ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




って、落語かよっ

・・・いや、すみません、タイトルがね、なんかね(笑)。

 

皆さん、ここまで読んでいただいて、「写真、色々大変だなー」とか「めんどいなー」とか思われてませんか?大丈夫ですか

写真に限らず、音楽でもお料理でも、何でもそうかも知れませんが、ある程度やっていると、「なんでだろう?」「何が違うんだろう?」ってことが必ず出てくるんですよね。で、色々勉強してみたり、さらには、それを「学問」として、専門学校や大学にまで学びに行っちゃったりね。

勿論、知らなくたって絵は書ける。写真も撮れるし、ピアノだって弾ける。「声楽法」や「楽典」なんか知らなくても、誰だって歌を歌える。

ただ、「好き」が「大好き」になってくると、単純にもっと「相手」を知りたくなる(恋愛なんかもそうかな?・・・なんつって)。

そして、知ると、発見があったり、驚きがあったりして、・・・まぁ時には壁にぶつかる時もあるものですけど、でも理屈とか原理とか、その成り立ちの歴史なんかを知る事で、思いもしなかった頭のトビラが突然開いちゃったり、見えなかったものが見えちゃったりして。そんでもって基礎なんかをちょっと勉強した分、その応用も容易になっていったりもして、そうなると、自分で色々とアイデアも湧くようになって、どんどん面白くなって、もっともっと好きになって

 

なので、やっぱり「知る事」は面白い。大げさかもですが、こういうことの積み重ねで、人生が豊かになるんじゃないのかなって気がするんですよね。

まー、ほんと大げさですみません

でも、そんなこと言っておいて、・・・でもなー、勉強って大変だなぁ、面倒だなぁ、もっと楽に知れないかなぁ、なんて、これまた思うんですけれどね(←基本、楽したがりなもので(笑))。

 

とうわけで、簡単に、楽ちんに(笑)、今日もいってみよっ

 

では、まずこちらからー。

 

なんとなく、微妙なアタマの形なのは、ひらべったいクマ氏のアタマに、僕がキャンディーを適当に詰めたからです。すみません。ごめんクマ

これ、日の丸構図ですよね。もう皆さん、すぐにお分かりになったと思います。で、これに動きを付けたい場合、もう色々と分かってきたので、例えばこんな風に撮るかもしれません。

 

これ、今日覚えていただくポイントからしますと、いい写真なんです。三分割法から見ても、悪くないものです(ただ、説明の為に撮った写真なので、背景が無地の壁で、その点は退屈になってしまっていて、つまらないですけれどね)。

はい、三つ目のポイントはですね、「被写体の向いている向きと、その前方の空間の取り方」なんです。

この写真では、クマ氏の目線の先が広く空いていますね。これがまた一つのセオリーでして、「向きのあるもの、動きのあるものの前方に空間を広く取りましょう」というものなんです。

こうすることによって、「未来のある写真になる」と言えるのですね。このクマ氏には未来があるぞ!というね

はい、もうどんどん実例で見て行きましょう。百聞は一見にしかなんとやらです(それだけ省略すんな)。

 

はい(笑)、では、こちらはどうでしょう

 

クマ氏の後ろが広く空いていて、目線の先には、もう空間がありません。なんかね

「もう終りだクマー」

な感じに見えませんか?

 

もっと見て行きましょう。

 

「ほらほら、これから飛んでいくクマー!ビューン!」

 

な感じ。目線の先にたくさんの空間(未来)があるからね

 

そして、

 

「うわー!さよならだクマー!」

 

な感じね。まあ、これはこれで可愛いんですけれど(笑)、少なくとも、この写真には未来を感じさせる要素がまるで無いわけですよ

 

もうひとつ、見てみましょうか(これは、ライブの時には無かった写真です)。

 

「さーて、何しよっかなー」

 

壁を背にして、目線の先を広く取りました。なんとなく、これからのクマに期待が持てますね

これから歩き出して、前宙でもしそう。

 

しないか。

 

一方、

 

「うぅ・・・もうダメぽ」

 

ええ、これはかなり「ダメぽ」です。なんかかわいそうになりますね

目線の先に、未来(空間)がないからなんですね。

 

