稽古なる人生

人生は稽古、そのひとり言的な空間

宮澤賢治(政治家 1927-5-3)

2017年03月30日 | 詩や短歌など

(3月12日、岐阜は下呂温泉にて撮影)
(記事とは関係ありません)


宮澤賢治「政治家」 1927-5-3 作品


   あっちもこっちも

   ひとさわぎおこして

   いっぱい呑みたいやつらばかりだ

        羊歯の葉と雲

           世界はそんなにつめたく暗い

   けれどもまもなく

   さういふやつらは

   ひとりで腐って

   ひとりで雨に流される

   あとはしんとした青い羊歯ばかり

   そしてそれが人間の石炭紀であったと

   どこかの透明な地質学者が記録するであらう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜の稽古(長正館) | トップ | 昨夜の稽古(S剣友会) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL