カモシカさんの山行記録・旅日記etc.

山は心のふるさと。登山(アルプス~低山まで)・ハイキング・小旅行の気ままな記録です。

GW上高地 <穂高とサルの表情>

2017-05-19 | 山行記録

 

 GW上高地 <穂高とサルの表情>

 

 いつもの快晴とはならず、1日中髙曇りの天気だった。 (前日2日は快晴の上高地であったのに)

 青空が見えないとちょっとテンションが下がるが、残雪の穂高や明神岳をじっくり眺めるのは、いいものだ。

 

 それにも増して、今回はサルの群れの観察が長い時間楽しめて面白かった。

 上高地のサルのいろいろな表情がたくさん撮影できたこともトピックスの一つである。

 

 先ずは、大正池にて。 水面に映る穂高連峰♪

 

 

 

 西穂~間ノ岳~天狗岳~畳岩~ロバの耳

 

 畳岩~ロバの耳~奥穂~吊り尾根~前穂

 

 前穂手前に明神岳

 

 焼岳

 

 

 青空だともっと映えるのですが、、、、。

 

 田代湿原と残雪の遊歩道

  

 田代湿原は氷と霜。 遊歩道は残雪たっぷり。昨年は全く雪がなく拍子抜けだったのに。

 

 サルの群れとの遭遇。 表情豊かなお猿さんたちの様子を撮影できた♪

 

 

 活動的な若いサル

 

 日向ぼっこが気持ちいな。 老猿。

 

 子連れの母ザル。

 

 左の子ザルの方が、少し早く生まれたようだ。一回り大きくて、行動的だ。

 

 こちらは、まだ生まれたばかりのとっても小さな可愛い子。

 

 母ザルと子ザルのツーショット。 カメラを向けるとこのようなポーズでモデルセンスよし!

 

 ちょっかい出して、母ザルに怒られたチビちゃん!

 

 母ザルに優しく抱かれる子ザル。 人間と同じだ。

 

 毛づくろいをしてもらい 気持ちよさそう♪

 

 相棒がいないサルは、自分でくづくろい。

 

 穂高連峰を眺める猿♪

 

 高いところからカモシカを見下ろす猿。 「おまえさん、どこから来たんだい?」

 

 枝をたぐい寄せて 木の芽を食べる子ザル。

 

  河童橋方面へ向かう遊歩道からの穂高の眺め

 

 高曇りの天気のため白黒写真みたいだ。

 

 

 岳沢、奥穂へズームイン!

 

 西穂方面

 

 ロバの耳~奥穂方面

 

 河童橋と穂高連峰

 

 

 山に向かう登山者たち。GWのお約束の光景だ。

 

 

 

 

 定番の穂高と梓川の流れ

 

 

 

 

 

 さらに進んで小梨平から。

 

 

 

 

  明神岳を眺めながら、明神・徳沢へとハイキング。

 

 遊歩道を回り込んで進むので、見え方が変わる。

 

 明神館前にて

 

 明神南峰、主峰へズームイン! 迫力ある眺めだ。

 

 徳沢にて

  

 少しだけ青空が望めた。

 

 

 

 明神と前穂を見上げることができる。

 

 明神橋にて~再び、サル

 

 橋のワイヤーを行進してくる。

 

 

 子ザル、しくじり。。。 サルもワイヤーから落ち損ねる(笑)

 

 

 母ザルの背中にしがみついて移動する子ザル。

 

 

 

 

 雪解け後、地面から顔を出したみるい芽は、最高のご馳走だ♪

 

 河童橋に戻る

 

       穂高に向かって ジャンプ!

 

 焼岳

 

 梓川と穂高。

 

 再び午後の大正池から。

 穂高よ さらば。  また来る日まで。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十二ヶ岳etc.縦走 | トップ | GW チューリップ&青空&北... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (つばさ)
2017-05-23 05:42:52
水面に映った穂高、素敵ですね。
猿もいろいろな表情としぐさがあって、面白いですね。私が行った時も猿を多く見かけたのですが、もっとじっくり観察すればよかったです。
つばささん (カモシカ)
2017-05-25 21:44:22
大正池に映る穂高を眺めるのも楽しみの一つです。天気はイマイチでしたが、今回は、猿たちの行動観察が間近で出来て面白かったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。