前に、知り合いのミュージシャンに子供の写真を見せてもらった時です。「ケン坊、写真やる人の目から見て、こーいうのはどうなの?」って聞かれたんです。そこには、公園で走って遊ぶNさんの子ども。そしてその走る子ども目線の先は、見事に狭く、背中側が広く空いていたんです。

「Nさん、いやー、可愛いですねー。もちろん可愛いけれど、これじゃ・・・。もっと子どもに未来を作りませんか?せっかく残る成長記録写真ですからー」と、少々入っていたお酒も手伝って(笑)、僕はここで先ほどから書いているようなことを、Nさんに語ったわけです。

そしたら、「おお、ケン坊!感動したよ!ラーメン奢るよ!これから子どもに未来を作るよ!」ってね、本当にラーメンをご馳走してくれたんです(笑)

 

これはね、子どもに限らず、木や花なんかでも、向きが分かるものには同じ事が言えます。分かりやすい例で言えば、ひまわりの写真なんかを思い浮かべていただければと思うんですが、花の先にはやっぱり青い空をどーんと入れたいですよね。逆に、フレームの端っこにあって、ひまわりが外を向いていたら、なんか寂しい感じ・・・ですよね。後は、クルマや自転車などの動きのあるものを撮るときも同じです。

 

今日のトップの写真もね、ボールが飛んでくるであろう方面を空けておく、ということで、未来を待っている写真になるんじゃないかな、と。ただ、近所の家の手作りのバスケットゴールを撮っただけのものですけれどね、そういう説明もできてしまう、という感じで(笑)。

 

このように、写真の中に被写体を置く位置で、過去と未来を表現できるんですね

 

あと、これもライブの時は時間の都合でお話できませんでしたが、

 

これは、ちょっと上から撮ったものです。

ちょこんとして、かわいらしい感じですよね

 

 

そして、こちらが、

 

同じクマ氏を下から撮ったものです。

こちらは一転、かなり凛々しく、逞しく見えますよね

 

上から撮るか、下から撮るか。これも表現には有効です。こうして、色々と視点を変えて撮ってみて下さいね。

これね、人はもちろん(・・・ってか、人にはこのクマ氏と違ってちゃんと目線があるのでもっと有効です)、花や草木でも、人形や、ちょっとしたアイテムを撮るときも、色々有効です。

 

はい、ではこのポイント、復習しておきましょう。

 

例えば子どもを、可愛らしく撮りたかったら、上から。

例えば友達を、強そうに、偉そうに、撮りたかったら、下から。

 ・・・はい、おわかりですね。このセオリーは、自分が撮られるときなどにも・・・うまーく、応用してくださいね(笑)。

変身して登場したばかりの、期待を背負いまくりのウルトラマンなどは、下から撮られていますでしょ

そして、こちらを見上げてる生まれて間もない子ニャンコなんかの、なんとも可愛いこと

 

はい、そんな感じでここ三日間で見てまいりましたポイントを、今一度まとめて振り返ってみましょうね。

ですです

あと、携帯のレンズは汚れやすいので撮る前には拭きましょう(笑)、って事もお忘れなくです。

さてさて、○○○○講座は以上です。いかがでしたでしょうか

 

まだまだ、知ってると便利な事や、覚えたら面白い事は沢山あります。ポピュラーな構図も他にも色々ありますし、光や影について(←これを知ると、説明書には書いてない「フラッシュの上手な使い方」みたいなことも分かります)など、ご興味もある方は、本や、今の時代ならネットにも、これでもか!って位沢山情報が溢れてますから、お調べになっていただけたらと思います

もっともっと世界が広がると思います。僕も、まだまだ知らない事だらけ、知っていても全然実践できないことだらけですが、こういうのを読んでると「面白いなぁ」、と思います。そして、試してみたくなります。

でも、「いやー、別にそこまでは」という方にも、「ただ写真って言っても、何かしらセオリーってのがあるんだなぁ」って知っていただけただけでも、有意義だったのではないかと思います。ただ無意識に触ってるのと比べて、「ん、まてよ?」って、撮る前に一瞬だけ考えるだけで、知らず知らずに、写真が変わっていると思うんです

