ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




今日は、河合楽器の技術者の方に緑ちゃん倶楽部のスタジオ「スペース緑」に来て頂きまして、

いつも、レッスンで使用しております、僕の大好きなデジタルピアノ、MP9500の調整をして頂きました

 

鍵盤の一番奥にあるテフロン素材を塗ったをゴム製の部品が、経年劣化を致しまして、

鍵盤が下りるのが、固くなってしまったのです

 

見て頂いたところ、あと数か所、「もしかしたら近々ここも・・・」という劣化が見られるところがみつかりまして、

危ない鍵盤だけ交換しますか?それとも、全交換してしまいますか?ということになりまして、

やはり、この際ですので、全ての鍵盤の部品を新品に交換して頂くことにしたのです。

 

この部品の交換は初めてですので、つまり、新品状態から現在まで持っていたのですから、

この先、同様の使い方をしていても、少なくとも、10数年は、この部品の交換の必要が無くなりました。

やっぱり、「あ、またか・・・」なんて思わずに、長く、安心して使いたいですものね

 

今、MP9500をはじめ、カワイのデジタルピアノの修理ができる方は、全国で12人しかいないのだそうです。

最新の機種だけとなかなら、若い方でもできるそうですが、長く使われてきた楽器が壊れた場合は、やはり対応ができないのだそうで、

昔からの技術者の方は、正直、やめることができないのだそうです。

経験が、一番ものをいう世界。後継者問題は、切実ですよね

 

ほかにも、作業の合間に、色々とお話を伺いました。

何よりも嬉しかったのが、

 

「結局、このMP9500とMP9000が良く出来過ぎていまして」

 

というお言葉でした

 

この後にも、多くの後継機種が出ておりますし、カタログ上のデータとしてや、鍵盤の機構の改良などで、グレードは上がっているのですが、

やはり、音楽的であること、バランスが良く、弾き手が「気持ちいい」と思って弾き続けているピアノとしては、

カワイでは、圧倒的に、MP9500とMP9000、なのだそうです。

 

技術者の方の判断基準は、販売実績ではないそうで(どの機種が何台、出荷された、などはご存じないそうです)、一点、

「修理の依頼があるか、どうか

なのだそうです。

修理の依頼が無い、ということは、その機種は本当に壊れないか、あるいは弾かれていない(≒売れていない)、ということになるのだそうです。

たしかに。

 

その点、MP9500、MP9000の二機種は、修理依頼が後を絶たないそうで、

これは、壊れやすいということではなくて、

また、「やっぱり、これでないと」という、ユーザーが多いから、なのだそうです。

 

ある横浜方面に在住のユーザーさんのMP9500は、鍵盤の表面がえぐれてしまっていたそうです。

いったいどれだけ弾いたら、そんなにまでなるのか、想像もつかないですが、

それだけ、ながく、弾き続けられるということですよね。

 

デジタルピアノではありますが、木製鍵盤であることは、大きいです。

やっぱり、手が疲れにくいですし、飽きが来ません。

といっても、勿論、これは、本物のアコースティックピアノには敵わないのですが、

 

しかし、アコースティックピアノは調律が一定期間で狂います。これは仕方のないところです。

正直なところ、ぴったり合わせた直後でも、数時間、ガンガン弾きまくったら、もう狂いはじめます。

 

コードの響きを学び、和音感覚を習得して頂くという、緑ちゃん倶楽部のレッスンにおいては、

和音や、テンションの響きが、常に明確に聞き分けられるデジタルピアノの方が、・・・実は向いているともいえるのです。

 

MP9000の方が先に発売されているので、兄貴分でしょうか

こちらは、今も毎月の椎名へきるちゃんのライブはじめ、色々なライブで持ち歩いて使っています。

後発のMP9500、いわば、出来の良い弟は、鍵盤部分が少し改良されていて、低音部は重く、高音部は軽やかなタッチとなりました。

鍵盤がしっかりしている分、MP9000よりも練習にも向いています。

音色は、基本的に同じですが、MP9500の方が、少しふくよかです。

僕の自宅の仕事場のメイン楽器として、そしてスペース緑で、日々、大活躍してもらっております

 

なんといっても、低音の重厚感と、バランスのよい中音部、高温の美しさ。

全音域において、嫌なところも、スキもない完璧なバランス。

そして、世界中から絶賛された、絶妙のタッチ。

この機種の価値の半分はこの、「AWAグランド鍵盤スーパー」だ、という人は、実際に多いです。

ほめ過ぎでしょうか(笑)。

 

 

僕は、二台ずつ持っておりますが、今日のお話を伺って、

 

・・・もう一台ずつくらい、手に入れておいた方がよいかも・・・

 

と、本気で思ってしまいましたよ。

もしかしてもしかしたら、やっぱり一生、弾き続けるピアノになるかもしれませんものね

 

本日のメンテナンスで、全鍵盤、新品状態に戻りました

鍵盤の高さ合わせもしっかりやって頂き、

普段は行きとどかない中も、隅々まで掃除もして頂きました。

明日からまた、気持ちよく、20年近く、カワイのデジタルピアノ人気No.1を保っているタッチと音色で、気持ちよく鳴ってくれることでしょう。

(個人的には、カワイのみならず、世界中の全デジタルピアノの中で、No.1です)

 

MP9000 参考動画。このようなJAZZYな響きにもばっちり合います。かっこよいですね。

https://youtu.be/n6Y3EkRFwNc

 

MP500 参考動画。全てアドリブで弾いているのだそうです。ちょっとリバーブ(残響)が深いですが。

https://youtu.be/4_sU8kje-2w

 

皆様、新品同様になった、スペース緑のMP9500、是非、弾き心地を確かめにいらして下さいね

 

ではー。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« ゴトンッ。 ニタラ、レバ。 »
 
コメント
 
 
 
おはようございます! (桜あんぱん)
2015-10-10 06:42:59
ピッカピッカの鍵盤、楽しみです

そして、今日は運動会!!
がんばりまーす
 
 
 
会いに行きます(*^^*) (YOH)
2015-10-10 17:57:40
愛情たっぷりにしっかりメンテしてもらって 元気になったMP9500ちゃん(?)に
会いに行きますね~。

うちの子も 時々
アレ?調子が……ってドキっとする事があります。

まさか もう一台予備買うわけにもいかないですからねぇ
大事にしなくちゃ

職人技の技術者さんたちがずっと、ずっとお元気で頑張ってくれますように
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。