カモシカさんの山行記録・旅日記etc.

山は心のふるさと。登山(アルプス~低山まで)・ハイキング・小旅行の気ままな記録です。

八ヶ岳縦走 ツクモちゃんは・・・。

2017-06-19 | 山行記録

 

 八ヶ岳縦走 ツクモちゃんは・・・。

 

 今年はもうツクモグサが咲いているとの情報を得て、恒例の八ヶ岳縦走ツクモフェアに向かう。

 クリアな北アルプスずらりの展望・南アルプス、中央アルプス、御獄、乗鞍、富士山などの展望もバッチリでした♪ 

 南沢のホテイランはジャストの見頃でした♪ 

 しかし、この時期としては珍しい真冬並みの寒気が入った。赤岳山頂は、朝0度。日中3度という低温。

 加えて、稜線は強い風が吹き体感温度はかなり低い。例年なら、日中は半袖姿で皆さん歩いているのだが、

 この日はダウンを着て歩いている人もいたくらいだ。 「うーっ、寒むっ!!」この日は何回もこの言葉を口にした。

 天気予報:3日(土):弱い冬型の気圧配置になるため、稜線では北西から西寄りの風がやや強い。
        朝のうちは晴れるが、上層の気圧の谷が通過するため、日中は雲が広がりやすい天気になり、
        稜線では霧に包まれる時間も。気温が低くなる。 WNW13m/s 最低気温0度 最高気温3度。

 デリケートなツクモちゃんと逢えるかな??

 

 写真で綴るカモシカさんの山行記録。ささっとまとめておこう。

 

 

 

 

 スタートして程なく狙いどおりに見頃のホテイランとご対面♪

 

 登山道脇のコケに朝日が差し込んで美しい。

 

 行者小屋前にて。 赤岳方面。

 

 大同心~横岳方面。

 

 文三郎新道を登る。

 以下、そこで目にした展望。

 

 蓼科山~硫黄岳~大同心

 

 硫黄岳~横岳

 

 横岳アップ

 

 硫黄岳アップ

 

 中岳と阿弥陀岳

 

 穂高~大キレット~槍~常念~大天井

 

 穂高~大キレット~南岳・中岳・大喰岳~槍ヶ岳

 

 立山、蓮華、岩小屋沢岳、~爺~鹿島槍

 

 爺~鹿島槍~五竜

 

 鹿島槍~五竜~白馬三山

 

 ごりゅ~白馬三山~小蓮華~白馬乗鞍~天狗原

 

 入笠山と中央アルプス

 

 御嶽山

 

 文三郎をさらに登る。

 

 中岳~赤岳のコルにて

 

 南アルプスt三ツ頭、権現岳、編笠山

 

 南アルプス<北岳・甲斐駒・仙丈> 権現岳、編笠山

 

 富士山

 

 

 中岳・阿弥陀岳・・・・・重なって見えています。

 

 赤岳山頂にて

 

 

 

 

 

 

 赤岳山頂の様子

 

 展望↓

 

 乗鞍岳方面

 

 権現や南アルプス

 

 阿弥陀岳

 

 富士山

 

 横岳~硫黄岳へ  これから縦走していく稜線を見渡す。

 

 天望荘手前から赤岳を振り返る。

 

 天望荘

 

 天望荘

 

 地蔵尾根分岐から 中岳・阿弥陀岳

 

 地蔵尾根分岐から 横岳への縦走路

 

 縦走路を進む

 

 迫る岩塊

 

 赤岳を振り返る。

 

 お気に入りポイントである。

 

 赤岳にズームイン!

 さて、お目当てのツクモグサ登場!

 

 

 

 

 強風と低温。デリケートなツクモちゃんは、よくて半開き。

 ほとんどが閉じてしまっている。

 絶滅危惧種のツクモちゃん。産毛に包まれてとっても可愛らしい♪

 でも、開花した状態で逢いたかったなぁ~。

 満開の時の山行記録・・・・・クリックで振り返り = 開花状態のツクモちゃんわんさか、わんさか♪

 

 三叉峰にて

 

 雲が広がりだしてますます寒い。

 横岳<本院>への縦走路。

 この付近もツクモグサがまとまって咲いている。

 

 しかし、半開き状態のものばかりだ。

 

 例年ならオヤマノエンドウやコメバツガザクラ・キバナシャクナゲが満開で、 

 ウルップソウが頭を擡げかかっているのも観察できるのだが、

 気温が低くて寒いため 皆無に近い状況だった。

 

 横岳にて

 

 赤岳方面の眺め

 

 

 

 硫黄岳方面の眺め

 

 小同心を望む    ピークに注目!

 

 クライマーがいるぞ!

 

 横岳へダイレクトに登ってきた。

 

 大同心を望む

 

 横岳山頂にて ザイルの片付け。

 

 

 山頂で寛ぐ登山者たち

 

 横だけ山頂を後に

 

 硫黄岳に向かう途中から 横岳方面を振り返る。

 

 横岳~赤岳にズームイン

 

 赤岳~阿弥陀岳

 

 硫黄岳にて

 

 

 爆裂火口

 

 天狗岳方面の眺め

 

 赤岳方面の眺め

 

 横岳から下ってきた稜線

 

 午前中の快晴から雲が上空を覆う天候に変化した。 ひろ~~い硫黄岳山頂は、吹きさらしでとりわけ寒い!

 今回はのんびりすることもなく

 

 赤岩の頭までさっさと下る。 下ったら青空がのぞく。

 

 ここからが稜線を見渡せる最後のポイント。

 

 横岳~赤岳

 

 赤岳~中岳~阿弥陀岳

 

 赤岳鉱泉付近から大同心を見上げる。 右に月も見えている。

 赤岳鉱泉まで下ると再び午前中と同じ青空が広がった。

 

 せせらぎが心地よい北沢を楽しく下る♪

 

 キバナノコマノツメやスミレが最後まで目を楽しませてくれた♪

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美ヶ原 <美しい山岳風景と... | トップ | 入笠山 らん・ラン・蘭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山行記録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。