 

あと、写真に限らず、構図はバランスですから、絵画でも同じですし、これからテレビや映画の画面を見ていただけたらきっとお分かりになると思いますが、どんな画面でも水平がきっちり出ていますし、それに、「お、これ、三分割構図だ」と気付かれることも多いでしょう(ただし、テレビは性質上、説明的な部分が多いメディアなので、日の丸構図もとっても多いですけれども)。

そんなところをちょっと気にかけながら観るだけでも、随分と勉強になるものですし、自分の好みの構図なども分かってくると思います。そしてそんなのが、自分のカメラで上手く撮れちゃった日には、もうね、

 

・・・ご飯が美味しいわけです

 

それは、いつもか(笑)

 

僕も、偶然にそこそこのものが撮れる事はあっても、100%思い通りに撮れることなんて、ほとんど無いです。でも、それも面白いので、こうして、皆さんに見ていただいたりしながら、楽しんで勉強していけたらなー、と思っています。

そして、昨日も書きましたが、基本は基本。それは上に何かを組み上げるための土台です。どっしりしているとありがたいものですが、だからといって、それだけではつまらなくなるかもしれません。

そして、セオリーもセオリーに過ぎません。しばらく基本どおりにやってみたら、あとは一旦全部忘れちゃうくらいの気持ちで、自由に色々やってみるのが大切かと思っています

 

長々と読んでくださってありがとうございました。じゃ、またー

 

ではー。



コメント ( 17 ) | Trackback ( 0 )


« ○○○○写真講座... おはぎ食べたい。 »
 
コメント
 
 
 
勉強になりました。 (みさえ)
2009-09-21 23:30:44
ケンちゃん、こんばんは

クマー氏がとても可愛く演出してくれたおかげで、「写真を撮る」という事でこんなに勉強出来て、良かったです

今日も近場に出かけて、ケンセンセーの言葉を思い出しながら、何枚か撮ってみたのですが、どうも道が坂道になっていたのが、よくなかったみたく、どうも水平が保てなかったんです
本当は真下に行って、撮りたかったのですが、なんせまだ建設中だった為、無理でした

一つ質問なのですが、必ずしも平たんな場所で撮れない場合とか、近くに水平な物がない場合どの様に撮ったら綺麗に撮れるのか、教えて下さい

ちなみに今日は「東京スカイツリー」を見に行ってきました。

の方からでも見れるのですが、母の願いを聞き入れ、自転車でスカイツリー一周してきました。結構、見物人がいましたよ。

では~
 
 
 
Unknown (まみ)
2009-09-22 00:16:03
確かにっ
盛り写メ撮る時ゎ、斜め上に構ぇてます

それが当たり前だから、全然意識したコトなかったです


・・・ってか、川村家にゎ、何匹のクマ氏が生息されてるんですか
増殖したくなったら、ぅちのをぃっでも里子に出すんで遠慮無く言って下さぃ
大小揃ってますょー

揃ぃ過ぎて、私のベットが埋め尽くされて自分の寝場所にクマってますぉっ、クマぃ(上手ぃ)コト言ったwww
 
 
 
未来は、ある。 (ゆう)
2009-09-22 03:57:51
うーむ、モデルが可愛すぎて、どれも「アリ」と思ってしまいますが、未来を作ると広がりますね

「好き」が「大好き」になったとき。
うん、そうなんですよね。そこからが長い長い旅の始まり。
思い切って踏み出してみたら、楽しいことも嬉しいこともたくさん増えて、でも、同じくらいに悩みも増えて、苦しさも増えて。
ここ数日、「色々なカタチがあるんだ」と自分に言い聞かせながらも、行き場のない思いを持て余しています。
・・・って、今日のお話からズレていますよね


でも今日はもうひとつ。
先ほど、録画しておいたシエラレオネに関する番組を見ました。
ケンさんに教えていただいて知った小さな国。そして映画を通して見ていたシエラレオネの風景が、実際に映し出されていました。

親に捨てられ、学校にも通えず、毎日毎日腰を屈めながら鉱山でダイヤモンドの原石を探している少年の夢は、「副大統領になりたい」とのこと。自分のような子どもたちを救いたいんだ、と言っていました。

本来なら自分の楽しさだけを探求するのが子どものはずなのにね。
でも更にショックな言葉がありました。
「取材に来てもらっても何も変わらない。俺たちは世界中に笑われて、見せものになるだけなんだろう?」

まるであの映画のワンシーンそのもの。
・・・どうなのかな。知ることによって、何も出来ないのに知ろうとすることが、彼らをより傷つけることになるのでしょうか。

危険すぎて本当に貧しい人たちの取材はできなかったというディレクターさんの、「こんなものじゃない」という言葉に、ただただ呆然としてしまいました。

本当に無力。何も出来ない。だけど、時々照れたように笑う子どもたちに、どうか少しでも明るい未来がありますようにと、願わずにはいられません。

うん、写真にもね、おーきな未来を作りましょう、ね(←おっ、最後にムリヤリ繋げたねー(笑))。


ケンさん、改めて長々と書いてくださってありがとうございましたー
 
 
 
高座!? (ゆっか)
2009-09-22 05:30:03
3つのポイント、さっそくメモしました!
今日の『未来を作ろう』は、写真の印象を左右する項目ですね!

今回、分かった事は…クマ氏は何をしとも可愛いんだクマー(笑)
そして、その写真を撮っているケンさんも可愛いんだクマー(≧▽≦)ゞ


3つのポイントをふまえ、これで写真を撮る基本を知ることが出来たので、撮影会でも開こうかしら(笑)
きっと今までより、こうしよう。ああしよう。というのが出てくるはず(*^ー^)ノ

ケンさんのお話を聞いて、写真についてもっと知りたくなりました。まさに恋愛のように(´∀`)
そして「知る事」は面白い。決してムダになる事はないし、新たな発見はとっても楽しい!
写真の場合、いつ、どの写真が大切な一枚になるか分からないですから、自分の思い描いた通りに撮れると嬉しいですねo(^-^)o


ケンさん、写真講座を開いていただいてありがとうございました!
技術も気持ちも、今までよりワンランク上の写真を目指します♪
 
 
 
知っ得。 (みい)
2009-09-22 10:43:11
大変だなーとも、めんどいなーとも思わず、奥が深いなーって、
この三日間で、かなり重要なポイントを得た気がしています。
最後のまとめのお言葉、しっかり頭にたたき込んで、
携帯なり、カメラなり、写真を撮るときは思い出します。
一緒に、紹介くださった写真たちの構図も、ね。

為になりました。ありがとうございました。

今も高速道路走行中(関西方面へ)なんですが、今日は
目立った渋滞もなく、スムーズに流れています。
ワンコも一緒に、楽しい休日を過ごしてきます。
もちろんカメラも持参なので、実践してきまーす。
 
 
 
ズブズブー (清子)
2009-09-22 13:03:49
ケンさん、こんにちは。

3日間の「楽しい!分かりやすい!!為になる!!!写真講座」を、ありがとうございました。
久しぶりに頭を使って、「たくさん勉強したなー」と感じました(^ー^)
とっても嬉しかったです。

「大変だなー。めんどいなー。」は一つも出なかったですよー♪
それだけ、ハマったってことですかね(笑)

なるほどー。
「未来」をつけてあげると、こんなにも世界が広がるのですね。
躍動感が出たり、今にも飛び出してきそうな感じになりますね。フムフムーン。
ますます写真を撮るのが楽しくなりそうです(≧∀≦)

枠にとらわれずどんどん飛び出して、どんどんズブズブーの世界にハマりたいと思います(笑)

何度も重複になりますが、毎日忙しくお過ごしの中時間を作っていただき、あれこれとたくさん教えてくださり本当にありがとうございました。

大変おつかれになったことと思います。
ゆっくりおやすみになってくださいね。
 
 
 
先生! (yuji)
2009-09-22 16:22:07
ケンさん、こんにちは。
連日の写真講座、とてもためになりました。

僕は、携帯で写真を撮る位しかしませんが、それでも撮り方の意識がかなり変わりました。

そして、なにより、写真の見方がかわり、楽しくなりました。

「これを機に、少し勉強してみようかなぁ」と思わせてしまう、ケンさん講座は流石です。
こうやって、ケンさんの周りの方々は沼にはまっていったのでしょう、、、

まずは、過去のブログのトップの写真を研究&参考にして、勉強します。
 
 
 
なるほどね~ (みゆき姉)
2009-09-22 16:22:17
勉強になりました!

