ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




僕のブログの左下の「SEARCH」というボックスに「厚見さん」と入れると、数ページに渡ってかなりの数の記事が検索されます。

僕と厚見さんが、実際にお会いできた時の事は、そのうち最初のものに書きました。それはもう二十年も前のことですが、今でも、昨日のことのように思い出されます。それゆえ、この日のものも随分長い記事ですが、あっという間に書き上げたような覚えがあります。

その出会いから、さらに6年ほど遡ります。高校に入ってバンドを始めたばかりだった僕は、たまたま、当時から有名なキーボーディストだった難波弘之さんが司会だった(アシスタントはデビューしたばかりの中村あゆみさんでした)という理由で、NHKの「ベストサウンド」という番組を毎週見ていました。 そして確か、この1985年5月29日の「ポリシンセで曲に厚みを」の回のゲストが、厚見さんだったのです。あのJUPITER-8を使って、「BABY IT'S ALRIGHT」(『BEAT OF METAL MOTION』収録)のイントロや、「ROCK YOUR CREADLE」(『CYCLONE』収録)のBsus4のアルペジオの間奏部分(オルガンソロの前の部分とこですね)などを弾かれていました。

その「BABY~」のギターリフの間を埋めるJUPITER-8の速いパッセージを弾かれた時のことです。スタジオはアマチュアのミュージシャンの方も居て、とても和やかな空気でした。「じゃあ厚見クン、お願いしまーす」と笑顔の難波さんに促されて弾き始めた厚見さんは、最後の長い連続フレーズのところで「あっ、間違っちった(笑)」と、パッと椅子から立ち上がり、くるっと一回転して椅子に戻り、ちょっと照れ笑いをしたように指を一本出して「すいません!」と、一言謝られたのです。そして、「では、もう一回」と言って、次は華麗に決められたのです。といって、一回目の演奏のどこが間違いだったかは、当時の僕にはよくわかりませんでしたが(とにかく、運指の複雑な速いパッセージなのです)。

実はこれが、それからの僕の人生を決める大きな出来事だったのです。

それまでは、テレビに出ているような人というのは、完全に自分とは区別していましたし、ある意味”虚飾”の中の人というイメージもありました。レコード中やステージの上の人も自分とは絶対に別な何かだと、どこかで思っていたのです。

でも、この厚見さんという人は、今、ほんのちょっとの弾き間違いをして「すいません!」って謝った。普通の人はどう思うかわかりませんが、僕にはむしろ、ある意味嬉しいカルチャーショック(うわ、同じ人間なんだ!ってね)でもありましたし、そして、その潔さがとってもとってもカッコよかったのです。一気に”厚見玲衣”というミュージシャンの魅力に吸い込まれた瞬間でした。

今になってみても、よくよく思います。

プロのミュージシャンだって人間。(今の僕自身がそうであるように)当たり前ですが、時には(僕はいつも)間違うことがあって、いや、あるからこそ、でも本当に大切な時には間違わないように、だからこそ徹底的に練習して、きちんと決める。それが、プロのミュージシャンなんだよ、って、僕はあの数十秒で教わったのです。

それから長く厚見さんのプレイを見せていただいていますが、いつだって、全身全霊で鍵盤に向かい、いつも真剣極まりない、鬼気迫るプレイを見せてくれます。それが、どれだけ集中力のいることか。どれだけの思いで、あの小さな鍵盤たちに指を置いていることか。しかも、あの速さで。

(ちなみに「BABY IT'S ALRIGHT」のA(11)崩しのあの速いパッセージ、厚見さんのように正確にタイトに弾ききるのはかなり難しいです。僕も当時、真似したくて毎日何度も練習しましたが、成功率は・・・内緒です(笑))

そして、その後のコーナーで、VOWWOW全員で「LOVE WALKS」が演奏され、僕は皆さんの演奏と予想を10mほど超えたあの元基さんのシャウトで3mほど後ろにぶっ飛んで(立体的に大変でした(笑))、翌日、慌ててレコード屋さんに走り「CYCLONE」を購入したのです。高校二年生、16歳の時でした。

そして、約6年の年月が流れ、1991年の春、僕は斉藤光浩さんのソロライブに出演する直前の厚見さんに出会うことが出来たのです(そのあたりの流れは、冒頭ご紹介した過去の記事の通りです)。

