kenharuの日記

自由気儘な旅を楽しみませんか。キャブコンならシニアの身体に優しい、疲れない旅が可能。詳細はブックマークからHPへ。

庭の古池

2017-07-11 | 旅行記
借家の庭に古池がある。

水は、アオミドロが繁殖して、汚らしい緑色。
時々、魚の赤い背中がボンヤリと見えるが、金魚なのか鯉なのか、判別できない。
近づくと水中に消えるから、長いこと放置されて野生に戻ったのだろうか。


注水の配管はあるが、何年も水を入れていないようである。
水はどこから引いているのだろう。
塩ビパイプをたどって、水源を探した。

パイプは渓流の石垣を横に這わせているが、その途中が折れている。
石垣を昇り降りする、釣り人が踏んだのだろうと思う。

さらにその先は、橋桁下を通して、川向うまで伸びている。

対岸の田んぼは、こちら側より高いから、向こうに水源を求めたようだ。

塩ビ管と一緒に、電線コードが見えているのは、借家の先住民が橋の下で遊んだ痕跡だと思われる。
塩ビ管は、途中で土中に埋まったり、草が生い茂って見えないから、繋がりをたどるのに手間取った。
もう一箇所外れているところがあって、これは簡単に繋ぎ直せた。

塩ビ管の最終部分は、水路に添って横倒しに置かれていたので、これを水路に入れた。
そばの草むらに、おあつらえ向きの石が置いてある。
なるほど、これを塩ビ管に載せて、沈めるのだな・・・
先住民の意思が伝わってくる。


塩ビ管に水が流れ込んだので、橋を渡って、折れた配管のところへ戻った。
折れた部分から、勢い良く水が出ている。

よしよし、あとはここを繋げば池に水が入るぞ。

池に水を入れると、じきに満水となって、庭にあふれ出した。

これで注水を止めれば、水は汚いままになる。

池には排水管が見当たらない。
かけ流しシステムになっていないのだ。
必要な都度、水を入れ替えていたと思われる。

塩ビ管の脇から、池の中に入っているビニールホースがある。
たぶんこれに水中ポンプを付けるか、サイフォンにして、石垣下に排水したのだろう。
サイフォンにするには、ホースが短すぎるので、借家の軒下に落ちていた正体不明のプラスチックホースを加工し、ビニールホースに繋いだ。


ホース内を水で満たし、先端に石をくくりつけて池に沈めると、思惑通りに石垣下への排水が始まった。


ホースが細いので、池の水位を下げるのに、長い時間がかかる。
排水と注水を何度か繰り返すと、徐々に水が透明になった。

動きのなかった緑色の水たまりが、錦鯉の泳ぎ回る池に大変身。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涼み処 | トップ | 高齢者講習 »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふくろうキャンカー)
2017-07-11 17:53:01
立派な池に戻りましたね。
しっかり直して来年も借りましょう。
修理費用は家賃から引いて振り込みですね(笑)
こちらは猛暑 (gabaru)
2017-07-11 18:22:35
こんにちは。そちらは別天地のような気候ですね。近所には涼しい清流があり、庭には古池もありなかなか風流な所ですね。羨ましい限りです。こちらは猛暑なので家の中でクーラー掛けてじっとしています。ちょっとCCの冷蔵庫について教えて下さい。私のCCの冷蔵庫の排熱孔は室内にしかなく、この時期にはかなり暖かい空気が出て暖房が入っているみたいです。解決策としては夜にはOFFにするか、車体側面に排気口を開けファンを取り付けるしかないですかね。車体に孔を開ける勇気が出そうにありませんが。
フクロウさん (kenharu)
2017-07-11 18:44:59
公共の橋に配管を取り付けて、農業用水を自分の庭に引くというのは、いかにも田舎らしくて面白い体験です。
昨日は、水漏れする蛇口を自分で修理しましたが、全部が大家さんへのサービスです(笑)
ここは古家なのに、普段から丁寧に風を通しているようで、カミさんの喘息アレルギーも出ませんから、安心して暮らせます。
gabaruさん (kenharu)
2017-07-11 18:49:43
ボクの車には排熱口がありますが、ガス冷蔵庫に備えた穴だと思います。電気冷蔵庫の場合は、室内への排熱が多いのではありませんかね。
山女魚、岩魚の養魚池に (マル)
2017-07-11 19:55:16
絶えず流して循環出来れば養魚池として使えませんかね
時々庭先にファイバー製の溜池にホースで水が流れ続いているのを見ると山女魚、岩魚が飼えると思ってます
民宿などでの利用も有ります!
鳥や獣の対策も必要でしょうが…
7/7に隣の大北川とこの川に成魚放流がされたようですよ
マルさん (kenharu)
2017-07-11 20:52:18
既に取水は出来ています。
問題は排水。サイフォンは一時的にしか使えませんから、溢れた水を自然に流す排水管を作れば可能です。
タケさん (kenharu)
2017-07-12 11:04:24
スミマセン!
名前が無かったので、読まずに削除しましたが了解しました。
嫌がらせ書き込みは、読まずに削除するか、読みかけて気づいた瞬間に削除していますので・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む