稽古なる人生

人生は稽古、そのひとり言的な空間

剣道指導者講習会

2017年05月14日 | 剣道・剣術
本日は、13時半から指導者講習会。
場所は大阪中央体育館。朝潮橋だ。
天気も良いのでバイクで行った。

素振り、足さばき、切り返し、面打ちなど、
基本からみっちり練習した。

そのあとは回り稽古。
この講習会は五段以上が参加資格なので、そこそこレベルが高い。
養正会のS六段、T七段も参加していた。

回り稽古では無駄打ちが多かったのと、
相手のフェイント的な動きに惑わされてしまったのが反省点。

そのあとは指導稽古。
石塚先生、岩堀先生、才先生に掛かれた。

石塚先生からは左拳の位置、岩堀先生からは攻防の中での竹刀操作、
才先生からは、もう少し遠間からでも十分に打てることを指摘していただいた。


(石塚先生の構え、自然な中に安定感があり中心線を外さない)


(岩堀先生の自身溢れる構え、これは4月の審判講習会での撮影)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バイクのセルモーターの修理 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL