ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




こちらネットのニュースとしても出ておりましたが、

GLAY・TAKUROソロツアーがスタート、HISASHIもサプライズ出演

今回は、このような感じのライブとなっております。

 

僕は、毎回グランドピアノになるのですが、会場にある場合は、会場(ホール常設のピアノ)のをお借りしますし、

もしそうでない場合は、レンタルをすることになっています。

初日、二日目のピアノは、「YAMAHA C-7」でございました。

銘機といわれ、ファンもおおいSシリーズの後継となるグランドなのですが、

初日はジャズ寄りのテイスト、二日目はもう少しきらびやかな音色でお届けしていたと思います。

 

これは調律師さん、それから、会場のPA(音響)さんのコンビネーションによって、イメージされ、作られるものなのですね。

勿論、そもそもの僕の弾き方、というのも大きいですが・・・。

ともかく、ピアノの音色も毎回変わります。

どんな風にお感じになられるか、これも複数回ご覧になって頂ける方は、是非お楽しみにです。

そもそも、出てくる音色によって、僕のプレイも変わってくることと思います(僕に限らずミュージシャンとはそういうものなのです)。

こんな面からも、毎回の変化が、本当に楽しみなツアーでございます

 

今回は、一箇所で、銘機、Sシリーズを弾くこともありますし(コンディションが最高だといいなあ)、また、大好きなKAWAIを弾くこともあります。

KAWAIだと、間違いなく”そういう感じ”になりますよ(笑)。

 

・・・と、色々と弾けて楽しいです。

残念ながら、今回のツアーではないのですが、

いつか、こういうジャジー&ブルージーなサウンドをスタインウェイでもやってみたいですね。

さすがにベーゼンドルファーは無いですが、ベーゼンだと手強すぎて、僕が弾けるかどうか、修行が足りないかもしれませんね(笑)。

・・・って、6月24日に行われます、緑ちゃん倶楽部の五周年記念特別課外授業では、ベーゼン、弾きますよ!なんと、インペリアルですよ

セッション大会にご参加のご希望の皆さまにも、弾いて頂きますよ

素晴らしいピアノですよ。

 

さて、TAKUROさんツアーは月曜日の名古屋を皮切りに、いよいよ本格的な旅に出ます。

全国でお会いできます皆さま、どうぞよろしくお願い致します。

 

そして、今日4日はへきるちゃんのリハでございました。

相変わらず、こちらも笑いに溢れた現場でございます。お腹が痛いです(笑)。

明日もこちらでリハをやって、そしてTAKUROさんの旅へ。

また頑張ってまいりますー。

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 東京ジャーニ... 天にも任せつ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。