・・・すみませんっ、また長々と書いてしまいました

ではいよいよ、「アックスの奇蹟」における厚見さんの写真をどうぞ。もし写真から音が出るなら、リハーサルとは思えない、素晴らしい演奏もお聞かせできるところなのですが

当日、僕が会場に着くと、すでにリハーサルは始まっておりました。そそくさと荷物を置いた僕は、すぐに厚見さんのセットの裏へ走り、スピーカーの隙間でカメラを構えました。ファインダーの中には、じっとピアノに向かう厚見さんの姿。

音に聴き入りながら、僕はシャッターを切り続けました。トップの写真も、その一枚です。

厚見さんはトレードマークのような音を沢山お持ちです。ミニ、ハモンド、JUPITER-8、メロトロン、あるいは他のどんなキーボードやシンセを使われても、いつも「厚見さんの音」がします。厚見さんから、厚見さん以外の音が出てくるのを、僕は一度も聴いたことがありません。

そして僕は、厚見さんのピアノが本当に大好きなんです。世界中の誰とも違う、あのダイナミックで、繊細で、なんといっても強烈にドラマティックなピアノが。

スッと立ち上がりますが、右手はピアノに置いたまま。そして、

 

左手をDX-7へと伸ばします。

DX-7はJUPITERと繋がっています。あの日も、JUPITERの音の特徴でもあります、協力なPWM(PULSE WIDTH MODULATION)で心地よく滲む、太い”あの”音色に、さらにDX独特の立ち上がりの速いアタック音などを重ねた、気持ちのいいサウンドを聴かせてくれました。

 

正面を開けたセッティング、なんといっても、この機材たちの中で両手を広げてて立つ厚見さん。・・・ううん、カッコいいです。

セットのカタチ自体は普遍的なものですし、思えばどこかでも見れた姿でもあるようですが、この機材たちと一緒となると・・・実は、この20年間一度も無かったこと。皆が待ち望んでいたお姿でしたね。

 

VOWWOWの厚見さんと言えばJUPITER-8、JUPITER-8と言えばVOWWOWの厚見さん。 

 

二台のミニのチューニングする厚見さんです。ミニムーグを普通にピアノの仲間だと思われている方にはビックリかもしれませんが、鍵盤楽器とはいえ、ミニはチューニングが不安定で、激しく弾けば勿論、ただ放っておくだけでもすぐに弾けなくなってしまうのです(そこがまた可愛いのですが)。ですから、弾く前には必ずチューニングをしなければなりません。その為、ミニにはチューナーが必需品なのです。僕のミニにも付いています(僕は、20年前の厚見さんに憧れて買った、同じBOSSの旧型のモデルをまだ使っています)。

TRITON Extremeを弾かれる厚見さん。これは単体でも鳴らされますが、MKS-80にも接続されていて、あのピュンピューン!という「87番の音」と一緒に鳴らすと(←マニアックすぎてわからないかもですが)、中野サンプラザのオープニングがほとんど再現できるのです(当時はMKS-80+DX7で出していたそうですが、今はTRITON Extremeの方がお気に入りだということです)。

 

そして、誰もがお待ちかねの厚見さんのミニムーグソロです。「きたあっ」って思いますよね。それにしても、どうして厚見さんが弾くとあんなにいい音がするんでしょう。

厚見さんは最近は「ミニモグ」、と仰います。

 

渾身のビブラートが掛かります。

厚見さんのミニムーグのビブラートの美しさは、間違いなく世界一だと思います。・・・というか、他に同じアプローチでミニムーグを弾いている(弾ける)人がそもそもいない、という話でもありますが(僕の知る限りにおいては)。

 

一度でも実際にミニムーグを弾かれたことのある方ならお分かりかと思いますが、不思議なほどに弾いているこちらの感情を昂ぶらせてくれる楽器なのです。

こんな僕ですらそうなのですから、あんなに官能的なフレーズを自ら弾いている厚見さんは、ご自分の音をどんな気持ちで聴きながらプレイされているのでしょうか。変な話ですが、・・・うらやましいなあ、なんて思ってしまったりします。

 

ソロが、最高潮に達します。聴いているこちらも、一緒にドンドン盛り上がります。足に震えが走ります。全身に鳥肌が立ちます。ああ、音で、こんなにも気持ちよくなれるなんて。厚見さんのミニムーグは、本当に最高です。

 

ドンッ(写真ではこれが限界、精一杯)。

 

大きく身を翻して、愛器ハモンドC-3に向き直る厚見さん。

最高に気持ちいいサウンドの次にも、常にまた最高に気持ちいいサウンドが次々に繰り出されます。それが、厚見さんのキーボードの魅力ですよね。全部が、最高なんです。

 

200kgもあるハモンドを、グワングワンと揺らすようにプレイされます。

実は、揺らしているのは、カスタムでレズリー147RVから移植された(←おそらく)スプリング・リバーブ・ユニットを揺らして「ガッシャーン!」という、あの、ジョン・ロードなどでもおなじみのクラッシュ音を出すためなのです。あれがまた、本当にいい音なんですよね。スプリング(要するにバネ)がビヨンビヨン!ってクラッシュする音が気持ちいいって・・・(笑)。音楽って面白いですね。

 

厚見さんのハモンド・プレイは、20数年前のVOWWOW時代から今日まで、どんどんどんどん進化しているように思います。VOW時代は勿論、厚見さんファンなら外せないCASINO DRIVEの名盤「FEVER VISIONS」「エデンの裏口から」でのハモンド・プレイも凄まじいものがありますが、それからも清志郎さんのサポートでもずっとメインとして使われていまたし、なんといいますか・・・、先日のアックスでのオープニングのソロで度肝を抜かれた方も多いかと思いますが、本当に今、凄いことになっていると僕は思っています。うーん、やっぱりハモンド、欲しくなります(←独り言)。

 

おなじみ、左手を大きく旋回させての、あの奏法。これまた「きたーっ」って会場が沸く瞬間ですよね。

 

そして、また突然向き直っての、

 

この片足を上げての、決めポーズです。このポーズを見るだけで、あのゴージャスな音が聴こえてくるようです。

そして、

 

厚見さんは、ご存知「MOONDANCER」そして、残念ながら今では手に入りづらい「TACHYON」ではメインボーカルをとっていらっしゃいました(MOONDANCERの前身バンドであります「SIREN」でもです)。

この日は、Roland VariOSにボコーダーカードVC-2を挿してのクリスマスならではプレイも聴かせてくださいました。お電話で確認しましたら、VOW当時はKORG DVP-1をお使いになられていたとのこと。「DVPの方が好きなんだけど、音が元々こもってるからエキサイターをかまして使ってたんだ。でも、そうするとノイズがオニのようでさ(笑)。今回は1Uだっていうこともあって使ったVariOSだったけど、音がハイファイだから、『DON'T LEAVE ME NOW』の間奏部でハウらないで使えたのが良かった点かな。」とのことでした。

 

僕は厚見さんの歌も大好きです。

そして、こればっかりはどんな天才が一日50時間練習したとしても、どんなお金持ちが大金を払っても、絶対に手に入れることが出来ないもの。

まさに、厚見さんだけが持っている、ワン・アンド・オンリーの宝物。

 

レパートリーの多い厚見さんですが、ご参考までに、今日は最後にこちらの代表曲をご紹介した記事を。

 

僕は厚見玲衣さんという、”本物のロックキーボーディスト”と同時代に生まれ、育ち、ずっとこの背中を見続けてこられて、本当に幸せだと思います。

あまりに沢山のものを頂いています。心から、厚見さんに、感謝です

次回は、番外編としまして、この「アックス奇蹟」を厚見さんと共に起こした方々を(可能な範囲でですが)ご紹介させていただきたいと思います。

ではー。



コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )


« ドーして、こ... 沈みゆくハイ... »
 
コメント
 
 
 
とっても。 (みさえ)
2010-01-13 02:32:51
ケンちゃん、今日はケンちゃんの大好きな厚見さんのご登場ですね。

冒頭のお話もなかなか良かったですよ。

今回は、眠らず全て読ませて頂きました

こんなにも熱く一人のキーボーディストを語れるのは、やはり貴方しか出来ない事なんだなぁ~って思いました。

以前一度だけ(2008.7月に)、厚見さんのキーボードを少しだけですが聴かせて頂きましたが、ケンちゃん覚えていらっしゃいましか?

お二人で並んでキーボードを弾いていたあのライブです。

あの時、初めて見た時に「あぁ~、この人が厚見さんなんだー」って。

あの時から、また聴きたいなぁ~ってずっと思っていたのですが、未だにその願いは…叶っていません

今回の厚見さん特集をPCの前であれこれ打っているケンちゃんの楽しい顔が、スマイルたっぷりって感じがして、読み進めているうちに私も顔がニコニコになっちゃいました。

まだまだ続きがあるのかなぁ~?

