一身二生 「65年の人生と、これからの20年の人生をべつの形で生きてみたい。」

「一身にして二生を経るが如く、一人にして両身あるが如し」

溝口村

2016年10月16日 | 社会

地名の由来

多摩丘陵方面から流れてくる「溝」のような細幅の小川が姿を現す場所、つまり「溝」の入口となることから、「溝口」(みぞのくち)と呼ばれるようになったと考えられている。街道筋に古くから開けた地域であり、また、かつてはあまり人手の入っていない自然林が広がっていた多摩丘陵への、ここが入り口であったことを、地名が物語っている。

多摩丘陵の豊かな森が貯えた水を集めて多摩川へ注ぐ平瀬川は、現在では流路が付け替えられ、久地方面へ流れているものの、かつては溝口町内に向けて流れていた。また、武蔵溝ノ口駅の南西には今でこそマンションが建ち並んでいるものの、かつては「久本山」と呼ばれ、豊かな森があった。

なお、平瀬川の流路が付け替えられて以降、急速に都市開発が進んだ今では、もはや近世以前の遺構を辿ることは困難であるが、隣接する下作延との境界線付近に「栄橋」交差点(大山街道南武沿線道路の交差点)が残っている。かつてはこの付近に平瀬川を渡る橋が架けられており、今ではその橋自体の名残を見ることはできないものの、橋の存在を伝える石碑が交差点付近に設けられている。

江戸時代以前

律令制の下で統治機構に組み込まれた以降、溝口を含むこの付近は武蔵国橘樹郡(訓:たちばなこおり、たちばなのこおり、たちばなぐん、ほか)と呼ばれる地域であった。

『古代の南武蔵ー多摩川流域の考古学』(有隣新書)によると、久地浄元寺裏横穴墓、久地伊屋之免遺跡、平瀬川隧道西群横穴墓、日向横穴墓などを論拠として、律令下の橘樹郡の中心的なムラは久地、津田山、下作延あたりであったと推論される。昭和55年に、国道246号線津田山切通し際のキャノン研修センター建設中に出土した「久地西前田横穴墓」は、築造時期が7世紀中期と考えられ、南武蔵でも最大級の横穴墓であるという。

この橘樹の中心となる郡衙が近隣の影向寺(ようごうじ。現在の宮前区野川に所在)付近に置かれたと推定されており、また、武蔵国国府と各地を結ぶ道が整備されるようになり、当地を通る府中街道もその頃に整備されたといわれている。なお、現代では国道409号を「府中街道」と呼んでいるが、その西側に並行する小旧道である。

一方、箱根越えの東海道が開かれる以前は足柄峠を越える足柄道がもっぱら用いられていた。この足柄道と府中街道が交差する場所に溝口の集落が開けた。

江戸時代

1611年慶長16年)には二ヶ領用水が完成する。橘樹郡北部(稲毛領37ヶ村・川崎領23ヶ村、約二千町歩)の広範にわたって水路が巡らされた。溝口・二子の地域も二ヶ領用水によって潤され、新田開発が進み、「稲毛米」と呼ばれる上質なを産した。

矢倉沢往還の発展と継立村の指定

足柄道は矢倉沢往還として整備され、東海道の脇往還として利用されるようになった。1669年寛文9年)には幕府により、二子村と共に宿駅(継立村)に指定された。公儀の旅行者のための伝馬人足の常備が義務付けられ、宿泊施設を兼ねるために光明寺を南二子から現在の大山街道沿いに移転、同時に「七軒百姓」も移住させて往還道の集落を形成させた。

1681年(延宝9年)には、久地、諏訪河原、久末、末永の4村が二子村の助郷に指定され、1716年(享保元年)には北見方、上作延、下作延の3村が、溝口村の助郷に指定された。月の上の二十日間を溝口村が、下の十日間を二子村が、代官や旗本のための人馬を負担した。

江戸時代中期以降は、雨降山(あふりやま)とも呼ばれて信仰を集めた大山への参詣(大山詣で)が特に隆盛となり、宝暦年間(1751年から64年)で年間20万人が参詣した。多くの参詣者が行き交うようになった矢倉沢往還は「大山街道」と呼ばれるようになった。この大山街道は渡船二子の渡し」で多摩川を越えていたため、溝口と隣接する二子は共に宿場町として栄えることとなる。1770年明和7年)頃には灰吹屋が薬屋を始め、街道唯一の薬屋として繁盛した。

