ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




先日の写真と似てますが、これは今日、先ほどでございます

ほら、ピアノが違いますでしょう(笑)。

先日は、ちょっと手違いで僕のが届かず、やむを得ずスタジオのをお借りしたのでした。

 

さて、今日は朝10時前くらいから16時までS足学園、そしてその後、17時からJILLEちゃんのリハーサルだったのですが、

学校のほうで、休憩が取れず、お昼ご飯抜きとなってしまったのは、残念でございました。

・・・ご飯は抜いちゃだめです(笑)。反省。

 

リハーサルの中日ということで、

明後日の最終リハに向けて、色々と細かい決め事をして、

でもきっと、まだまだ本番ギリギリまで、色々と調整しながらの本番となると思います。

 

・・・やはり、この初日を目前にした緊張感とワクワク感は、なんとも言えないものがあります(笑)。

 

それにしても、この現場も笑いっぱなしでございます。楽しいです(笑)。

 

ところで。

このブルボンルマンド。

本当に昔からありますよね。

 

アイスもあるのですよね。なかなか入手できそうにありませんが、是非食べてみたいのですが、

さて、このルマンドにつきまして、お伺いです。

 

これ、どうやったら、ポロポロこぼさずに、綺麗に食べられるのでしょうか。

必ず、こぼれるのですが・・・(笑)。

 

さて、明日も朝9時過ぎから大学でございます。明日は、また閉門までになりそうな予感もちらほら。。。

朝、お昼と、沢山食べられれば、何時までだって問題ないのですけれどもー

皆さまも、沢山召し上がって、どうかお元気でお過ごしくださいませ!

 

ではー。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




こちらのお弁当屋さんは、お母さんと、息子さん、その他数名のお雇いさんで賄われてると思うのですが、

いつも表だってレジにたって、ご飯を詰めてくれるのは、お母さん。

 

鳥の唐揚げ、鳥の竜田揚げ、鳥の塩麹焼き、チンジャオロース、麻婆豆腐、カツ丼、鮭、ハラス、サバ、鱈の西京焼き、鱈の唐揚げ、幕の内、チャーハン、豚のピリ辛炒め・・・etc

毎日、20種類以上のお弁当が、「作って」並んでいるのです。あったかご飯は、ジャーからよそってくれます。

 

今日、いつも通りに

「こんにちはー」

「はい、こんにちは」

のあとに、

「・・・お母さん、このおかずは、毎日何時頃から作っておられるのですか?」

と伺いました。

 

すると

 

「そうですねえ、四時半くらいからでしょうか」

 

「え!?朝の四時半ですか?」

 

「起きてから、ほとけ様とかやって、それからですから、(厨房に)下りてくるのは、四時半くらいになっちゃいますねえ」

 

「うわー、すごい。いつも何時にお休みになるんですか」

 

「十時半には寝ます」

 

「でも、十時半に寝て、四時半にはお料理始めてるんだと・・・」

 

「でも、毎日、五時間は眠れてますよ」

 

毎日5時間だと、僕は、さすがに眠くて・・・。どこかで、もう少し寝ておかないと、と思ってしまうのですが。

 

「・・・凄いですね。」

 

というと、

 

「いえいえ、みなさんのお蔭ですよ」

 

と仰っておられました。

 

今日は、お弁当が一段とありがたく感じたのでした

 

まだとっぷりと暗いうちに起きられて、そしてまず、

「ほとけ様とかやって」

というのがいいですね・・・。

お母さんの、お人柄がみえるようでした。

 

お陰様で、今日もがんばれました。

また来週のお弁当も、楽しみです。

いつまでもお元気で、美味しいお弁当を作って頂きたいです。

 

ではー。



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




今日も一日、N本工学院での授業だったのですが、

12月に入った今頃は、4月から一緒に勉強している学生さんたちも、だいぶ色々とわかってきてくれたあたりでして、

同時に、僕の言っていること(言葉)も、とくに易しく言い換えなくても、

「あ、そっかー!」

と、わりとそのまま理解してくれるようになって、・・・楽しくなってまいりました(笑)。

 

「今のⅡm7ではドリアンを使ってるんですよね。」

「そうそう、でもこれは、ドリアンビバップっていって、この音が入るのよ」

「あ、三度メジャーが」

「そうそう。これ、主調の導音でもあるじゃない。で、このままビバップミクソリディアンでも」

「あ、セブンスで、メジャーセブンスが使えると。不思議ー」

「そうなんだよね。でも、聴くと”あるある”でしょ」

「たしかにー」

 

とまあ、こんな会話が成り立つようになってきましたので、

こうなると、来年、一緒に勉強できない(かも)なのが残念なのですよね。

専門学校は、大学のように(個人)レッスン形式ではないので、

授業の受け持ちにならない限りは、基本的には会えなくなってしまうのです。

でも、きっとまた縁があれば

 

勿論のこと、僕の言っていることが全部わかってくれて、

さらに

「じゃあ、こんなのもありですかね」

「ありありー!」

なんて会話ができるようになったなら、

 

もう、後は、ワンサイドから教えるというより、

一緒に研究していく、というような感じになるわけですよ。

楽しいですね。

 

特に音楽に限らずですが、こういった同好の士的なものでは、

 

”同じ言語”で話せるようになる、

 

とめちゃめちゃ楽しいのです。

メイニアックな仲間は、多い方が楽しいです(笑)。

 

 

音楽理論で、一晩でも二晩でもお酒が飲める。

ツマミは餃子があればいい・・・。

理想ですね(笑)。

メイニアックスにとっては、ですが

 

おひとつ、いかがですか

 

ではー。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




皆さんもよくご存じの、ベートーベン作曲のクラシック曲

「エリーゼのために」

8分の3拍子という、今どきのポップスなどの曲にはない、

メロディが分かりやすくて、覚えやすいので、拍子そのものには、なんの違和感もありませんが、

8分音符を基準とした拍子では、8分の6拍子や8分12拍子は、今でもポップスなどにも比較的よくありますが、

8分の3拍子というのは、ほとんど見ることがないくらい、珍しいです。

有名な出だしの部分の楽譜はこちら

 

さて、こちら、実はエリーゼのために、ではなかったというのが通説なのですが、ご存じでしたでしょうか。

---------------------------

本来「テレーゼ(Therese)のために」という曲名だったが、悪筆で解読不可能など何らかの原因で「エリーゼ(Elise)」となったという説が有力視されている。本曲の原稿はテレーゼ・マルファッティの書類から発見されたものであり、テレーゼはかつてベートーベンが愛した女性であった。この説ではテレーゼ・マルファッティがエリーゼの正体ということになる。

Wikipedia「エリーゼのために」より)

---------------------------

Accept ‎(アクセプト)の1985年のヒット曲Metal Heart(メタルハート)などでも引用されてますが、

まあこちらは、ドイツ人作曲家の曲をドイツ人メタルバンドがカバーしたわけですから、

ピ〇太郎さん「PPAP」がメタルになったほうが、凄いですね。

なんといっても、あの、スリップノットがカバーしているのですから・・・。

 

PPAP Hard Core Ver. Slipknot

 

うーむ。

感慨深いものがあります。

というか、凄いですね。

すべては、今年の8月以降の出来事なのですから。

こちらのバンドをご存じない皆様には、スリップノットのアーティスト写真も、また素顔も(!)見れるNEVERまとめをご紹介しておきましょう(こちら)。

 

さて、今日はJILLEちゃんのファーストリハ(これまでは、キー合わせだったり、音合わせだったり・・・)。

お陰様で、こちらも笑いあり、笑いあり(笑)という感じで楽しく、

しかし楽曲はかっこよく、順調に進みました。

お陰様でソールドアウトとなりました本番は、今週末でございます。

楽しみです

 

テレーゼ(本名)食べて、頑張ります。

 

ではー。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




カレーが続けば面白かったのですが(笑)。

今日は、S足学園音大の冬の学園祭ライブ二日目。

学生たちの日頃の成長と活躍を見とどけました後は、

先日お会い致しました、宜さんこと、佐藤宣彦さんのお宅へお邪魔させて頂いてまりました。

 

ご友人の、音楽評論家、主にLAで活躍されているコーディネーターさん

書家であり、剣道家であり、かつ料理人という多彩な先生などもお見えになられておりまして、

本当に新しい出会いと、発見と驚きの連続の、素晴らしい時間を過ごさせて頂いてまいりました。

 

お料理も素晴らしかったですし、お酒も素晴らしく美味しく、

いやはや、こういうものが、明日への活力というものです。

 

お腹空かせて行って、良かったです(笑)。

 

さて、明日は、もうすでに一週間後にせまっております。JILLEちゃんのライブに向けた、リハーサルです。

元の曲は、完全にバンドサウンドであったり、あるいは、打ち込みバリバリだったりしますので、

全曲、明日からの3回のリハーサルで、全てリアレンジ&再構築となりますので、

ドキドキではありますが、

 

それ以上に、

 

・・・楽しみです。

 

温故知新。

 

古き良きものも知っていくことも、素晴らしい。

そして、新しいもの知ることは、また同じように楽しいのです。

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ほら、中毒性がございますよね、という(笑)。

 

今日は、午前中から緑ちゃん倶楽部のレッスンでDTM。

先日購入した、ソフトシンセが大活躍だったのは嬉しいのですが、入っている音が多くて、まだ全然チェックしきれていないのが問題です。

といって、いい音だらけでしたので、嬉しい悲鳴なのですが(笑)。

 

「音から、ほかの曲がどんどん浮かんじゃいます」

 

とのこと。

ほんと、音色というものは、ダイレクトにクリエイティブ脳を刺激するのですよね。

 

夕方からは、S足学園音大が冬の学園祭シーズンということで、学生たちのライブを見にいきました。

昨年は僕も出演したりしていたのですが、今年は本当に学生が頑張ってくれまして、僕は観るだけ。

1年生の初々しい演奏や歌も楽しいですが、やはり、上級生の成長を感じられるのが、一番の楽しみで、そして、喜びですね。

 

見る人がみたら、

「あのオルガンの弾き方は・・・なんとなく(笑)」

と笑って頂けるのではないかと思います。

 

今回は、事前にアクションのレッスンもしましたからね(笑)。

 

明日は、お昼過ぎから2日目のライブがございますので、そちらを見にって、

夕方からは、先日、本当に久しぶりの再会となりました、僕のバンド時代のプロデューサーの宣さんのお家にお呼ばれいたしまして(!)、

少し緊張しつつも、またウン十年ぶり再会と、尽きない音楽話を楽しんでこようと思っております。

 

でも、明後日からは、もう一週間後となりました、JILLEちゃんのライブリハが始まりますからね、

えーっと、練習するのは

 

今でしょ

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




カレーには中毒性があると思うんですよね、

というような話は、これまで何度も書いておりますが、

カレーを食べると分泌されるセロトニン

という物質は、体温を上げてくれたり、消化をサポートしてくれるだけでなく。

 

どうも、ストレスが溜まっている、あるいは、精神的に飢餓状態にある(可能性がある)というような話があるようです。

出典は、こちら

そしてカレーを食べることで、テンションが高くなって、身体が楽になる、のだそうです。

知りませんでした(笑)。

 

確かに、写真のこれは、レコーディングの前に食べたものでした。

えー、単にお腹減ってたし、早く食べられて、お腹にしっかりたまるものがいいなあ、と思っただけなんですけどねえ・・・。

精神的に、不安定だったということでしょうか(笑)。

 

でも、レコーディング前は多かれ少なかれ、ナーバスになるのはやはり間違いないですから、

あながち、当たっているようにも思います

 

 

でも、こんななんだか危ないような話ばかりではないのです。

カレーですからね(笑)。

 

セロトニンには、痛み止めの役目もあるとのことですから、、

頭痛、腰痛、膝痛、関節の痛み、なども和らげてくれるのだそうですから、素晴らしいですよね。

また、カレーにはご存じ、ターメリック=ウコンが沢山入っていますので、飲みすぎ、二日酔いにも最高。

 

良薬、口にウマし、なわけです

 

 

・・・って、カレーは美味しいですからね、なんなら、毎日でも食べられますし、

ほんと、いつでも食べたいのですが、

では・・・、

 

「うおー、カレー食べたいー!」

という人に、

「・・・このシト、精神的に不安定なの?」

などと、いちいち思うのは、お互い面倒ですのでやめましょうね(笑)。

 

単に、”美味しいから”食べたいというのが、実際のところなのですから。

 

・・・たぶん(笑)。

 

ではー。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2016年も、残すところ、あと、わずかひと月。

いよいよ12月にはいりました。

 

本当に、あっという間ですねえ・・・

 

さて、クリスマスシーズン突入ということで、緑ちゃん倶楽部では、今年も、この時期にレッスンにお越しいただきました皆様に、ニッセのプレゼントをさせて頂きたいと思います。

昨年は、赤いニッセたちでございましたので、本年は、みどり色のニッセが、スぺース緑にて、お待ちしております。

(お渡しは、先着順となります。ニッセが無くなり次第、プレゼントは終了とさせて頂きますが、何卒、ご了承くださいませ。)

 

さてさて、今日も閉門のアナウンスまで大学におりました。

最後は、一人でちょっとピアノを弾いていたのですが、途中、・・・寝ていたようにも思います(笑)。

 

まもなく始まるJILLEちゃんのリハーサル、そしてライブに向けて、まだまだ、予習しなくてはな曲たちが待っております。

一日とはいいませんが、半日でもいいので、ゆっくり予習する時間が欲しいですねえ(笑)。

 

もうね、面白い事が、ありすぎるのですよね。

ブラックフライデー(この時期の世界的なセール)で、またソフトシンセ、いくつか買ってしまいましたし・・・。

買ってしまえば、当然、使って遊んでみたくなるものでして・・・。

うぐう・・・楽しいんだけどー(笑)。

 

いやはや、音楽の世界は、一番の宝石箱ですよ

 

ではー。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




T京音大の授業の後、いつもお世話になっております宮城純子先生のライブを拝見しに、代官山のジャズバーへ。

宮城先生は、今は”ジャズピアニスト”として、ご活躍なのですが、実はキース・ジャレットが一番のお気に入りということで、

毎週、水曜日、授業の合間のお昼休みは、お弁当を食べながらの、宮城先生とのキース談義、ジャズ談義が楽しみでもあるのです。

 

今日の宮城先生のトリオは、大御所、ベースの坂井紅介さん、ギターが、若手ジャズギターのホープ渡辺庸介さん

キースがライブでレパートリーにしている曲ばかり(!)という選曲で、本当に素晴らしかったです。

 

終演後に、宮城先生のお知り合いだという、これまた、ジャズピアノの超大御所、大徳俊幸さんがふらりとお見えになられまして、

「(うおー、本物の大徳さんだ・・・)」

と思って、ひそかに

「(何かやってくれたりして・・・(笑))」

なんて思って端っこに(僕なりに)小さくなって座っていたら

 

バーのママさんが、

 

「ねえ、そこのあなた。あなたも、ミュージシャンでしょ?」

 

「え?」

 

「楽器は?ギター?ボーカル?」

 

ロシア語かなにか勉強しておけばよかったのですが、日本語しかダメなので

 

「えー、はい。・・・ピアノなのですが」

 

と答えると、

 

「あら!じゃあ、何か弾いて。」

 

 

・・・何それー

 

 

「・・・え?やるよね?ってか、大徳さんの後より、前がいいでしょ(笑)」

 

まあそりゃそうだ(笑)。

 

でも、すっかりお酒入ってますしねえ(笑)。

 

不安しかないですねえ(笑)。

 

でも、「(これがジャズの世界のマナーか)」、と思いつつ、

また、ここで固辞していたら、お誘いして下さって「やれやれー川村くん」と、ソファーでにこやかにはやしたてて下さっている(笑)、宮城先生にも申し訳が立ちませんので、

 

「では・・・」

 

と、ブルースをちょっと。

 

気が付くと、坂井紅介さんが、ウッドベースを持って合わせてくださっている(・・・適当にやめられないじゃん(笑)!)。

 

どうにか演奏を終えたところで、

 

大徳さんが、本当に目の前で、「じゃ」と、弾いて下さって。

 

・・・凄い。素晴らしすぎでございました

 

それから、ピアノの前に椅子を持ち寄って、

ずいぶんと長く、ピアノ談義、音楽談義。

 

「今夜は、思いがけずアフターアワーズで、盛り上がったわねえ」

 

と宮城先生。

 

そんな宮城先生は勿論、坂井紅介さん、大徳俊幸さん・・・僕が高校生の時から、当たり前のように知っているミュージシャン界の大、大、大先輩たち。

 

奇しくも、今夜、こんな一枚が。

 

「ほら、記念に写真とっておいたら?」

 

と言って下さった、ちょっと押しの強いママさん(笑)、

 

どうもありがとうございました

 

お陰様で、良い記念にもなりましたし、何よりも、めちゃめちゃ勉強になりました

 

楽しーっ!

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は幾分寒さが和らぎ、過ごしやすい感じの陽気でございました。

とはいえ、へたに暖かいと、持って出てしまったマフラーなどの所在がこまるのですよね(笑)。

 

夕方、N本工学院での授業を終えて、また特急に乗って都内へ戻り、T京音大へ急ぎました。

今夜は、また先日とは別な4年生の卒業制作のレコーディングでピアノの録音があったのです。

 

T京音大のレコーディングスタジオには(S足学園音大もなのですが)、とても良いスタインウェイのグランドが入っております。

大きさもフルコン(フルコンサート・サイズ)ですので、しっかりと大きな音で鳴ってくれます。

 

スタインウェイは、ほんとうにどんな音楽にもマッチしてくれるところがあって、

分かりやすく言えば、外国製品ですから、洋楽になるのは当たり前としても、ちゃんと邦楽にも合う音なのですよね。

僕は、これが実に面白く思うのです。

 

まあ、もしかしたら先入観なのかもしれませんが、

例えば、僕の大好きなカワイのピアノは、やはり日本の音がするように感じます。

それもまた、安心するといいますか、いいところなのですけれどもね。

 

スタインウェイは、一聴して、海の向こうの音、なのですが、

でも、なんでこんなに何にでもなじむのでしょう。

 

クラシックは勿論、ジャズでもばっちり。

ポップスでも、ブルースでも、ロックンロールでもばっちり、「これこれ!」というハマり具合で鳴ってくれる。

それが、スタインウェイの凄さなのでしょうかね。

 

 

いやはや、こうして、スタインウェイのグランドでレコーディングができるだけでも、

大学まで行く甲斐があるというものです。

 

勿論、4年間、一緒に過ごした可愛い教え子の、最後の締めくくりの作品に参加できたことは、この上なく嬉しい事です。

この教え子は、来年度の春から、ポップスの作家事務所に所属が決まりました。

いつか、彼女の”プロとしての作品”を、テレビやラジオなどで聴ける日を心から楽しみにしているのです。

 

先ほど、録音を終えてのひと時に、ちょっと昔話になったのですが、

「1年生の時の自分の曲なんて、今、聴けたものじゃないです。やばいですよ(笑)」

と笑っておりましたが、

 

でも本当に、

 

成長するのですよ、ちゃんと。

 

嬉しいものですね

 

さて、明日も、またもや、T京音大でございます

 

また、未来のプロのたまごたちとの、楽しい時間がまっております。

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今夜は、ツアー参加の告知となります。

2016年春に引き続き、来年、2017年2月に行われます、TAKUROさんの2017年ソロツアー、全15本に参加させて頂きます。

間もなくアルバムも発表され、また一層素敵な、意義深い”地図の無い旅”になることと思います。
僕も精一杯、演奏させて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します。

GLAY TAKURO Solo Project 1st Tour “Journey without a map 2017”