人物を撮るときに、下側から撮った方が良いのは、聞いたことがあったので、片膝を着いた状態で撮る様にはしていたんですけど、深い世界ですね!

是非参考にして、チャレンジしてみますo(^▽^)o
 
 
 
Unknown (ひーすけ)
2009-09-22 19:15:21
"好き"が"大好き"になってもっと知りたくなる…。
すごく深い言葉です(^ω^)
でも本当にその通りなんですよね!!
 
 
モデルのクマー氏かわいすぎますよーっ(^nn^*)
一体何匹のクマー氏がケンちゃんの家にいるのでしょうか?(笑)
 
 
3つのポイント!!
よし…メモメモっ(^^)
これで写真撮る時はもうバッチリです!!
とりあえず…私の場合は日の丸から脱却します!!(笑)
 
 
 
ポイント (紀州もも)
2009-09-22 20:06:25
川村センセーこの3日間の○○○○写真講座ありがとうございましたやっぱり奥が深いですねでもでも、私にも次に何かを写真で撮る時に実践できる方法がこの講座の中には沢山ありましたそして、少しでも意識して写真を撮るほうが見るのも楽しくなるってことですよね

少しづつでも写真を撮る時に実践し、チャレンジしてみます
 
 
 
勉強になりました!! (あっきーな)
2009-09-22 20:14:25
私もカメラやります。とゆぅか好きです。
ニコニコニコンでケン坊の撮るような日常的な写真を撮れたらな…と思っていつも拝見させてもらってました。

で…今回かなり勉強になりやした!!

今まで撮った写真の中で気に入ったヤツを見直したら、ケン坊先生のおっしゃる三原則が揃ってました!!

これからも三原則を胸にバシバシ撮りたいと思います。

ありがとうございました♪
 
 
 
あらっ!? (やよっぺ)
2009-09-22 23:08:18
落語ですねー、タイトル(笑)。

大変だなー、めんどいなー、なんて、全然(笑)。

ケン坊のお言葉ね、仰る通りだなぁ、って。

大げさ??

そうかなー、そんなことないと思いますよ(´ー`*)。

…素敵なお話です(u_u*)。

さて、三つ目のポイントね。
これは、お写真がスクリーンに映し出された瞬間に分かりましたー。

ほんとですよーヾ( ̄∀ ̄;)(笑)。

それにしても、リラックマくん大活躍ですねーo(≧▽≦*)o。

「うぅ…もうダメぽ」のクマーくん…たまりません(/▽\*)(笑)。

ほんとに今回の「○○○○講座」、とても勉強になりました。
上から撮るか、下から撮るか、も「なるほど~」でした。
うん、応用は大切ですv( ̄ー ̄*)(笑)。

ライブ以来、お写真を撮るときは、教えていただいたポイントを思い出しています。

…まだまだ「どうなんだー(汗)」な感じですが、心がけるだけでも、ね(´▽`*)。

ただ、お写真を撮るの、より一層好きになったし、楽しくなりました(u_u*)。

わたしもいつか…ご飯が美味しくなるかなσ(・∀・*)(笑)。

はい、それはいつもです(笑)。

こちらこそ、こんなにも楽しくて、ためになる高、じゃなくて(笑)、講座をありがとうございましたー(^▽^*)ノ。


ではー。
 
 
 
ためになったよ~。 (にょみこ)
2009-09-23 02:34:08
ケン坊、ありがとーう

きっとあなたのためになる!!川村画伯の写真講座、を受けることができ、本当にラッキーに思っています。

これからの人生、まだまだ何度となく、写真を撮る場面があると思います。

くだらないオモシロ写真から、本当に大切に残しておきたい、大事な大事一枚も。

もう二度と戻らない大切な瞬間を、切り取って残すことができる写真。できる事なら、思い出と共になるべくステキに残したいですものね

でも今まで、どう撮ったらそれが叶うかなど、大して考えてもおらず・・・というか、こんな簡単なポイントをおさえるだけで、全然違った写真になることを分かりやすく教えていただき、本当にためになりました。

