きままぶらり旅日記 by 軽キャン

定年を機会に軽1BOX車を車中泊仕様にDIY
カテゴリー
「おもちゃ箱」はDIYの記録
「車中泊」は車中泊の記録

2017 琵琶湖湖西、鴨川・知内川の小鮎釣り 5/16・24・29、4/21

2017年05月29日 | 
5/29 朝6時過ぎに知内川の上流側、桜の木の下に到着。
 この前の石ゴロゴロ場所へ。
この前の雨で鴨川は、遡上が始まったようですが(河川の工事をしているので釣れる場所がかなり限られていて数年は絶望的です。)、知内川は簗が入っているのでここも今は釣りになりません。
 早速、流して見ました。 右側の白いのがラセン重りで左端の橙色の点が玉浮子の大きい方(直径1cm)、少し右に小さい方(5mm)。
水量は前回より少し少ないですが沈下0.8g程度が流れが良さそうでした。
ただ、時折、ラセン重りが石と石の間に入り込んで石の間に留まる事は時折ありましたが、待っても流れない場合、少し煽ると流れ出します。(玉浮きを1.5cmに大きくすると幹糸の張力が増して留まる事は殆どありません。)
気を付けるのはゴミなどで仕掛けが引っかかる程度。
少しだけ期待して、8時過ぎまで色々試して見ましたが今日は偶然がありませんでした。
そのままの仕掛けで下流へ釣り歩く事に。
 仕掛けは深場・瀬いろんな所で試して見ましたが問題ありません。
ただ、針かかりするのは小さい外道ばっかり。
 11時にメタセコイヤの木陰で昼食。疲れたので此処で引返しました。納竿。
「ボ」です。 しかし、ラセン重りOK。少しポイントも見られました。
後は梅雨の雨を期待して簗が開くのを待ちます。
ただ、桜の木の下で5cm程度の小さいのが寄せ餌にピョンピョン反応がありましたので幾らかは簗を抜けてるような。

-- 5/27 追記 -------------------------------
5/27 今日、滋賀へ。
買物ついでに、4時頃、鴨川を覗いてきました。
数名の方が釣って折られチョコチョコ上げて折られました。
しんし、先日の雨で増水。今日は既に減水していましたが、水温が上がっているようで遡上が始まってきています。
ただ、鴨川の工事は鴨川橋、上流で川筋を触っていました。かなりポイントが限られるので今年(恐らく数年)の鴨川は絶望です。

-- 5/24 追記 -------------------------------
知内川、ゴロゴロ石場用のラセンを試作してみました。
 一番左が前回5/16に試したものです。
ラセン部分を1cmほど長くしてラセンの目を荒くしました。
これは、固めの寄餌を使い、投入前に一部分を指で柔らかくして、着水時に餌を拡散させるツモリ。
前回使った錘の水中での重さは1.2gでしたが、今回0.2g~2.1gまでの数種類を作成。
そして頭を丸くして浮心を上に(我流の目安ですが45度に傾く横方向の力<道糸の張力>が2.0gから3.0gにアップ)して水中で立ち易くしました。
(道糸が石の下に潜り難くなる様に思うのです。)
これで、来週、釣れなくても楽しめるのです。
だけれども大きいのを期待してしまうのです。

-- 5/16 追記 -------------------------------
5/16 朝5時半に知内川・知内橋に到着。
昨日、鴨川・鴨川橋を渡った時、橋の上流側に数台の重機が入っていましたので、鴨川は迷わずにパスです。
5/17に鴨橋に通りかかったのでパチリ。重機は川原の整備で川筋を触っていません。
しかし、川の中を覗くと遡上している気配は全くなし。川筋を触っていなければチョコットだけ今後に期待です。(5/18追記)

 まず知内橋上流側の堤下に入りました。
水量は渇水気味で釣り易い状態でしたが、2時間粘って⒌匹。当たりは浮きが少しピクピク動く程度で非常に判り辛い状態。
その後、下流側・知内橋まで釣り歩きましたが✖。
ただ、直ぐ下流で腰を落ち着けて釣っておられた方は30匹ほど上げておられました。
 更に上流、桜の木の下に。
 今日は流れが穏やかなので、石ゴロゴロ場で流して見たかったのです。
 昨年作ったラセン重りです。 色々これらを試して見たかったのです。
今日の一番は右端、沈下力(水中での重さ)1.2g。2gを超えると流れにくくなる。
(これは極小玉浮子を沈めた状態です。食いの悪い時は出来る限り道糸にテンションを掛けない方が良いように思いますので。)
仕掛けの流れは丁度良い様に思うのですが、上がるのは ばっかり。
ラセン重りの流れ方を見るともう少し立たせた方が良さそう。もう少し沈下力も軽くしたい。ついでにラセンも、もう少しおおきくしたい。
次回の宿題です。
2時間ほど、此処で色々試して、下流側と上流側へ釣り歩きましたが✖。
12時過ぎに疲れたので納竿しました。

 今日の釣果、7匹でした。
下の大きいのは(Max14cm)上流側でラセン重りお試し中に、偶然上がって来てくれました。
久しぶりの塩焼きで先ほど頂きました。

-- 4/21 搭載 -------------------------------
鴨川の湖岸工事はまだ続いています。
 今は湖岸道路と交わる所から上流部が工事に入り、河川内の雑木を撤去している所で、しばらくすると川筋を広げて行くと思います。
そして、JR高架上流部の天皇橋付近(八田川合流付近)にも測量が入っていますので、まだまだ工事は続く雰囲気です。
そこで、今日(4/21)6時に知内川の方へ。
 まず、上流部、メタセコイヤ並木の更に上流-桜並木下の堤へ。
水量がかなり多く、遡上していればここでヒっトするはずと。
全く、反応なし。
ここは、早すぎると
 R161の更に上流、知内橋下流側へ。2名の方が既に釣っておられました。
この下流側へ。
即、ウグイが。 しばらくしてまたウグイ。他の方もヒットしていないので、ここは✖。
知内橋から上流に。
 この堤の途中でチャレンジ。✖。
ここで2匹。他一匹取り逃がし。
 大きい方、12cm。すこしあばら骨が。
ここでもお邪魔魚が2回。
9時過ぎに、鴨川が気になり、納竿。
帰り道で、先ほどチャレンジした場所で一人。5匹上がったとの事。(アレ!)
 鴨川、かっての一番ポイント。
前からの流れ込みがありません。 対岸のくぼみ部分は残っていて、同じ渦が。
本流の川筋は替わっていません。
しかし、そこは砂。立込んだ足元の砂は流れて足元上流側に窪み。
川底が安定していなくて直ぐに変化。
川の中に入ると、長靴が10cm程度沈む場所も。
ここも完全✖。
今年の遡上はまだ始まっていないようなので、始まるとどうなるのか?。
川筋での小鮎・そろそろ。今月末の連休-どうかなです。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三方五胡への車中泊 | トップ | 梨の苗木を植付(袋掛) 2017/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL