ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




周辺機器じゃなくて、そのまんま楽器じゃないですか、ということですが(笑)、

でもこれ、この「FILTER」という部分にご注目なのです。

 

細かい説明は、久しぶりの数千字ブログになってしまいますのでやめますが、

このフィルターこそが、シンセサイザーの、オシレーター(発振器、つまり音をつくるセクション)と並んで、

大変に重要なのでありまして、いうなれば・・・

 

おっとっと。

 

ということで、このフィルター。

ミニモーグを弾くうえで、一番触る部分かと思われます。

勿論、鍵盤、ベンダー、モジュレーションホイールなどのコントローラー系は除きますけれども。

 

で、このフィルターというのは、何をするのかと申しますと、

要するに、オシレーターで作られた生の音を”削る”セクションなのです。

 

この削りの加減、またはその微妙な削れ具合こそが、

皆さんに

「音色」

として届く際の、とーっても、重要な役割を担っているのです。

 

これは回転ノブになっておて、スイッチではありませんから、

毎回、微妙な差異が生じます。

でも、それがまた、いいのです。

 

いつもいつも、同じでないのが、いいのです。

 

ミニモーグに関しては、その音色も、これまた、”ライブ”なのですよ。

 

さて、お陰様で、リハーサルも全て終了となりました。

あとは、明後日のツアー初日、その開演を待つばかりとなりました。

 

って、色々やることはあるので、待つばかり、というわけではないですけどね(笑)。

 

ともあれ、あとは、本番です。

 

・・・さあ、いよいよですよ

 

どんなライブになるのか、どんなツアーになるのか、僕も、とってもとっても楽しみです

 

どうぞよろしくお願い致します

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« エコーという... 天才の声を持... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。