一身二生 「65年の人生と、これからの20年の人生をべつの形で生きてみたい。」

「一身にして二生を経るが如く、一人にして両身あるが如し」

自民党団塊議員

2017年05月13日 | 社会

 川崎二郎元厚生労働相(69)ら昭和22~24年生まれの自民党議員36人による「団塊の会」が31日、党本部で会合を開き、2025年に全員が75歳以上の後期高齢者になることを踏まえ「健康長寿を貫き、もうひと花咲かせるぞ!」など3項目の宣言を決議した。ほかは「家族や周りの人に迷惑をかけないぞ!」「延命治療は受けずに、自然死を貫くぞ!」。団塊の会は平成25年に発足した。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍首相の海外投資 | トップ | 安倍政権の4年間の評価 »

あわせて読む