kenharuの日記

自由気儘な旅を楽しみませんか。キャブコンならシニアの身体に優しい、疲れない旅が可能。詳細はブックマークからHPへ。

柚子胡椒づくり

2016-10-17 | 食べ物
ボクは毎年、自家消費用の柚子胡椒を自作している。
市販品は塩辛すぎて、気に入らないからである。
今年は、庭の柚子の樹に、久しぶりに実がついた。
自宅の柚子で柚子胡椒を作れるのは、何年ぶりのことだろう。

材料は激辛の青唐辛子と柚子である。
二つの材料は、手に入る時期が少しずれている。
だから、夏のクルマ旅の途中に青唐辛子を買い、あらかじめ塩漬けにしておいた。

左下のポリ袋が、青唐辛子の塩漬けで、300グラム弱あった。

青唐辛子をフードプロセッサーで細かくして、右上のどんぶりに入れた。

柚子は表面の黄色い部分(青い実なら青い部分)だけをすり下ろす。
黄色い部分の下層にある、白い部分は使わないから、柚子はごく表面しか使わない。
15個ぐらいを擦っても、これだけしか採れなかった。

両方混ぜ合わせて、塩を加えれば出来上がりで、とてもシンプルである。
塩加減は全重量比8~10%にしている。
小ビンに詰めたら、たった4つにしかならなかった。

1年分のつもりで作ったが、これでは足りないだろう。
最近は、溶かしバターに柚子胡椒を混ぜたものを作り、パンに塗って食べたりするので、消費量が増えている。

食べ始めるのは、常温で1か月寝かしてからだ。
寝かし終えたら冷凍保存する。
ボクは、混ぜてすぐ冷凍保存したものと、ひと月寝かせたものを食べ比べたことがあるが、明らかに旨みが違っていた。
寝かせたほうが美味しい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 留守宅のカビ対策成功 | トップ | kenharuのテレビ出演 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む