上手に撮れたと自分で思えれば、もっともっとと、楽しくなっていくのでしょうね!私が撮ってきた今までの写真は、いつもあまりにも残念な感じばかりでしたので(笑)、3つのポイントを意識するだけでも、その変化は大きいでしょうね

明日ね、また円動に行くんですよ。ホッキョクグマのツインズの成長も気になるし、年間フリーパスもあるし、ドニチカで行けるしね(笑)。
さあさあ、講座の成果を試そうではないかー

うーん、でもね、ケン坊が撮る動物たちのあの笑顔は一体どうしたら・・・
あれは、写真の技術ではなく、動物を笑わせる技術か・・・。って、そんなのあるんですかー(笑)。

ではー。
 
 
 
はい、センセー。 (みかわ)
2009-09-23 15:02:18
何度も読んで復習して
勉強したことが身に付くよう
あたしなりに時間をかけて実践してみます。
臆病にならないように、一辺倒にならないように。

 
 
 
原動力。 (ムツミ)
2009-09-23 17:11:43
大変だなー、めんどいなー、だなんて・・・。
「写真って面白い!」って気持ちが大きくなって、ますます好きになりました('-'*)

「好き」が「大好き」になると、もっと知りたくなる。
大好きなものは、ほんと、「もっともっと」って気持ちになりますね。
写真に限らず、音楽も、・・・食べ物も(笑)。
「好き」って気持ちは、自分を動かす大きな大きなチカラです。

思いのまま、惹かれるままに、撮る。
基本もそこそこに、ずっとそんな撮り方だったので、
ケン坊の写真講座は、新しい扉を開く大きなきっかけとなりました。
やっぱり、知ることは面白くて、大切なことですね。
(今回、ちょっと反省しました。)
知ることから始まって、広がって、つながって、
そういうことの積み重ねで、人生は豊かになっていく。
・・・大げさなんかじゃないと思います、全然。
きっと、そうなんだと思います。うんっ(´ー`)
・・・なんて、「楽ちんバンザイ♪」な私が言うのもアレですけれども(笑)。

3つ目のポイント。これはね、いつも考えて撮るようにしています。
やっぱり、未来はあって欲しいですもん(´∀`*)
素敵な未来を感じることができる写真、大好きです。

あ、上から撮るか、下から撮るか。・・・これ、重要ですね(笑)。

これから撮る写真、変化は必ずあると思います。
というか、ちょっとだけだけど、・・・ありました(・∀・)
これからも、楽しみながら修行します。

川村せんせっ、ありがとうございましたー(´▽`)/
 
 
 
3つのありがとう^^ (MAKI)
2009-09-23 18:11:48
ケンさん、こんばんわ

昨日は出かけてまして
コメントをしようと気につつ寝てしまったら
なんとケンさんの夢を見ました~

写真って角度によって写り方が違うので
写してもらう時は、下からは絶対イヤなんです
だって・・・ビックちゃんに写っちゃいますから(笑)

 ☆ケンさん、本当にありがとうございました
  いい勉強になりました・・・・・が
  私もライブで、ケンさんのお話を聞きたかったです
 
 
 
せんせー、ブラボー! (gon)
2009-09-23 23:02:51

楽しく、ためになる写真高…いえいえ、写真講座をありがとうございました

ライブの時も「へ~え」「ふぅ~ん」「ほーお!」と思いながら聞いていましたが、しっかり復習できました

ケンせんせーは、「良い例」と「そうでない例」を並べて説明して下さるから、とっても解り易かったです

昨日、ちょっと探したい写真があって、今年のこのブログを全部見ていたんですが、「おおっ、これはこういうポイントで撮ったのかな?」と、今までとは違う視点で写真を見る事ができました

この講座で、写真の事、もっと知りたくなりました

そして、頭でっかちにならないよう、実践もしなきゃですね


そうそう、和田監督もブログに「カメラ始めてみたいなぁ~」って書いていましたね

また沼の住民が増えるかもしれませんね
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。