katsuobihoro’s blog

カツオのペタンク日記 
ペタンクに関することだけを書くこだわり、自己満足ですがペタンク仲間からの応援に感謝感謝です!?

自分の心がつくり出す幻影!?

2017-07-08 09:20:24 | 日記
自分はダメ!?

 自分はスポーツ音痴!?と考えています。だからペタンクをやっても、なかなかうまくいかないと!?前向きに頑張る意欲がありません。劣等感というのも、自分の心がつくり出しているものだそうです。劣等感は、自分自身への執着心から生じるそうです。人によく見られたいという執着心を捨てれば、おのずと劣等感も消えていきます。自分はダメだ!?いつも周囲の人に迷惑をかけいるなど、自分への劣等感に心をとらわれているのです。
 人はなざ劣等感で悩み、苦しむのかという問題について、それは自分自身に執着しているからだそうです!?自分への執着とは、周囲からいい人と思われたい!?誰からも好かれたい!?人に尊敬されるような人でありたい!?そんな見栄や虚栄心といった執着新から、劣等感が生じるそうです。人と比べて、自分をよく見せたいという気持ちが強いため、かえって自分のマイナス面に心をとらわれてしまいます。人からの批判や非難を浴びると、必要以上に傷ついて落ち込み、自信を失っていくのです。そうした執着心をすべて捨て去ってしまえば、おのずと劣等感も消えていくのです。自分への執着心に気づき、人から見られてもいいと思いきることで、悩みやいら立ちといった感情が消え、ラクな気持ちで生きていける、ペタンクも大いに楽しむことができるのです。





 
 自分はダメ!?という思いは、そもそも自分の心が勝手に作り出したレッテルで、事実は違うと気づくことが大切です。それに気づかず、自分の心がつくった劣等感に苦しんでいるうちは、前向きに頑張ることもなかなかできないのです。心を切り替えられない人は、事実はどうなのかを確かめ、よく理解することが、むやみな劣等感から逃れるきっかけのひとつになります。人間は本来、執着心などもたない存在だそうです。執着心を捨て、本来の自分にリセットすれば、劣等感からも解放されるのです。自分をよく見せたい、人より優位でありたいという執着に心をとらわれているうちは、本来の自分らしさを見失ってしまうのです。そうした見栄やプライドを捨て去り、本来の自分に戻れば、劣等感といった雑念に心を惑わされることもなく、悩みや苦しみから解放されるそうです!?ありのままの自分を受け容れ、自分が本来もつ長所も短所もありのまま認識することができます。人と比べて、自信を失う必要もないのです。

Mondial Pétanque 2017 : finale des jeunes en intégralité


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思考・感情・言葉・行動の4要素 | トップ | その問い方が、脳を変える!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。