稽古なる人生

人生は稽古、そのひとり言的な空間

長正館最後の月例稽古

2017年07月17日 | 剣道・剣術
今月末で長正館の道場は閉める。
あとはどこかで長正館の名前で稽古することになる。

47年前に建てられた長正館。そして1年後から始められた月例稽古。
46年間、休み無く毎月続けられた長正館の稽古も昨夜で終了した。
(8月は猛暑のため休館しているが・・・)

昨夜も暑かった。
15時半に道場に到着した時は外が35度。
道場の中はそれよりもはるかに暑かった。38度。
一刀流の稽古が16時から18時。18時半から剣道の月例稽古だ。
持参した500ccのペットボトル4本では足りず2本を買い足した。


(道場に向かう途中、外気温は40度を示している)

昨夜は30名を越える剣士が集まった。
恐らく往年の長正館の稽古もこうであったろう。
本当に残念だが仕方が無い。
稽古終了の井上館長の挨拶で感無量となる。

長正館よ永遠なれ!


(稽古風景)


(稽古後の集合写真)







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨夜の稽古(久々の師匠との... | トップ | 昭和45年の長正館 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL