kenharuの日記

自由気儘な旅を楽しみませんか。キャブコンならシニアの身体に優しい、疲れない旅が可能。詳細はブックマークからHPへ。

熊本県を南下

2017-04-19 | 旅行記
道の駅「うえき」で友人と別れ、国道3号を南下した。

馬刺を買おうと、いつもの肉屋に立ち寄ると、あいにく休業日。
熊本市街に入る頃から、屋根にブルーシートを被せた住宅が目立つようになった。

1年前の地震で、地元の屋根屋はいったい何年分の仕事を抱えたのだろう。

クルマで熊本城を一回りしてみると、石垣が何か所も崩れたままになっている。



駐車場係が「満車」の看板を掲げていたので、熊本城見物はやめにした。

国道3号をさらに南下。
途中のスーパーで、奄美産の新物ニンニクを発見。

500グラム入りが480円、青森産の半額以下である。
乾燥処理をしていないので、干せば軽くなるが、それでも安い。
ホワイト六片ではなく、暖地型品種である。

3袋(1.5㎏)を購入し、ネットに入れて、後部ラダーにくくりつけた。

自宅にたどり着くまで風乾して、重さが1.2㎏程度になったら炊飯器で熟成させよう。
新物だから美味しい黒ニンニクになる筈だ。

ニンニクを干しながら、さらに3号線を南下。
宇城市の道の駅「うき」に到着すると、早速デコポンを物色。

愛媛産に比べれば、姿は良いが値段がかなり高い。
自家消費なら愛媛、贈答用なら九州かな。

夕方、デコポンの発祥地で温泉入浴。


晩餐で美味しかった肴は、馬肉の煮込み。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩餐会 | トップ | デコポン街道 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
南九州 (MAX)
2017-04-19 21:45:55
けんはる様、楽しい旅のようで何よりです‼
もう少し3号線を南下すると津奈木という町があります。ここの3号線沿いの温泉は面白いです。ゴンドラで上がった先に露天風呂もあります。是非!
その先の薩摩川内市は私の故郷。そこの船倉珈琲は絶品で珈琲の師匠です。また、更に南の串木野にはパラゴンという名店がありここのスピーカーは一見の価値があります。
Unknown (gabaru)
2017-04-19 21:53:10
馬刺は大好きですが煮込みも美味しいですか。今月末に熊本に行って食べたいものです。胃薬をしっかり持って行きます^_^
Maxさん (kenharu)
2017-04-19 22:16:42
ゴンドラで上る露天風呂には、たぶん2回入っています。他に客のいない時間にのんびりと入った記憶があります。

お師匠さんの珈琲と聞けば興味が湧きますね。そこまで南下することがあれば、立ち寄りたいと思います。
gabaruさん (kenharu)
2017-04-19 22:31:20
これは買ったままではなく、生姜と酒と味醂を加えて、フライパンで調理しなおしたものです。説明不足でスミマセン。

良い馬刺しは味わい深いですね。観光客向けの店では、旨味のないのを買わされることがあり、要注意です。
熊本城 (kazoo)
2017-04-20 08:50:07
先日の日曜日、NHK特集で熊本城の石垣構造についての番組があり、加藤清正が築城した当時の武者返しの石垣は崩れず、西南の役後の明治に修復された石垣が崩れていることの相違についての番組でした。学者さんによると特殊な計算式にて設計されたのが加藤清正の石垣で、慶長伏見の大地震を経験した清正が職人に命じて作らせた構造だそうです。もちろんそんな物理学的な計算方式を当時、分かっていたはずもなく、知恵で生み出された構造なんでしょうけど、すごいと感じましたね。熊本県民のシンボル、熊本城の早い修復が望まれます。
kazooさん (kenharu)
2017-04-20 09:04:46
いつの時代にも賢い人がいるんですね。本来積み上げの知識である科学技術分野でも、昔の一個人が素晴らしい仕事を遺しているのには驚かされます。
ニンニク… (ハーブ山口)
2017-04-20 12:13:28
師匠😁

奄美の新物ニンニク私も欲しかったです(笑)

やはり暖かいから、もう新物が出ているのですね。
オットトが待っているので
通過せず寄って下さいね。
ハーブ山口さん (kenharu)
2017-04-20 13:25:51
マックスバリューで見つけたものです。
足りないので、後日に香川県産をネット購入するつもりです。
旅の残り日数はあと僅かで、予定が窮屈になってきました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む