カモシカさんの山行記録・旅日記etc.

山は心のふるさと。登山(アルプス~低山まで)・ハイキング・小旅行の気ままな記録です。

安倍首相と籠池理事長の接点有り 「とくダネ!」

2017-03-10 | 徒然

  惚れた妻の講演で

 あなたのウソが わかるのよ~♪

                                          (中条きよし

 安倍首相は、籠池理事長とは会ったことはなく

 「妻を通じて聞いていた」という話を連発していたが、

 フジテレビ「とくダネ!」の昭恵夫人の講演会の映像

 「嘘!」が露呈した。

 安倍首相の嘘は、今に始まったことではないが、

 またかという感じです。

 「到知」2015年4月号で 籠池理事長も

 「安倍首相には当園に足を運んでいただいたこともあり」と記述している。

 

 

 

 「アッキード事件」という命名、案外、当たっているかも。。。。。

 

 安保関連法案の強行採決 多くの国民無視 勝手な憲法解釈 偽りのアベノミクスetc.

 再検証した方がいい事柄も山ほどありますね。

 

 

追記:

森友学園理事長長男

「関係が深い自民党の先生の名前明かす」

NEWS ポストセブン 3/6(月) 7:00配信

 鴻池祥肇・元防災相が緊急会見で「無礼者! とカネは突き返した」と言えば、安倍晋三・首相は国会で「会ったこともない」と繰り返す。国有地払下げ問題の疑惑拡大とともに森友学園と“親交”があった政治家たちが一斉に手の平を返すなか、「あんなに応援したのに、政治家の先生方の物言いには納得がいきません」と怒る新たな証言者が現われた。

 森友学園が幼稚園児に教えている君が代や軍歌の斉唱も、教育勅語の朗読も、「安倍首相ガンバレ」の激励を含めて、安倍首相の教育観と親和性が高い。だからこそ首相は国会で同学園の籠池泰典・理事長について最初はこう激賞してみせたはずだ。

「いわば私の考え方に非常に共鳴している方でですね」
「妻から森友学園の先生(籠池氏)の教育に対する熱意は素晴らしいという話を聞いている

 ところが、森友学園批判が強まると発言を一変させた。

「学校がやってることの詳細はまったく承知していない」
「個人的には一回もお会いした記憶はない」

 さらには森友学園が「安倍晋三記念小学校」の名称で新設する小学校の寄付集めをしていたことについて、首相は何度も断わったと説明したうえで、「教育者の姿勢としていかがなものか」「この方は簡単に引き下がらない。非常にしつこい」と酷評した。こうした首相の“豹変”に怒っているのが籠池氏の長男・佳茂氏だ。

「父は安倍先生の熱狂的な支持者なんです。安倍政権ができた時には、日本という国が本当によくなると本当に喜んでいた。父の気持ちは安倍先生にも伝わっていたと思います。だから父のことを『立派な教育者だと聞いている』と仰った。

 それがいまや安倍先生から、『しつこい』とか、『教育者としていかがなものか』とまで言われ、あれだけ一所懸命応援していた父がどんなにショックを受けているかと思うと黙っていられません」

 佳茂氏は本誌のインタビューに応じ、安倍首相との面会から、日本会議との接点、稲田朋美・防衛相や山谷えり子・元拉致担当相との奇しき縁まで語った。

 

 

 追記:

妻・アッキーの森友学園スキャンダルで安倍「退場」の大ピンチ  

自民党の重鎮たちが 「小池シフト」を始めた

現代ビジネス 3/8(水) 7:01配信

 

 奔放に飛び回る妻を自由にさせる、理解ある夫――安倍総理のそんなスタンスが女性からの支持率を上げてきた。

だが、総理も今度ばかりは後悔しているかもしれない。この疑惑は簡単には晴れない。

 
問題だらけの土地取引

 「近いうちに、あの小学校にどんな人物がいくら寄付をしていたか、リストが出てくるでしょう。ここに名前が挙がる人脈を精査されれば、安倍総理は大ダメージを受ける。トランプ政権ともまずまずうまくやれているし、当分政権は安泰だと思っていたけど、これは本当にまずいかもしれない」

 ある官邸スタッフはこう漏らした。

 誰がどう見ても、真っ黒な土地取引――それがこともあろうに、安倍総理を直撃し、官邸に激震が走っている

 件の土地は、大阪府豊中市に4月開校予定の私立小学校「瑞穂の國記念小學院(以下、小學院)」の用地。

 同校の経営母体が、「教育勅語」を園児に毎朝暗唱させる「愛国教育」で有名な、大阪市の塚本幼稚園を運営する学校法人森友学園であること、さらに、同校の名誉校長に安倍総理の妻・昭恵夫人が就任していることは、本誌先週号でも報じた通りだ。

 森友学園がこの小學院の用地を、評価額のおよそ10分の1という不当な安値で購入した疑惑で、衆院予算委員会は大紛糾している。

 「土地は広さ8770平方メートル、鑑定評価額9億5600万円。もともとは近くにある伊丹空港の騒音防止のための緩衝地帯として国が買収していましたが、'05年以降区画整理・集約され、売りに出されたという経緯があります」(民進党衆院議員)

 これに対して、森友学園による購入価格は1億3400万円。8億円あまりの割引は、「土地の地下に埋まったゴミ処理費用を補填するためのもの」というが、同学園の理事長・籠池泰典氏は「(ゴミ処理にかかった費用は)1億円くらい」と証言しており、金額が明らかに食い違っている。

 以下のやりとりは、取引について'15年2月に行われた、国有財産近畿地方審議会の議事録からの抜粋だ。

 〈近畿財務局管財部次長「きちんと期日までに小学校が実際にできるかどうかというところでまず、もしできなければ事業予定者とはいえ(中略)土地を更地にして返して下さいよということを義務づけています」

 委員「来年の4月にもう開校になっているのですね(中略)それから寄附金で建物を作ると。これだけでも10数億はかかるはずですよね。(中略)非常に異例な形だなという感じの印象を持っています」「今までの案件と随分、性格を異にするような案件のように私は思っています」〉

 この時すでに、取引について「問題ない」と強弁する財務局官僚に対し、審議委員たちが強烈な違和感を抱いていたことがうかがえる。

 しかしその後、森友学園には、校舎・体育館の木造化による国土交通省からの補助金6200万円なども出されることが決まった。これらを合わせて、同学園はほぼ「実質負担額ゼロ円」で土地を取得したというから、疑念は深まる。

 安倍総理にとって大きな誤算だったのは、昭恵夫人がこの森友学園に、思った以上に肩入れしていたことだ

 「普通の公立学校の教育を受けると、せっかくここ(注・塚本幼稚園)で芯ができたものが揺らいでしまう」「日本を誇りに思える子供たちがたくさん育っていってほしい」

 昭恵夫人は一昨年9月に行われた小學院の設立記念講演会で、森友学園の教育方針をこう褒め称えていた。さらには小學院のホームページにも、

 〈籠池先生の教育に対する熱き想いに感銘を受け、このたび名誉校長に就任させていただきました。

 瑞穂の國記念小學院は、優れた道徳教育を基として、日本人としての誇りを持つ、芯の通った子どもを育てます〉

 と記している。総理の妻でありながら、公立学校の教育を否定している点が、「アッキー」らしい暴走と言えよう。

 

 3月10日 追記:

 籠池氏、理事長退任。

国有地の売却をめぐる政治家への関与については

「口利きはしてもらってないし、安倍首相や明恵さんからは 何もしてもらったことはない。」と語った。

 

田原総一朗「森友学園問題で逃げ回る自民党議員たちの『おびえ』」〈週刊朝日〉

dot. 3/9(木) 7:00配

 

森友学園の問題について自民党議員はただ逃げているのではなく、なぜか怖がっている

 ジャーナリストの田原総一朗氏は森友学園の問題について、「謎が多い」という。

*  *  *
 幼稚園の園児たちに、毎朝「教育勅語」を唱えさせ、運動会の選手宣誓で「安倍首相、頑張れ」「安保法制国会通過良かったです」などと言わせている。この国に、こんな時代錯誤のとんでもない学校法人があると知って、驚くと同時にあきれ果てた。大阪の森友学園のことである。

 ところが、安倍晋三首相夫人の昭恵氏が、なんとこの学園に講演に行き、新設予定の小学校の名誉校長に就任していたという。なんと森友学園は小学校を設立するための寄付金を集めるときに、「安倍晋三記念小学校」を設立するとうたっていたということだ。安倍首相は、森友学園の認可や設立には自分も夫人も一切かかわっていないと国会で何度も言い切っているが、昭恵夫人は名誉校長として学園のホームページにもメッセージを寄せていた。問題が表沙汰になって昭恵氏は名誉校長を辞任したが、安倍首相は昭恵氏の名誉校長就任などについて「あくまで私人としてやった行為」だと弁明している。

