MATSUDA

日々の…記録…

栗駒HC春

2017-05-14 16:06:52 | レース
3年目の栗駒HC春に行ってきました。キツイけどまた行きたくなる謎の中毒性があるイベント。
今年は麓から雨降ってるし風強いしで大丈夫なのか?と心配になりました。
が、そこは栗駒、なんだかんだ当たり障りない天気に。
寒くて身体が固まらないよう下りながら心拍上げて筋肉をほぐす。
で、スタート。
集団後ろ過ぎず前過ぎずの位置にステイ。風の向きを考えて移動したりする。
もっと速いかと思ったら向かい風だし後半登りだからか全然楽。
トンネルの中は中切れが起こりそうだったので注意した。案の定それっぽい感じになる時があった。
本格的に登りはじめると集団一列棒状。ここらへんでもうキツくなる。
落ち着いてペース刻むんだ…と言い聞かせ列の最後尾でマイペース走法開始。心拍が下がるのを待つ。
例年心拍が下がってくるとまた後半にかけて上げれるのでそれを待つ。
が、しかしキツくなる一方なのであった。そこからはタレ気味になりながらただただ辛く苦しい時間。
そしてもがきながらゴール。

1週間前の日報杯しか考えていなかったので今年全くと言っていいほど長い登りを練習しなかったのは反省。
あとレース週に体調崩したことも。
今回の栗駒は興味深いことがいくつかあった。
一つ確実に言えるのは、ペダリング効率もっと上げるよう意識せねばということ。これから特に登り練習の時は必ず意識して登ろうと思う。なんか無駄があるはず。

さて、私のレース活動は今年は一旦ここで休止。ここから早ければ秋までは院試なり研究なりにウェイトを置いて生活することになる。切り替えていこう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローラーと筋トレ | トップ | 朝練 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

レース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。