一身二生 「65年の人生と、これからの20年の人生をべつの形で生きてみたい。」

「一身にして二生を経るが如く、一人にして両身あるが如し」

日本株の外国人投資家

2017年04月04日 | 社会

直近1年で保有比率がアップした株は
今後も買い増しされる可能性が大!

 じつは日本の株をもっとも売買しているのは、日本人ではない。日々の売買では欧米の年金基金など外国人投資家の比率が6割を超え、株式の保有比率も32%近い。特に直近の8月末からの下落相場では外国人投資家の売買比率は7割を超えた。

 また、下のグラフのように外国人投資家の保有比率は年々アップしている。一方で、個人投資家の保有比率は17%まで低下しており、日本株といっても投資の主役は外国人なのだ。

 
 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の戦後改革 | トップ | 中央教育審議会 »

あわせて読む