一身二生 「65年の人生と、これからの20年の人生をべつの形で生きてみたい。」

「一身にして二生を経るが如く、一人にして両身あるが如し」

老後の哲学

2016年09月17日 | きわめて個人的なこと

1.愉しく働く。可能な限り働き続ける。

2.自分の居場所を確保し、生きることの充実感を維持する。

3.少ない費用で喜びを得られる文化的な趣味をもつ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新宿騒乱 1968年10月21日 | トップ | 『ツーリスト』(The Tourist) »

あわせて読む