ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




本日、へきるちゃんのリハその2も、ひとまず無事に終了し、

明日からは、いよいよTAKUROさんツアー、旅シリーズへ突入です。

あと13本、この全行程で、今月いっぱいで終わるのですから、密度の濃い旅になること間違いなしです。

 

特に、ジャズ&ブルースという、演奏者の即興による部分大きいジャンル、コンセプトのツアーですので、

本当に、一日、一日がどんなライブになるのか、本当に楽しみです。

自分自身が、どんなプレイをするのかも、ある意味わかっておらず(笑)、楽しみなのですから。

 

と申しますのも。

 

家などで、いくら「こんな風に弾こうかな」「こんなフレーズもありだなあ」と考えても、

本番では、全然違ったアイデアを、思いついてしまうものなのです。

逆に言えば、いくら練習しても、その練習通りに、本番で弾けることも、まず無い、と言いますか(笑)。

一人で弾くシーンでもそうなのです。

 

それはつまり、お客様がいるから。

このシチュエーションは、練習や、リハーサルでは絶対に再現が出来ないのです。

ですので、本番になってみないと、何がでるか、どうなるのか、わからない。

そして、これこそが、醍醐味なのです。

 

練習に練習を重ね、一音一音に磨きをかけて、それを披露する。

そんなコンサートもあるでしょう。

特に多くのクラシックの演奏会などは、まさにこういった趣ですよね。

 

しかし、そうではなくてなのですよね。

練習をするのは、

 

「本番で弾きたいと思った瞬間に、それが弾ける力をどれだけつけられるか」

ということになるのです。

 

つまり、思考や、想いを、そのまま音にできる反射神経であるとか、

そのための理論的スキルを磨いておくことになるのです。

 

勿論、フレーズそのものの練習をしないこともないのですが、

先ほども申しましたように、それが本番で出てくるかどうか、言い換えれば、その時にそれを必要と感じるかどうかは、

・・・自分にも、今は、わからないのです。

 

本番のその場になってみないと、なのです。

 

これは、面白いですよー。

勿論、怖い事でもありますけどね(笑)。

でも、そのスリルが、楽しくてたまらないのです。

 

毎回、乾坤一擲でもあり、

・・・でも、やはり、結局は、自分というものがそのまま出るのが、音楽。

ならば、自分を磨くしか、ないのです。

出来る限りね。

沢山食べてね

 

それでは、明日からの旅でお会いできます皆さま、どうぞよろしくお願い致します。

特に、特に、このライブは、皆様と一緒につくるライブです。

どうぞよろしくお願い致します

 

ではー。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« ヤマカワ、ベ... 名古屋ジャー... »
 
コメント
 
 
 
待ち焦がれて。 (のすけのおっかさん。)
2017-02-06 01:10:33
いっぱい食べて腹筋も鍛えて(笑)、不安も神さまもお客様も全てを味方につけて、旅を、liveを楽しんで下さい!
全身からみなぎるケンさんの「楽しい!」を生でつぶさに見られる方々が羨ましい(泣)。
ピアノも喜んでいるはず。
ケンさんを待っているはず。
美味しいモノも待っているハズ!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。