ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




S足学園音大、東京音大、N本工学院、

このどれにも、ほとんど行けていないこの秋~冬。

明日は、僕、久しぶりに学校に行きます

(って、不登校児みたいですね。)

 

ともあれ、コンサートは、明らかな”アウトプット側”の作業でですが、

学校というのは、アウトプットに見えて、実は半々で、インプットの現場でもあると思っています。

 

学生の「わからないー」「うわー難しい」というのを、間近で知ることは、

教え方、つまりは、考え方を脳内で考えまくる(笑)作業でして、

これで「なるほど」とわかってくれれば、この考えたやり方(例え話であったり、一歩戻っての教え方であったり、置き換えであったり)が、

正しく機能した、と考えてよいからなのですね。

 

これを、無謀ながらコンサートに置き換えますと、

「あ、それじゃなくて違う曲やってー

「この曲じゃないー

「そのソロ、もう一回弾いてー

 

と、お客さんから言われつつのライブ、

・・・というのは現実にはありえませんが(笑)、

それが、学校の現場の一つの側面でもあるわけです。

 

例えが変ですね(笑)。

つまりは、一方向ではなくて、双方向の時間なのですよ、ということでした、単に(笑)。

 

ライブも一方向ではないですが、これは双方向ではなくて相乗効果という感じですね。

 

緑ちゃん倶楽部のレッスンもそうですが、

この双方向であること。

 

これがまた、大好きな音楽が題材になっているわけですので、面白いのですよ。

僕にとっても、気付きの連続でもあり、また、音楽をもっともっと考える、素晴らしい切っ掛けの毎日でもあるのです。

なんか、久しぶりな分、すごく楽しみだったりもします(笑)。

 

僕のこと、覚えてますかー、この授業の担当の先生は僕だったんですがー、

って感じですが(笑)。

 

ではー。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« 牛乳最強説。 玉子大盛りで。 »
 
コメント
 
 
 
先生〜 (masako)
2017-12-05 11:59:35
久しぶりの学校はいかがでしょうか?
新鮮な感じかな〜?
いつもすんごいレベルのプロフェッショナルとばかりお仕事してるわけですから、学生さんと接するのはまた全く違った緊張感や楽しさがあるでしょうね〜
充電フルパワーで先生してくださいねー
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。