ごまのはなし

twitterで書けないような長い話をダラダラ喋ってます。気が向いたら、コメントもどうぞ。^^

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

美術とコミック

2014-11-14 08:58:31 | 日記
私は大学では美術部に所属していまして、いまでも時々は活動の様子をみにいきます。ところで展示会などでは、みんな一生懸命に、いかにも美術な絵(写実画とか)を飾っているわけですが、やっぱりというかなんというか、漫画っぽい絵はほとんどないんですよね。そこへ私がよせばいいのに、つい出したくなって空いてるところに自分の作品をちょいちょい出すわけですが、自分の絵はpixivで載せてるような、いかにも漫画な絵なので、並べてみるとけっこう違和感でまくりなんですよねー。先日だした展示会のアンケートでも、「一部アニメっぽい絵があって気になった」と書かれていて、「あ~~自分のこと言ってる」と勝手に恥かいてました。(^_^;)

でも、そのアンケート見てフト思ったけど、「漫画っぽい絵」と「美術の絵」の違いってなんなんだろうな?
自分の大雑把なイメージでは、「目が大きくて光が入った絵」っていうのは例外なく「漫画」のカテゴリに入ってます。でも考えてみたら、目を大きくしたり光を入れたりするのだって表現のひとつなんだから、立派な「アート」のひとつだと思うんですけどねー。なんで漫画とアートを分けちゃってんのかなー。自分でも気づかない内に線引きしてるし。

でも漫画っぽい絵をかきたかったら漫研へいけという話なので、やっぱり美術部の展示で漫画っぽい絵はNGなんでしょうねー。(ちなみに母校には漫研もあったけど、18禁ばかり描いてるので、肌に合わなくて入部はやめた)

駄菓子や焼きそばは美味しけど、かと言って結婚式で出したらオカシイだろっていう話といっしょ・・・ということなんかなー。(´д`)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログ始めてみました | トップ | カービィアンソロに参加しま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。