また、江戸時代後期には、厚木方面からの荷物が大山街道経由で溝口まで運ばれた。主な物資は駿河、真綿伊豆椎茸魚、秦野煙草などが流通し、百万都市の江戸へと発送されるのみならず、継立村内にも売りさばかれ、小規模な金融を行う質屋や交通のための人足労働者が集まるようになり、商業および物流の中継地点として発展し、いち早く貨幣経済が浸透した。

1827年文政10年)には寄場組合村の親村となり、この地域の各村との連絡の中心地となった。

醤油製造

溝口村はかつて醤油の名産地であった。1821年(文政4年)、稲毛屋安左衛門の醤油屋は江戸中之橋に出店「稲毛屋」を構えて、123万樽を安房、上総、下総、常陸、武蔵、相模、上野の各国から入荷し、大阪表からも2万樽を入荷して、溝口の醤油が江戸の市場を圧倒した。醤油は二子の渡船場から多摩川を下り、また牛馬車で大山街道を江戸に上り、水陸路の両方で輸送された。

鉄道の開業

1927年昭和2年)3月9日、南武鉄道(現在の南武線川崎登戸間の開業と共に武蔵溝ノ口駅が設置された。また、同年7月15日には玉川電気鉄道溝ノ口線(開業当時は軌道線、現在の東急田園都市線)が開業し、南武鉄道の駅に並行して溝ノ口駅が、府中街道沿いの二子との境界付近に高津駅が、それぞれ設置された。なお、溝ノ口駅は街道筋に発展した当時の溝口中心街より離れて設置されており、旧市街には高津駅が最寄りである。

以降、それまでは大山街道・府中街道の街道筋に発展してきた商業地が、次第に駅前に移り始め、駅前商店街および官公庁が駅前に集積するようになる。

また、鉄道開業後は南武鉄道沿線を中心に工場・研究所が多数立地するようになり、溝口駅からの通勤圏には東芝(久本)、日本電気(久本)、三豊製作所(坂戸、現・ミツトヨ)、池貝鐡工所(坂戸)、高砂製作所、日本光學(現・ニコン)、 八欧電機(末長、現・富士通ゼネラル)、品川通信工業(坂戸、後の富士通テレコムネットワークス)、日本通信工業(北見方、現・NECプラットフォームズ)、三井金属鉱山(久地)などが立地した。さらに戦前は旧陸軍施設も立地していたことから、南武鉄道および溝ノ口線は通勤利用が盛んであった。

駅前商店街の形成

溝口駅前は古くから街道筋の商業地としては開けていたが、昭和初期に鉄道が開業した以降は駅前への商業施設の集積が進み、川崎市内においては川崎駅前に次いで商業地地価が高い地域となった。

開業以来、長いこと南武線武蔵溝ノ口駅の改札口が東側のみに設けられており、また南武線のすぐ西側には山が迫っていた地形もあり、南武線改札口のある溝口町内に商店街が集積していった。また、近隣からの路線バス便が多く着発していたこともあり、駅を中心とした街の集積が進んだ。

国道246号東京・横浜バイパスの開通

高度成長期モータリゼーションを背景として、ここ大山街道では大正年間県道1号に、後に国道246号に指定され、幹線道路として交通量が飛躍的に増大してゆく。

しかし、一般に旧市街を通過する道路は拡幅余地に限りがあるため、街道筋の各中心街を迂回するバイパスが各地で計画され、その一つの東京・横浜バイパスは従来からの溝口市街を迂回するものとなった。溝口地区の新道は1974年(昭和49年)から供用開始され、1978年(昭和53年)の新二子橋供用開始、1980年(昭和55年)の宮前区有馬までのバイパス全通を経て1982年(昭和57年)の全線4車線化に至り、旧市街は街道筋としての利を喪った。その一方、新道沿いにはロードサイド型の大規模店舗が見られるようになった。なお、現在はバイパス側が国道指定され、旧道は国道指定を解除されている。

駅前再開発

駅前が商業地として発展したものの、無計画に発展したため、道路網の整備などはなかなか進まず、狭く入り組んだ道路による流動性の悪さや、駅施設の老朽化、駅から遠くて狭いバスターミナルの不便さなどが問題になっていった。そこで、駅前再開発が計画されることとなる。

駅前に立地していた高津郵便局や高津区役所などが近隣に移転し、その跡地を再開発事業用地として駅前再開発が始まり、1999年平成11年)3月に駅前商業ビル「ノクティ(NOCTY)」および武蔵溝ノ口駅駅舎、ペデストリアンデッキ(駅前歩道橋。後に「キラリデッキ」と命名される)が完工することで一段落した。

この駅前再開発事業によりかつて入り組んでいた駅前の南武沿線道路が大幅に整理され、また広いバスターミナルが駅前に整備され、地上駅舎であった武蔵溝ノ口駅には橋上駅舎と南北自由通路が設けられ、特に路線バスを含めた自動車の流動については大幅に改善した。

また、駅前に整備されたペデストリアンデッキは再開発ビル(ノクティビル)に直結され、かつては小さな商店が込み入って立地していた駅前の風景は大きく変貌した。ノクティビルには再開発用地の地権者および丸井が入居し、かつて駅から離れていた高津市民館も駅前再開発ビル内に移設され、再開発地域内に限っては大きく利便性が向上した。

一方、再開発対象となった駅前の一部地域を除く既存商店街については、かねてより再開発は検討されているものの進んでおらず、近頃では商店街縮小が進んでいる状況にある。

既存商店街が抱える問題

かつての街道筋の宿場町は川崎市北部の商業および行政の中心地として発展してきた。しかし、近年発展した交通網による買物客の都心への流出や、郊外型スーパーの乱立による商圏撹乱、それらによる在来商店街の空洞化といった他の近隣商業地域が抱えるのと同等の問題にやはり直面している。

市の都市計画では車道と歩道を確保する計画が立てられているが、元々かなり狭い道路であるため、市の計画を実施する場合は角地にある一部商業ビルの敷地の大部分が道路用地として削られ、該当する建物は事実上建て替えができないといった矛盾を抱える。また、計画中には駐輪帯の確保が考慮されておらず、自転車で来店する客が多い商店街の実情に合っていないという問題も指摘されている。

元々、溝口周辺は多摩川の扇状地であるため地形が平らで、また古くから発展した住宅街のため路地が狭く、地域住民の足として自転車が広く活用されており、環境負荷の低い輸送手段が根付いている現状は社会の要請に合致していると言える。しかし、市の都市計画では専ら自動車中心の道路整備が進められており、歩行者や自転車などの既存利用者にとっては必ずしも利用しやすい街並みになっていない実情がある。

例えば、直近の再開発で造られたペデストリアンデッキ(駅前歩道橋)の商店街方面出口が大変狭くて利用しにくい、再開発事業で用意された駐輪場も早朝・深夜の電車利用者および昼間の買物客の利用実態に則していない、歩行者・自転車での来客が大半を占めるにも拘らず四輪車通行止めなどの措置が全く取られておらず危険である、買物客用駐輪帯が確保されていないため買物客の自転車が雑然と置かれてしまう、などの具体的な問題点が、以前より市議会や市民会議などで再三指摘されている。このうち、自動車の問題は一向に対策が進まないものの、駐輪場の問題については2006年頃から対策が進み始め、例えば平地に買い物客用駐輪場(2時間半まで無料)が設けられる、南口に24時間開放の駐輪場が多く確保され利用料を段階制にする(駅に近い駐輪場を割高に、駅から遠い駐輪場は割安に料金設定することで均等に埋まるようになった。)といった施策が奏効しつつある。また、予定されている旧平瀬川(高津中央病院裏)の暗渠化工事により捻出された用地を買物客用駐輪場にすることも検討されている。

大規模マンション

このような状況に加え、近年は市街地が徐々に縮小している傾向がある。高津郵便局跡、ザ・プライス跡(旧・イトーヨーカドー溝ノ口店)や劇画館跡など、駅近隣のかつては中心商業地であった場所にも大規模マンションが建ち始めている様子から、商業地としての価値が低下し、商店街が縮小している様子も覗える。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二子村 | トップ | 気骨の判決 »

あわせて読む