一身二生 「65年の人生と、これからの20年の人生をべつの形で生きてみたい。」

「一身にして二生を経るが如く、一人にして両身あるが如し」

あの頃は。。。

2016年09月14日 | きわめて個人的なこと

その時は意味がわからなくとも、後で時間が経つと、その時の意味がわかってくる。

私の15歳(1962)から、特に25歳(1972)までの社会との関わりは、今になって、わかるというか、そうだったのかな、と思えることが多い。ほとんど、自分の人生とは距離があるという自覚の方が強かった。社会とは、社会の中には、いなかった、と思って生活をしていたような気がする。どこか、遠い世界がどこかにあるような。。。。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浅間山荘事件 1972年2月19日 | トップ | 三田誠広 »

あわせて読む