もっともっと、知りたくなっちゃいました。

そしてね、本当に写真をクリックすると音色が聴けたら、最高なんだろうなぁ~って思っちゃいました

長い時間をかけて、ご紹介して頂き、ありがとうございました。
 
 
 
凄いなぁ。 ()
2010-01-13 06:28:57
今日の記事も相当凄い内容ですが、何が凄いってやっぱり、厚見さんとキーボードによせる〝ケンさんの思い〟と、〝情報の量と質〟が・・・!!

どんな音楽ライターさんでも、この記事に届く記事は書けないと思ったのはワタシだけでしょうか。

でもきっと、ケンさんの中では
『あ~、あれも書くんだった!』っていうのがまだまだいっぱいありそうな・・・。

〝ベストサウンド〟のくだりは、ニヤニヤしながら読んじゃいました。懐かしすぎて。(笑)

あと・・・、ケンさん去年すでに厚見さんと御一緒されてたんですね~~~!!!
知らなかった~~~!ばかばか、ワタシの大馬鹿たれが~~~!!
行きたかった!観たかった!!聴きたかった~!!!
図々しくて恐縮ですが、できれば今年も是非是非お願いします!
 
 
 
伝わる想い^^ (MAKI)
2010-01-13 11:31:02
ケンさん、こんにちは。

ケンさんの熱い想いや憧れが凄く伝わって来ました♪
好きだからこそ、ケンさんの想いが込められてて
私まで、ドキドキして来ました^^

憧れてる人が居るのは、その人に近づこうと
まだまだと思えるのは、まだまだやれるって事だと想います♪
でも、写真の厚見さんを見てると
ケンさんを想い出すのは、どうしてかな(笑)

☆今日は、風が強くて凄~く寒~い^^
ケンさん、風邪ひかないように気をつけて下さいね♪
 
 
 
熱い。 (紀州もも)
2010-01-13 20:32:12
ケンさんの厚見さんに対する想いがいっぱい詰まっているのが伝わってきましたここまで、語れるのはやはり、ケンさんがとっても厚見さんを尊敬しているからなんでしょうね
 
 
 
「凄いなぁ・・・。」 (にょみこ)
2010-01-13 22:44:42
ほんと、昨日からずっと、この言葉しか出てこなくて

過去の記事も改めて読み返して、どの記事を読んでも、厚見さんへのケン坊の思いも、今のケン坊に至るまでの奇跡のような縁も。

もちろん、ただの御縁だけでは、決して今のケン坊が存在するわけではなく、努力に努力を重ねてきたからこそ、というのは(ケン坊は一行も書いてはいませんがー)、紛れもない事実で。
しかし、頑張りたいと思わせてくれたのは、厚見さんの存在があったから、というのも事実なのですものね。
いやー・・・ほんとに、凄いなぁ

ほんと、ケン坊の大切な大切なお話なのに、「凄いなぁ」しか言えてなくてすいません

ケン坊の思いに対して、私なんかがあれこれ言えば言うほど、なんだか薄っぺらくて・・・。

でもね、厚見さんの話をしているケン坊が好きです。いつも興奮気味でね(笑)、キラキラしたものを感じます

そして、もうひとつの「凄いなぁ」は厚見さんの演奏。ケン坊からすれば、これこそが凄いんだよー、と言うのでしょうね(笑)。
本当に、いつか是非、生で拝見させていただきたいと思いました。
その機会があることを願います

番外編も楽しみにしていますね♪

ではー。
 
 
 
Unknown (ゆう)
2010-01-13 23:34:41
一晩おいて何度読み返してみても、・・・言葉が浮かんできませんです。

ただただ、圧倒されてしまって


ケンさんが厚見さんを語られる時、そのあまりにも大きく純粋で眩しい思いの前に、もう私なんぞが差し出す言葉なんてどれもちっぽけに思えてしまいます。


ケンさんの見つめている先には、いつだって厚見さんがいらっしゃったんですね。
もちろんこれからも、ずっとずっとね
 
 
 
うるっと。 (ゆっか)
2010-01-14 00:04:56
ケンさんの想いが熱いせいか、涙がほろり(/_;)/

今回もかっこいい厚見さんのお話、わくわくドキドキしながら読ませていただきました!
ケンさんありがとうございます(*^ー^)ノ

そして、初めて厚見さんを知ったきっかけもきけて嬉しかったです♪

私はまだ厚見さんの音を実際に聴いたことがないのですが、いつか、必ず全身全霊でプレイされる厚見さんの音を聴きたい!観たい!と強く思っていますヾ( ´ー`)


ケンさん、番外編も楽しみにしてまーす☆
 
 
 
