ!

ドイツの古城ホテルでグルメな食事を。

箱根ホテル

2017年05月13日 | 旅行

いち時帰国したときに、芦ノ湖畔にある箱根ホテルで1週間を過ごしました。富士山を間近に見ることと旧東海道を歩くことが目的だったのです。

このホテルは大正12年の開業で伝統と知名度があり、ロケーションがすばらしく、ジュニアスイートの部屋なので大いに期待していました。

その期待以上に良かったのは、部屋の広さと清潔さ、天井の高さ、バスルームの広さ、バスアメニティーの豊富さ、電動カーテンを寝たままベッドサイドから開閉できることです。

  

箱根ホテル ・ テラスからの眺め 1 

   

テラスからの眺め 2 ・ テラスからの眺め 3 

期待を裏切られたと感じたのは、まず、外観も内部も鉄筋の打ちっぱなしを思わせるつくりで高級リゾートの雰囲気がないことです。特に、客室のテラスから芦ノ湖と富士山を含む山々を望む景色が5本の大きな四角のコンクリートの柱で大いに邪魔されているのは、非常に残念でした。

  

客室 

部屋の中に眼を向けると、一部籐細工の家具を使っていることもあり、家具が安物っぽい。ビジネスホテル並みに冷蔵庫が空っぽだし、自由に飲める飲み物が日本茶のパックだけなのは意外でした。1週間生活をして実際に困ったのは、朝の洗顔の時にお湯が出てくるまでかなり長い時間がかかったことですし、ラップトップの電源のためのコンセントが事務机の近くにないことです。いくらビジネスではなくリゾートのためのホテルであっても、ほとんど誰でもコンピューターを使う昨今、PC用のコンセントが使いにくい位置にあるのは大きな欠陥ではないのかなぁ。長期滞在の客がほとんどいないからでしょうか、クリーニングサービスはしていないとのことで、あわや洗濯おじさんになるのかと思いましたが、私のために特にアレンジしてくれました。(しかし非常に高かった。)

 

レストラン 

ホテルのフレンチレストラン〈イル ・ミラッジョ〉で夕食を食べました。ヨーロッパの古城ホテルのレストランを思わせるアーチ状の天井の部屋で、正面に芦ノ湖とまわりの山々を望むいい雰囲気です。しかし、残念ながら良くないと思える点が多々ありました。まず椅子がギシギシ揺れるのが気になりました。そして、このレベルのレストランならテーブルクロスをひいて欲しいですね。特に悪い印象を持ったのは、スタッフが素人じみていることです。例えば、注文を取るときにもたつく、私がア・ラ・カルトで注文したことを把握していなくて、コースメニュー用の食器セットを並べる、食事が終わる頃やっと水をついでくれる、勘定書きのミス、です。

飲み物はノンアルコールビールとノンアルコールワインを頼みました。ビールは薬を飲んでいるみたいで不味いのですが、ワインの方は気の抜けた発泡酒のようですが結構いけました。

パンも突き出しも出てこないのは、日本のレストランでは普通なのでしょうか。

   

前菜 ・ 主菜 

  

デザート

前菜は蛍烏賊のマリネとポロ葱、春野菜添えです。ホタルイカにつける酢味噌が控えめで繊細で美味しい。野菜がたいへん新鮮でした。

メイン料理は「国産牛ロース、玉葱、せりとクレソン、大葉のピストーソース、ふき味噌添え」。ステーキを私が望んだように焼いていて良いし、脂が多いのでしょう、やわらかいし肉自体の味も良いのです。直径が肉よりも大きい玉葱の輪切りですが、多すぎて味が単調になってしまいました。しかしソースも味噌も微妙な味で旨かった。

デザートとしてイチゴのソルべとフルーツを注文しました。ソルベは自家製だそうで、味濃くしっかりと作っています。でも、もう少したくさんフルーツが欲しかったなぁ。

食後のエスプレッソは、ヨーロッパで飲むそれと違いますが、普通のコーヒーだと思えばそれなりに結構。

サーヴィススタッフのことはさておき、食事自体は満足できる味でした。

   

朝食

夕食時と同じレストランで、ビュッフェ形式の朝食をとりました。和食と洋食があるものの、種類がそれほど多くありません。温泉卵や豆腐あんかけなど、温かくあって欲しいものがほとんど冷たいのはどうしたことでしょう。別払いの、結構高い値段の割に、全体としてあまり良くない朝食でした。

今朝は特別かも知れませんが、朝食時を見る限り外国人の宿泊客がかなり多く、白人だけでも半分くらい。アジア系を含めると8割位の客が外国人でしょうか。

  

ラウンジからの眺め ・ フレンチトースト

おやつに、ホテルのレイクビューラウンジ〈イル ・ラゴ〉でレモンとハチミツを使ったフレンチトーストを食べました。蜂蜜の甘さとレモンの風味がからみ合って旨い。ヴァニラアイスもしつこくなくてよろしい。付いているコーヒーはお代わり可。食器は真っ白な磁器と銀だし、ピアノ曲のBGMが静かに流れます。優雅な午後のお茶になるはずが、隣の席の若いカップルの雑談が耳障りなのです。残念。

初めて富士山をじっくり見ました。評判通りの素晴らしい山です。

〔2017年5月〕

 

『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 箱根のグルメ | トップ | ホテル・クロステルシェンケ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。