一身二生 「65年の人生と、これからの20年の人生をべつの形で生きてみたい。」

「一身にして二生を経るが如く、一人にして両身あるが如し」

おかしな男 渥美清

2016年09月26日 | 社会

出会いは、1961年の夏。四角い顔に細い目のその男は、33歳。NHKのドラマで全国区の人気者になる寸前。僕は28歳で、小説を書き始めていた。〈芸〉への強い興味だけでつながっているような、奇妙な関係。底知れぬ凄みを示したかと思えば、なんともいえないおかしみも持っていた彼はやがて、〈寅さん〉となった――。虚構に殉じた男の若き日の素顔を丹念に浮かび上がらせる、実感的人物伝。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テオドア・アドルノ | トップ | 小林秀雄講演CD »

あわせて読む