kenharuの日記

自由気儘な旅を楽しみませんか。キャブコンならシニアの身体に優しい、疲れない旅が可能。詳細はブックマークからHPへ。

災難ふたつ

2016-10-14 | 旅行記
道の駅「岩城」の朝。
独特な岩城漁港が見える。
本州では初めての「島式漁港」なのだそうだ。

ここは遠浅の砂浜なので、漁港が作りにくい。
そこで、人工島を作って、その中に漁港を設置しているのだ。

1級国道並みに立派な橋を歩いて、島へ渡ってみた。
島はドーナツ型の防波堤に囲まれた、船溜まりになっていた。
ごくちっぽけな漁港である。

ネットで総工費を調べてみると52億円で、その半額が国庫補助らしい。
漁港に係留していたのは、ほんの数隻の小舟。
出港中の船があるにしても、1隻当たり幾らの税金を納めているのか・・・


さて、今日は長距離を移動した。
秋田の岩城から、山形県の米沢付近まで、一般道で250キロほどを走った。
そのゴール付近で、二つの災難に会った。

災難のひとつ目は、米沢周辺の「稲わら焼き」。
その煙が、田園地帯から街並みまでを覆っていた。
気管支アレルギーのあるカミさんはもちろんだが、平気な筈のボクでさえ、喉が痛くなった。
隣の秋田県には、稲わら焼き・もみ殻焼きの禁止条例があるが、山形県には無いらしい。

煙は広大な米沢盆地全域を覆っていて、夕日が黄色っぽく見える。
呼吸器の弱い米沢市民には気の毒である。
道の駅「たかはた」に泊まる予定を取りやめ、二井宿峠を越えて、盆地の外に出ることにした。
疲れを押して、30キロ先の道の駅「七ケ宿」へと、暗い山道を走った。

七ケ宿に到着したと思ったところで、二つ目の災難。
カーナビのデータに間違いがあり、そこは道の駅ではなかったのである。
およそ4キロを引き返して、ようやく、今夜のねぐらに入ることが出来た。
やれやれ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 故郷を離れる | トップ | また災難 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
災難…(TT) (ハーブ山口)
2016-10-15 17:36:33
気管支喘息辛いですよね。

ベテランのケンハルさんでも、こんな事があるのですね…

無事に道の駅到着できて良かったデスネ♪(^^)

私達は、仕事を終え只今ハウステンボスへ向かう途中です(笑)
Unknown (kenharu)
2016-10-15 20:39:11
山形の稲藁焼きは去年懲りたのに、今年もしくじってしまいました。
ハウステンボス楽しんでください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む