Unknown (やよっぺ)
2010-01-14 23:10:52
ケン坊、こんばんは。

ケン坊の、厚見さんへの想いがたくさん込められているお話を聞かせてくださって、ありがとうございました。

ずっとずっと考えていますが、何もコメントが出来ません。

ケン坊のあまりにも大きくて、深くて、熱い想い…。

読み返す度に、胸がいっぱいになって、涙が溢れてきます。


ケン坊の特別大切なお話なのに、わかったようなことを書きたくはありません。

…うん。

やっぱり今回は、コメントを控えさせてください。

申し訳ありません。

最後にこれだけ。

これからもずっと、厚見さんの背中を見続けていってください。


ではー。
 
 
 
圧巻! (滝一)
2010-01-15 01:28:53
素晴らしい写真の数々、また、コメント有難うございました。感慨深く拝見させて頂きました。

厚見さんの機材はいつも遠目でしか拝めず、今回のような詳細なコメントを頂くと、本当に有難いです。「うわ~そうなんだ~!」とか。
色々なことがわかってとっても幸せです。

これらの機材を駆使して奏でられる、神聖で豪華で時には切ない音の数々、どの曲を思い出しても忘れることのできないLIVEでした。

音の素晴らしさもさることながら、こんな多彩な音色を操りながら、そしてそれを奏でる姿のなんて美しいこと。
両手を開いて正面を向いたあのキメポーズの後ろに薔薇の花が一面に飛んでるように(お蝶夫人のようなかんじ・・・)見えるのはわたしだけではないはずです!


私も厚見さんのヴォーカルは大好きです!ゴージャス極まりないハイトーンヴォイスはソプラニスタ顔負け!

Vの隠れたみどころは、このハイトーンヴォイスをいかした「コーラス」だと私は思うのです。
この鉄壁のコーラスワークが他の追随を許さない1つの原因だと20年間思い続けています。


でも、1つだけ、残念だったこと。
今回Vの曲をやる前に、お馴染みの曲たちが何曲か演奏されました。
私の大好きなSUPERSTITION。
2月の奇蹟でも演奏されましたが、今回「YEAH~~!」という厚見さんのコーラスがなかったのです。そのコーラスが大好きで、すごく楽しみにしていたのですが・・・・(サビ終わりの3度上のコーラスはあったのですが。。)
超ショック。(涙)

あのピラピラした派手な声の「YEAH~~!」が聞きたかったなぁ。


番外編も楽しみにしてます。
本当に有難うございました。
 
 
 
Unknown (Kenny)
2010-01-15 01:33:39
Vocoderの解説ありがとうございました。感激です。

あとMKS-80の87番の音・・・86年のあの日から「どう出すんだ?」と思い続けていたので・・・早速機材探してみます。

別日記のTAMAのスタンドネタ・・・最高です!
(私も何百回組み立てたことか・・・)
 
 
 
ずっと。 (ムツミ)
2010-01-16 14:12:28
「好き」ってすごい。
「好き」の力って、すごい。
その想いは、本当に強い。
人を動かす、大きな大きな力。

こんなにも深く、愛情いっぱいに語るケン坊。
眩しいくらいキラキラしていて、涙が・・・ね。
そのキラキラの向こう側にあるものに、私はいつも、
背中を押してもらっているんだと思います。

・・・ありがとう。

大好きなもの。大好きな人。
これからも、ずっと・・・。
 
 
 
Unknown (gon)
2010-01-16 21:11:18

今回のブログでも、「ケンさんは、厚見さんの事が好きで好きでたまらないんだなぁ」っていうのが、改めてよくわかりました

冒頭にリンクを貼って下さった日のブログにあったように、「厚見さんより厚見さんのこと、詳しい」のかも、って思ってしまいます

ファンに「一番」も「二番」もないと思うけど、ケンさんが厚見さんを見る目、厚見さんの事を語る言葉には、他の誰にも負けないような「愛」を感じます。


ケンさんがバンドでキーボードを弾く事になった事、VOWWOWを、厚見さんを好きになった事、その厚見さんと実際に出会った事。

偶然というにはあまりにも素晴らしすぎる出来事は、やはり、何かの導きがあったようにしか思えません。

(何だか、いつも同じような事ばかり、思って、書いてしまっていますが


ケンさんはこれからもずっと、厚見さんの背中を見つめ続けていくのでしょうね。

ケンさんの幸せな想いを、ここで書き続けて頂けたら、私も嬉しいです
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。