 だが、この弁明は説得力を欠いている。首相夫人でなければ森友学園が名誉校長を頼むことはなかったはずだし、夫人には5人もの公務員のスタッフがついているのだ。

 それに安倍首相自身、森友学園の教育のあり方には賛成していたのではないか。そうでなければ昭恵夫人の名誉校長就任を承諾しなかったはずである。

 森友学園の理事長・籠池泰典氏は、日本会議大阪の幹部でもあるようだ。安倍首相は、「私や妻が(認可や売却に)関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」と言い切っている。

 森友学園の小学校設置について、大阪府の私立学校審議会では、反対意見が多かったようだが、府の職員たちが懸命に説得したのだという。府の職員たちの間では、森友学園問題は「政治案件」ということになっているようだ。

 認可問題もあるが、それ以上の大問題は国有地の払い下げ価格の、尋常でない下がり方だ。当初の9億5600万円が1億3400万円と約8億円も値引きされたのだ。しかも、国は事前に汚染除去費用として1億3176万円を森友学園に支払っており、国庫には約200万円しか入っていないのである。価格がこんなに下がったのは有力政治家が絡んでいるに違いない、と野党もメディアも強い疑念を持ち、だから大阪の一学校法人の小学校設立が、これほどの大問題となったのだ。

共産党の小池晃書記局長によって、自民党の国会議員がかかわっていることが明らかになった。鴻池祥肇元防災担当相である。2014年4月に参院議員会館の事務所で籠池理事長夫妻と会っていたのだ。鴻池氏によると、そのときに籠池夫人が紙包みを出したが、「無礼者!」と言って投げ返したという。だが、カネが入っていたともとれる紙包みを出したということは、何か大事なことを頼みに来たのであり、それは国有地払い下げにかかわることであろう。それにしても、なぜ鴻池・籠池の面談記録を共産党が入手できたのか。この事件には謎が多い。

 実は、あるテレビ局が森友学園の問題で自民党と民進党との討論を企画し、私に仕切り役を依頼してきたのだが、自民党議員の誰もが逃げて、企画は成立しなかった。ただ逃げているのではなく、なぜか怖がっているのである。

※週刊朝日 2017年3月17日号

 

森友訴訟に出廷記録、稲田氏が答弁撤回し謝罪へ

読売新聞3/14(火) 12:25配信 

 稲田防衛相は14日午前の参院予算委員会理事会で、学校法人「森友学園」(大阪市)が起こした民事訴訟の口頭弁論に原告側代理人として出廷したことを認め、学園の裁判に関わったことはないとする国会答弁を撤回し、謝罪する考えを自民党理事を通じて各党に伝えた。

 稲田氏は14日午後の予算委で答弁の撤回などを明らかにする見通しだ。

 稲田氏は13日の参院予算委員会で「森友学園の事件を受任したことも、裁判を行ったことも、法律相談を受けたこともない。(稲田氏に)顧問をやってもらったというのは虚偽だ」と答弁していた。しかし、2004年に森友学園が起こした民事訴訟の口頭弁論に出廷したことを示す裁判所の記録があることが一部で報道された。

 稲田氏は14日午前、参院予算委の自民党理事に対し、「裁判記録がある以上、私の記憶違いだ。(過去の答弁を)撤回し、謝罪しないといけない」と語った。夫との共同事務所が森友学園と顧問契約を結んだことについても、「事実かもしれない」と述べた。自民党理事が予算委理事会で明らかにした。

 

 某ブログへのコメントをコピーして掲載します。 

2017-03-14 17:40:39予想通りとは言え、稲田は辞任を否定した。安倍も同様な見解を述べたらしい。まあ、いいでしょう。その代わり、安倍
の政権維持の拠り所である内閣支持率は確実に大幅低下する。

今の内閣支持率は消極的支持であり、真の意味で支持されている訳では無い。安倍もそれをよく理解している
からこそ、マスコミを恫喝し忖度させ支持率維持に躍起になっている。どちらにしても稲田朋美により内閣支持率
が大幅低下する事に変わりは無く、更迭か擁護逃げ切りのどちらにすれば内閣へのダメージが少ないかの違い
だけだ。このアッキード事件は、もぐら叩きになっているので、安倍の立場からすれれば、稲田を更迭した方が
賢明。