2017年2月2日(木)、3日(金)    東京 ステラボール
2017年2月6日(月)    愛知 Zepp Nagoya
2017年2月7日(火)    大阪 Zepp Namba
2017年2月9日(木)、10日(金)    広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
2017年2月13日(月)、14日(火)    福岡 イムズホール
2017年2月18日(土)、19日(日)    北海道(函館) 金森ホール
2017年2月21日(火)    北海道 Zepp Sapporo
2017年2月23日(木)、24日(金)    宮城 チームスマイル・仙台PIT
2017年2月27日(月)、28日(火)    東京 Zepp Tokyo

ツアー会場と日程、チケットのご購入に関する詳細はこちら

TAKURO SOLO PROJECT特設サイト(全楽曲の試聴も出来ます)

アルバムリード曲「Guess Who」PVがご覧いただけます。

 

ただただ、興奮しております。

よろしくお願い致します。

 

ではー。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




ポストに入っている、”水道トラブルはこちら””マンションでもひとつどうですか”的なDMやら、日々の暮らしのやむを得ない請求書達に混じって、

T京音楽大学から一通の封筒が届いておりました。

 

時期的に、特段、なにか定期の連絡がある時期でもありませんので、

「なんだろう」

そう思いながら、玄関で、封を開けました。

 

「ご連絡」と題された用紙には、川村ケン先生、とあり、

 

その下には、

 

「教授会にて教員人事計画が云々・・・先生には新たに下記の職位に委嘱させていただき云々、ご通知させて云々、頂きます云々」

 

といった文面があり、一番下に、

 

職位 客員教授

 

とありました。

 

こういうことというのは、

事前に、学校側や偉い先生などから、「どう?」的な・・・って、そんな軽くはないですよね、

でも、そういった、なんらかの打診のようなものがあるのかと思っておりましたので、まったくもって寝耳にドクターペッパーでございました。

シュワシュワして、

 

「えーっ!?」

 

と二度見してしまいました。

 

 

でも、

T京音楽大学として、また、教授の先生方が、こうして僕の今後に何がしかの期待をしてくださったのであるならば、

恐縮ながら・・・でも勿論、やはりなんだか過分なご対応だとは思うのですが、素直に、ありがたいお話として受け止めようと思っております。

大変なこともあるのだとは思いますが、まあ、そこは沢山食べてですね(笑)、

勿論、一層の努力と勉強をしまして、気を引き締めて、しっかり取り組んでいきたいと思っております。

 

ということで、わたくし、餃子倶楽部のプレミアム会員になったのと、ほぼ時期を同じくいたしまして、

来年度から、T京音楽大学にて、客員ではございますが、教授として勤めさせていただくこととなったのでございます、というご報告でございました。

 今後とも、変わらぬご指導、ご鞭撻、お付き合いのほど、どうぞよろしくお願い致します。

 当たり前ですが、肩書的なものがどうであれ、僕自身は、昨日も今日も明日も、これまでどおり、何も変わりませんので

 

うーむ、でもですねえ。

ピアノが嫌で、嫌で、嫌で、やめさせて!と泣いて頼んだ子ども時代や、ピアノなんて見たくもない!と思っていた中学時代、

そして、へなちょこながらバンドを始めたばかりの高校時代からのことあたりから思い出したりしてみますに、

あの”僕”が、それから約30数年後に、48歳にて、まがりなりにも、音大の教授になるとか・・・。

僕自身を含めて、一体、誰が想像したでしょう。

 

ほんとね。

 

いつも言っていることですが、

 

人生、何が起こるか、わかったものではないのです。

 

 

ということで、来年も餃子を美味しく頂きましょうね

というお話でございました。

 

 

ではー。



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




通常は、20ポイント(500円で1ポイント)。

これを、9月~11月の三か月で貯めると(毎年、この三か月で、これだけ食べなければならないという(笑))、

翌年一年の餃子倶楽部会員の権利がもらえるのです。

自動更新などはありませんから、毎年、食べるのです(笑)

 

