katsuobihoro’s blog

カツオのペタンク日記 
ペタンクに関することだけを書くこだわり、自己満足ですがペタンク仲間からの応援に感謝感謝です!?

オホーツクブルーの最高のペタンク日和

2017-06-19 08:29:50 | 日記
ペタンクでのフィード・フォーワード理論

 フィード・バックという言葉はよく使われます。すでに起きたことを今の行動で決めるときの情報として生かすという意味があるそうです。自分の投球を見てもらい、どうなっているのかを言葉でフィード・バックしてもらう!?行動の振り返りをすることは大切なのです。起きたことに関する状況をしっかり把握し、その情報を生かすことによって次の行動をベターなものにすることができるのです。しかし、振り返り、後悔し、反省するよりも、もっと前向きな考え方があるのです。
 それは、フィード・フォワードという考え方です。フィード・フォーワードとは、これから起きること、起こしたいと望んでいることを基に、今の行動を決めるという意味です。達成したい目標を明確にイメージして、さらにその目標が達成された状を具体的にイメージします。そのイメージした状況を実現するために、今の時点から達成される時点までの自分の投球、行動をコントロールするという手法です。いわば、目標達成をイメージで先取りし、その先取りした状況に自分の投球がマッチするように行動するのです。
 投球する上で、ドネからのボール転がりを読み、投げた結果から調整するのはフィード・バックしたことに調整となります。ドネからの転がりの読みはフィード・フォーワードで、寄せたい、当てたいターゲットに向けて方向性と距離感をマッチさせる、ドネまでのボール軌道やターゲットまでのボールの軌道をガイドするといった働きをするのがフィード・フォーワードという考え方です。
 このフィード・フォーワード理論に基づくのイメージ・トレーニングの基本理論の柱となっています。
❶達成したい目標は、自分の存在の核心からでてきたものでないと、達成状況がイメージとして描きにくい。逆に、自分がこころから願っていることならイメージしやすい
❷イメージした(できた)状況を実現するために、意識と行動を統一すると、目標が達成に近づく
❸実現したイメージを描ける目標は、必ず実現できる


 
 土日の北見の大会、ペタンク日和に恵まれて最高の大会となったのではないでしょうか!?来月は日本選手権北海道予選大会が札幌で、そして北の大地のペタンク大会が美幌、本町で開催されます。道内協会の参加申し込みはこれからだと聞いていますが、ダブルスで道外から27チームがエントリーされ、道内の参加が心配となって各協会へ事前に聞いてまわったところ、20チームも来ないとのことで制限することはなさそうです!?北見協会からの参加を依頼して、7月のオホーツクブルーの下、大会盛会を祈念しています。


 
 また、日本選手権北海道予選の参加チームも心配です。昨年は北見協会男子3位の活躍がありましたが、予選参加チームも激減しています。中には、協会内でのチーム結成ができない協会もあるという話なのですが、北海道代表を決めるのに、協会内だけの編成はおかしいと思います。選手権に出たい、こんなペタンクをやりたい、道内の会員が協会枠を外して交流していかないと、日本選手権で結果を出すのは難しいと思います。自分の得意な役割を活かしたり、交流することで北海道全体のレベルを上げることです。協会として会員への大会を主管したり、参加したりすること。道連盟として主催したり、日本選手権への道代表を決める!?それぞれが縦横断的な会員の交流なくして、明日のペタンクなどないのです。未来の視点から今の行動を決める、フィード・フォーワード理論なのです。


 
 自分のブログで何回か書いているのですが、北海道のペタンクレベルアップのために、協会とともにクラブを結成すべきだと思います。クラブを優先すると、クラブ会員以外のチーム編成ができなくなる、協会としての運営に支障となるとの心配もありますが、協会のないペタンク愛好者との人の縁をクラブという形でペタンク普及に貢献させることも必要だと思います。ペタンク会員が増えるのは人の縁です。仲間に誘われてペタンクをやりはじめるのです。会員数が減少していく協会、増えている協会、その取り組みはフィード・バックする必要があるのですが、ペタンクの明日を考える、国体種目にするためには、さらなる会員を増やす取り組みが必要になります。そのためにも、近隣の仲間をクラブとして協会の傘下に入れることも必要であり、今の協会内の地域クラブをさらに増やすことも大切です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大会速報!! | トップ | ペタンクでのストロークの効... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。