それにしても、大臣があそこまで言い切って完全否定したのに、翌日それが事実では無かったので訂正し謝罪
すればそれで許されると思っているのだろうか。そんな事が許されないからこそ、国会での答弁は重要なのだ。
ましてや、記憶が定かでないものは、確認をさせてくれ、という許しを得てまでも慎重に答弁する事は、国会議員
足るもの、常識中の常識。今回のケースを許したら、悪しき前例となるのは間違い無い。許してしまえば、以後、
大臣の答弁は問題となっても後に訂正謝罪すればそれで無罪放免となり、国会の権威など無くなる。
こんな事は書くまでも無い事。

<任命権者の安倍総理も責任取るのが筋だろうが、

  毎度この方は「責任は私にもあります」と口先だけで責任を取ったことがない

責任とって、責任とって あなたも 男なら~♪ <奥村チヨ>

 

 

籠池氏、調査に「首相から100万円」 官房長官は否定

 

朝日新聞デジタル 3/16(木) 15:27配信

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地払い下げ問題をめぐる参院予算委員会の16日の現地調査で、籠池(かごいけ)泰典理事長への聞き取り調査を終えた舟山康江氏(民進)が記者団に「(籠池氏が)安倍(晋三)首相から、(昭恵)夫人を通して100万円をもらった、と語った。時期は2015年9月ごろ」と説明した。



 一方、菅義偉官房長官は同日午後の記者会見で、首相に確認したところ、「自分では寄付していない。昭恵夫人、事務所等、第三者を通じても寄付していない」との説明があったことを明らかにした。昭恵氏が個人として寄付したかどうかについても、念のために確認していることも説明した。

 現地調査では、山本一太委員長ら11人が学園が開校をめざしていた大阪府豊中市の小学校建設現場も視察した。敷地内では、籠池氏の案内を受けた。

 学園や籠池氏について、首相はこれまで、国会で「私や妻が(国有地売却や学校認可に)関係していたことになれば首相も国会議員も辞める」(2月17日の衆院予算委)、「複数の中でお目にかかったかもしれないが、少人数ではない。個人的な関係は全くない」(同28日の参院予算委)と答弁している。

朝日新聞社

 

3/16(木) 17:47配信「安倍首相から寄付金が入っている」という発言があった、森友学園の籠池理事長だが、理事長と野党4党の議員が、16日午後、面会を行った。
大阪・豊中市の籠池理事長の自宅で、面会は16日午後3時ごろから始まり、90分ほどで終わった。
報道陣が大挙する中、国会議員の野党5人が出てきて、それを見送る形で、籠池理事長も外に出てきた。
その中で福島議員は、「籠池氏本人は、国会で話す意志がある。与党さえ賛同すれば、いつでも本人は国会に来て、話す意志があると言っていた」としている。
そして、福島議員自身も、「信頼に値するようなものがあった」、「名前はなかったが、寄付金の名簿を見た」という。
おそらく、籠池理事長が残していた寄付金の名簿のようなものに、日付と額が書いてあって、福島議員は、「名前はなかったが、信頼に値する内容であった」と話している。
そして、福島議員は「9月5日の講演会で、安倍昭恵夫人を通して100万円という額をもらったというふうに、籠池理事長が話している」としている

 

爆弾発言の籠池氏、それを否定する安部総理。

事実と異なることを言っているのは、安倍首相なのか籠池理事長なのか。

真相は、如何に?

 

籠池氏、「全ては国会で話す」

 

何を語るのか! 日本中が注視している!!

 

 

 籠池氏の国会での証人喚問後、安倍・与党は幕引き態勢に入っているが

ちょと待った!である。

 

昭恵総理夫人の話を籠池氏とフェアな状況で伺わねば、片手落ちである。

もっと根幹は、

国有地を破格の8億円という値引きを

いったい誰が、どのように陰で行ったのか?

国民が怪しいと感じている安倍さんのお友達系列と財務省への徹底的な切り込みを

国民が納得できるまで、追求すべきではないの?

 

方や、森友学園の(安倍晋三記念小学校になりそこねた)小学校が

最初にどうして認可されたのか?

(最初は、安倍首相にどうしてワッショイされたのか?)

この2点をうやむやにしては、また同様のことが繰り返されるに決まっている。

必殺仕置人の登場を乞う。

 

国民の7割以上が、昭恵さんの証人喚問またはそれに準ずる方法での話を直接聞きたいとの思いがあるのに

それも無視する政府のあり方、安倍総理の見識を国民は見ていますよ。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すみれの花咲く頃♪ | トップ | ハクモクレン 満開! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

徒然」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。