ですが。

実は、今の餃子の王には、プレミアム会員という制度が導入されておりまして、

このプレミアム会員になりますと、毎回の飲食代から7%オフとなります(通常会員は、5%オフ)。

でね、今年は、飲食代から1%分が、熊本地震への義捐金になる「くまもんプレミアムカード」なのですよ。

 

ただし、これをゲットするには、これまでの20ポイントの倍の、40ポイント。

これを三か月で、貯めなければならないのです。

 

・・・貯めました(笑)。

 

ゲットです。くまもんカード。

 

 

私、餃子倶楽部会員として、かれこれ、10年近く(そのくらいかな?)毎年更新しておりますが、

これで来年度は、プレミアム会員ですからね。

 

 

・・・すごいのかどうかは別として(笑)、

 

でも、餃子を食べて、わずかであっても義捐金に協力できるならば、

これはなんとしてでも、プレミアム会員、だったのでございます。

 

皆さま。

 

あと、

 

4日あります。

 

頑張れる方は、是非とも

 

一緒にくまもん会員になりましょう

 

ではー。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




お陰様で、本日、11月25日を持ちまして、・・・えー、トシ男でございますので、だいたい、〇8歳になりました

いやはや、本当に「月日の経つのはナントヤラ」、でございます。

 

今日、いつものように大学でございましたので、レッスンで学生(20歳)と話をしておりまして、

「ケンさん、おいくつになられたんですか?」

というので、

「〇8歳でござる」

と答えましたところ、

「あ、ウチの母と同じ年ですね」

 

 

まあ、こんなことが多いですよ、最近(笑)。

聞けば、お父さま、お母さまが年下でござった、ということもしばしば。

 

でも、そんな学生くんたちと、

あーでもない、こーでもない、

あ!それいいね!かっこいい

いえーい

 

・・・って、

傍からみたら、何を楽しそうにワイワイ、と思われるようなことなのかもしれませんが、

一緒に、弾いて、興奮して、楽しんでいられるのですから、

 

本当に、僕の人生、音楽に出会えて、

音楽が好きになれて、良かったです。

それは、心からそう思います。

 

でも、続けてこれたのは、支えてくれている、周りの皆の、そして、応援して下さっている皆さんの、おかげです。

本当にどうもありがとうございます。

 

次、トシ男になるときは、還暦でござりますが(ええ!そうなんですよ)、

それまで、長いようで、あっと言う間の、圧倒的に圧倒言う間の、12年。

頑張ってまいりたいと思います。

 

・・・この先、12年の豊富を、今言わなくてもいいのかな。

 

あとですね、

本当に、僕の人生、餃子に出会えて、

餃子が好きになれて、良かったです

それも(笑)、心からそう思います

 

むふふ。これなあんだ。

詳細は、明日です(笑)。

 

ではー。



コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )




本当に雪が降りましたね

雪は、揚がります

どうやら、11月の積雪は54年ぶりということですから、僕も生まれて初めて見た事になります。

 

でも、

 

生まれて初めてー

 

・・・人生、そんなこと、ばかりでございます(笑)。

 

TAKUROさんのソロアルバムから、 リード曲のPVが公開されました。

「Guess Who」

 

こちらの楽曲での演奏メンバーは、

Dr:John Ferraro W.Bass:Trey Henry Piano:川村 ケン Sax:Greg Vail

となっております。

僕以外は、ロスのグラミー賞受賞ミュージシャンばかり、という。

 

当然のことながら、勿論のこと、初めて、でございます。

 

12月14日発売のこちらのアルバム「Journey without a map」では、僕も11曲中5曲でピアノで参加させて頂いております。

特設サイトでは、全曲の試聴もできます(メンバークレジットもご覧いただけます)。

読み応え抜群の、TAKUROさんのロングインタビューも是非です。

 

また、DVDに収録されているドキュメンタリー、インタビューには、僕も出演している・・・模様です(笑)。

僕も、今日現在では、まだ、その映像がどのようなものなのかは、知らないのですが、

でも、このようなメンバーの中に僕のような、いち餃子倶楽部会員の名前があるというのは、不思議な気持ちがいたしますねえ

 

雪も降りますよ(笑)。

 

ではー。



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