ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




僕はDTM(いわゆる、打ち込み)では、Cubase(キューベース)というものを使っております。

 

Cubaseは、いわゆる、鍵盤を使って打ち込みをするキーボーディストには向いていまして、

もうひとつ、業界でも一番のシェアでありましょうProtools(プロトゥールス)、というものがありまして、

こちらはギタリストやベーシストなど、どちらかといいますと、生楽器の録音がメイン派に向いています。

 

勿論、Cubaseでも生楽器の録音もできますし、Protoolsで打ち込みもできるのですが、

もともとの作りがそうでしたので、こんな風に考えられることが多いのです。

やはりそれぞれ、やりやすさ、という意味では特化しているものが違うので、一長一短なのです。

レコーディングスタジオでは、当然、ボーカルやドラムなどを始め、生ピアノやオーケストラなど、とにかく生楽器の録音をすることが多いことから、

Protoolsが使用されていることがほとんどで、

 

S足学園音大でも、バンドの録音が圧倒的に多いので、Protoolsが導入されていますので、

・・・僕も今、勉強中なのです。

 

いやはや、やることは、音楽の記録、録音ですから、同じ目的の為のものであることは間違いないのですが、

 

やっぱり、操作方法が、かなり違うのですよね。

・・・ほんと、目的は同じなのに、です。

 

こちらのソフトではGで拡大。

こちらのソストではWで拡大。

 

こちらは、アスタリスクで録音開始。

こちらは、数字の3で録音開始。

 

・・・こんな風に、全然違うのです(笑)。

 

でも、やっていればなれますかね。

ってか、慣れないとなー。

 

でも、こっちもできるようになったら、楽しそうです。

目指せ、DTMのバイリンガル、です。

 

 

さてさて、今日はレッスンの後、ジャズ科のコラボライブのリハがございました。

今日も楽しかったです。

 

だれかと一緒に演奏をする、ということは、大げさではなくて、

本当に、

・・・人生の数ある体験の中でも、素晴らしく刺激的で、クリエイティブで、充実した、贅沢な体験だと思いますよ

 

是非、皆様も、ご一緒しませんかー

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« うでんなみに。 おべんとおべ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。